記事一覧

映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」感想

ファイル 583-1.jpg

映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」観に行ってきました。
1960年代におけるアメリカの田舎町を舞台に、白人家庭で仕事をする黒人メイド達の実態を暴いた、実在する同名の本が出版されるまでの経緯を描いたヒューマン・ドラマ作品。
今作はアカデミー賞3部門にノミネートされ、オクタヴィア・スペンサーが助演女優賞を受賞しています。

物語の舞台は1960年代、アメリカ南部のミシシッピ州にあるジャクソンの町。
今作の主人公ユージニア・スキーター・フェラン(以下「スキーター」)は、黒人メイドであるエイビリーン・クラークを取材していました。
エイビリーンから黒人メイドの実態について聞き、それを「THE HELP」という著書にまとめるためです。
ここから物語中盤頃までは「エイビリーンの回想」という形で物語が進行していきます。

エイビリーンは、白人の家庭で家事や子育てをこなしつつ生計を立てる黒人メイド。
彼女によって育てられた子供は実に17人にも及び、その筋のプロであることは疑いの余地がありませんでした。
当時の彼女はヒリー・ホルブロックエリザベス・リーフルトという女性の家で仕事をしており、出産後に産後鬱を起こして事実上育児放棄をしてしまったヒリーエリザベスの娘の子育てを代わりに行う日々を送っていました。
そんなある日、ヒリーエリザベスは自宅で友人達を招いて開いたパーティで、彼女の友人であるスキーターと再会することになります。
既に結婚して子供がいる他の女性達と異なり、大学へ進学し、ニューヨークの出版社で作家としてデビューする夢を叶えるべく、地元の新聞社に就職して経験を積むべく奔走するスキーター。
新聞社で面接したスキーターは、女性だからという理由で家事コラムの代筆を任され、コラムの穴埋めをするために友人達に協力を依頼。
結果、スキーターはエイビリーンを紹介され、コラム欄を埋めるためのツテを手にすることとなるのでした。

エイビリーンと接触を続けていく中で、スキーターは友人達の黒人メイド達に対する仕打ちに不快感を抱くようになってきます。
特に友人のひとりであるヒリー・ホルブロックは、「黒人メイドが自分の家にあるトイレを使うと病気に罹ってしまう」などという迷信から、黒人メイド専用のトイレを別に作り、あまつさえそれを法案としてミシシッピの州知事?に採用させようと働きかけたりするありさま。
一方、スキーターの実家では、自分を親代わりに育ててくれたコンスタンツェンが何故か大学在学中にいなくなっており、スキーターはそのことについても不信感を覚えるようになります。
それらのことから、やがてスキーターは、黒人メイドの実態をまとめた本を出版することを考えるようになり、エイビリーンに情報提供を依頼します。
当時のアメリカ南部州には「人種分離法(ジム・クロウ法)」と呼ばれる人種差別を正当化する法律があり、スキーターの依頼内容がその法律に抵触しかねないものであったことから、最初はエイビリーンも協力に難色を示します。
しかし、ヒリーの人種差別と潔癖症のない混ざった狂気の反応と、自身が育てた白人の子供達が成長すると結局親と同じになってしまうという苦い経験から、やがてエイビリーンはスキーターに協力するようになるのでした。
さらにエイビリーンの友人&同業者で、ヒリーの自宅内のトイレを使ったためにヒリーからクビにされたミニー・ジャクソンも加わり、「THE HELP」を構成する黒人メイド達の赤裸々な実話が語られていくことになるのですが……。

映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」では、登場人物の大部分が女性のみで占められています。
男性も全く登場しないわけではないのですが、出番はほんのわずかであり、しかもほとんど「女性の引き立て役」的な役割しか与えられていません。
その上で今作は、1960年代におけるアメリカの女性差別と黒人差別、そして女性だけの世界ならではの人間模様が大きくクローズアップされています。
女性差別については当時のアメリカのみならず日本でも、いや世界各国全てで似たような光景が繰り広げられていたのでしょうが、黒人差別の実態についてはアメリカならではの「差別伝統」に基づいた偏見と悪意の産物ではありました。
当時のアメリカで公民権運動が盛んだったのも当然の帰結ではあったのでしょうね。
今作で面白いのは、その女性差別・黒人差別を、あくまでも女性の視点のみからスポットを当て、ともすれば暗い雰囲気に陥りがちなテーマを、可能な限り明るくコミカルに描写したところにあります。
この手の話って、これまでの作品で語られたにしても、男性オンリーか男性&女性の視点が半々ずつというのがほとんどでしたし、その点では結構斬新な視点であると言えるのではないでしょうか。

たた、個人的に一番印象に残ったのは女性差別でも黒人差別でもなく、女性同士で繰り広げられる陰湿なやり取りの数々でしたね。
外で嵐が荒れ狂い外に出られない中、自分達が使うのと同じトイレで用を足したという理由から黒人メイドのミニーにクビを宣告した挙句、再就職すらできないように他の白人家庭に手を回すヒリー。
そのヒリーに対し報復すべく、自分の糞便を混ぜ込んだチョコパイをヒリーに食べさせてしまうミニー。
さらに、まんまとウンコ入りチョコパイを食わされてしまった自分を嘲笑ったという理由で、母親ミセス・ウォルターズを老人ホームにぶち込んでしまうヒリー。
女性の報復手段は陰湿極まりないシロモノだという事例をこれでもかとばかりに披露していったこの描写は、女性に対するある種の幻想を木っ端微塵に破壊してくれるだけの要素はありましたね。
ヒリーは他にも、元恋人を取られたなどという個人的な理由で、シーリアという女性を村八分状態にしてしまうというイジメな行為にも及んでいたりしますし。
女性って怖いわ、と改めて感じさせてくれる一幕でした。

しかし、ヒリーやエリザベスはアレだけ黒人をほとんどバイ菌扱いしているにもかかわらず、その黒人メイドに自身の娘の子育てをほとんど一切合財委ねてしまうというのは一体どういう感覚をしているのか、その辺は少々疑問ではありましたね。
普通、ああまで黒人に対する差別意識を持ち、かつおかしな迷信まで信じてしまうような人間であれば、むしろ自分が差別している黒人を子供には近寄せまいとするのではないのでしょうか?
にもかかわらず、ヒリーやエリザベスは自分達の娘がアレだけ黒人メイドに触られたり抱き締めあったりしても何ら反応してすらいませんでしたし。
作中でもヒリーエリザベスは「産後鬱にかかって以降はほとんど子育てを放棄して気難しくなっている」という説明がありましたが、立派なネグレクトをやらかして平然としていた辺り、自分の子供を少しも愛してはいなかったのだろうなぁ、とは考えずにいられませんでしたね。
物語のラストでエイビリーンをクビにした際、娘が別れを嫌がって泣き叫んでいたのでさえも、ヒリーや母親であるはずのヒリーエリザベスは完全に無視していましたし。
黒人差別以上に悪質な犯罪も同然のことを、ヒリーやエリザベスはよりにもよって年端もいかない子供に対して行っているように思えてならなかったのですが。

アクションもサスペンスもSFX的な描写の類も一切ないため、一般受けは結構難しいものがある作品ですね。
アメリカでは安い制作費ながらも口コミで大ヒットを記録したとの話なのですが、さて日本ではどういう結果になるのでしょうか?

※取消線と青字部分は間違いとの指摘を受けましたので修正しております。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/583
ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help from LOVE Cinemas 調布
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』のエ...
2012年04月01日(日)00時13分 受信
『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』 2012年3月16日 よみうりホール from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』 を試写会鑑賞しました。想像通り、期待を裏切らない素晴らしい映画でした今年の上位ランクイン間違いなしですね【ストーリー】 アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭...
2012年04月01日(日)00時20分 受信
ヘルプ~心がつなぐストーリー~(’11) from Something Impressive(KYOKOⅢ)
一昨日、先日の「マリリン 7日間の恋」の時と同じ有楽町のよみうりホールで「ヘルプ~心がつなぐストーリー」試写会、案内状が直前到着、という慌しさでしたけれど、これも都合合ったので見てきました。客席はやは...
2012年04月01日(日)01時41分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from あーうぃ だにぇっと
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~@よみうりホール
2012年04月01日(日)05時59分 受信
映画レビュー「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
The Help. Movie Tie-Inクチコミを見る◆プチレビュー◆女性たちの勇気と友情に感動する「ヘルプ 心がつなぐストーリー」。真面目なテーマを軽やかに語る演出が好感度大だ。 【75点】 1 ...
2012年04月01日(日)09時50分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from 食はすべての源なり。
ヘルプ 心がつなぐストーリー★★★★☆(★4つ)彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。1960年代のアメリカ南部を舞台にした、ひとりの白人女性によって綴られた、“ヘルプ”と呼ばれる黒...
2012年04月01日(日)10時27分 受信
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』・・・“I Have a Dream 私には夢がある” from SOARのパストラーレ♪
本年度アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描...
2012年04月01日(日)12時44分 受信
語りが人を動かす『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 from Healing
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 ★★★★4.5 もっとも勇気がいるのは、 物語を語ろうと決意する瞬間である ではないかと思った作品です。 この映画には、いろんな魅力が詰まっていますが、 その1つはコピーにもある...
2012年04月01日(日)13時08分 受信
「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」みた。 from たいむのひとりごと
1960年代前半のアメリカ南部を舞台に、黒人差別の実態を赤裸々に扱った作品。小説が原作とのことで実話ではないようだが、ほとんど実話に近い物語なのではないかと思えるもので、その時代を思うとなんとも言えな
2012年04月01日(日)15時47分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from 新・映画鑑賞★日記・・・
【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ、...
2012年04月01日(日)22時35分 受信
「ヘルプ~心がつなぐスト-リー~」勝ち取ったもの from ノルウェー暮らし・イン・原宿
虐げられた人々を扱ったテーマが気になる私。まさにこの映画がそうだ。法律的には奴隷解放されても、実際にはまだまだ公然と差別を受ける社会。八方塞がりな中で、人間の尊厳を忘れず真っ直ぐに生きていこうとする人...
2012年04月01日(日)23時20分 受信
ヘルプ 心がつなぐストーリー from 心のままに映画の風景
1960年代、ミシシッピ州。 上流階級に生まれ、黒人メイド“ヘルプ”に育てられた作家志望の白人女性スキーター(エマ・ストーン)は、大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに...
2012年04月02日(月)19時54分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from 映画感想メモ
チョコパイ美味しそうだと思ったら!\(;゚∇゚)/ いい加減あらすじ 時代は60
2012年04月02日(月)20時42分 受信
『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 from こねたみっくす
ミシシッピ州に行ってもチョコパイだけは絶対に食べません!キャスリン・スケットのベストセラーを、彼女の幼馴染であるテイト・テイラー監督が映画化したこの作品。人種差別を ...
2012年04月02日(月)22時07分 受信
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 from 佐藤秀の徒然幻視録
ストーリーも変な味付け公式サイト。原題:THE HELP(お手伝いさん)。キャスリン・ストケット原作、テイト・テイラー監督。エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ ...
2012年04月02日(月)23時24分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from 映画のメモ帳+α
原題   THE HELP監督   テイト・テイラー 原作   キャスリン・ストケット脚色   テイト・テイラー 撮影   スティーヴン・ゴールドブラット 音楽   トーマス・ニューマン出演   エマ・ストーン ヴ...
2012年04月02日(月)23時29分 受信
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜/THE HELP from いい加減社長の映画日記
予告編を観て、なかなか面白そうで・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】60年代前半の米国南部の町ジャクソン。大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人種差別が公然と...
2012年04月03日(火)07時45分 受信
ヘルプ~心がつなぐストーリー~/THE HELP from いい加減社長の日記
予告編を観て、なかなか面白そうで・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】60年代前半の米国南部の町ジャクソン。大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人種差別が公然と...
2012年04月03日(火)07時53分 受信
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 from 悠雅的生活
女たちの決意。わたしの子供。パイ2切れ。
2012年04月03日(火)16時29分 受信
アメリカの母たち~『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 from 真紅のthinkingdays
 THE HELP ジャーナリスト志望のスキーター(エマ・ストーン)は大学を卒業し、ミシシッピ州ジャクソンに帰郷する。彼女を待っていたのは、結婚・出産後、家事と子守を「ヘルプ」と呼ば...
2012年04月03日(火)16時43分 受信
"Don't Think Twice, It's All Right" テイト・テイラー監督『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(THE HELP) from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容、台詞に触れています。キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」の映画化『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 監督はテイト・テイラー、出演はエマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタビア・
2012年04月03日(火)23時33分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from ダイターンクラッシュ!!
2012年4月1日(日) 17:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』公式サイト 1960年代、黒人公民権運動やキング牧師の頃、ミシシッピ州の...
2012年04月04日(水)00時08分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(10)超美味のチョコパイに入れた隠し味の量は限界ぎりぎり?^^;
2012年04月04日(水)22時10分 受信
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 そのいくつもの意味 from 映画のブログ
 なんて楽しい映画なのだろう。 ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し...
2012年04月04日(水)22時33分 受信
「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」 from みんなシネマいいのに!
 人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人メイドたちの実
2012年04月04日(水)23時48分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 未だに終わっていない闘い from 労組書記長社労士のブログ
【=17 -1-】 「委員長、今日の髪、あっちゃこっちゃ向いてますよ」「今風に動きのある頭にしてみました」「いやいや勝手に動いてますやん」「はい、そうともいいます・・・」。昨夜は映画をレイトショーで観たので帰...
2012年04月05日(木)11時14分 受信
ヘルプ 心がつなぐストーリー from 象のロケット
1960年代のアメリカ南部ミシシッピー州ジャクソン。 同級生たちがみな結婚している中、大学を卒業した女性スキーターは地元新聞社に就職した。 家事も子育ても黒人メイドに任せて社交に明け暮れる、自分の母親を含...
2012年04月05日(木)16時36分 受信
映画・ヘルプ 心がつなぐストーリー from 読書と映画とガーデニング
2011年 アメリカ原題 THE HELP146分という長さ睡眠不足で心配だったのですが最初から最後までスクリーンから目が離せませんでした1960年代アメリカ南部奴隷制度など遠い過去の話と思われる時代に、州によって当然のよう...
2012年04月05日(木)18時35分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from だめ男のだめブログ
「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」監督 テイト・テイラー 原作 キャスリン・ストケット 出演 エマ・ストーン(スキーター) ヴィオラ・デイヴィス(エイビリーン) オクタヴィア・スペンサー(ミニー) ...
2012年04月05日(木)21時53分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from pure\'s movie review
2011年 アメリカ作品 146分 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給原題:THE HELPSTAFF監督・脚本:テイト・テイラー原作:キャスリン・ストケット『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(集英社刊)CASTエマ・ストーン ...
2012年04月05日(木)22時18分 受信
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
人は誰でも他人をさげすむ可能性があることがわかる。周囲の環境に逆らえないで、流されてしまう。黒人メイドが白人の子供たちに必死になって教えている言葉、「自分は愛されている。誇り高い。自分は大切な人間だ。...
2012年04月05日(木)23時46分 受信
ヘルプ 心がつなぐストーリー from 映画と本の『たんぽぽ館』
負の連鎖を断ち切るには・・・                        * * * * * * * * * *1960年代。アメリカ南部ミシシッピーが舞台です。大学を出たスキーターは作家志望。白人...
2012年04月06日(金)20時34分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from to Heart
製作年度 2011年上映時間 146分原作 キャスリン・ストケット脚本 監督 テイト・テイラー出演 エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン/アリソン...
2012年04月06日(金)23時29分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)◇◆the Help  from 銅版画制作の日々
 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。好き度:=80点東宝シネマズ二条にて鑑賞 もうもうウルウルもんです。涙と鼻水で顔がぐしゃぐしゃ状態でした。お隣の方も私と同じ(笑)ベタなお話だ...
2012年04月07日(土)10時08分 受信
試写会「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2012/3/16、よみうりホール。2時間26分と長丁場の為か、18:20という中途半端な時刻の上映開始。かなりの入りというか、ほぼ満席。開場は17:50だったが、18時には1階席はほぼ満員。2階席中段...
2012年04月07日(土)11時28分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
      『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』  (2011) アメリカ・ミシシッピ州。 1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は「ヘルプ」と呼ばれていた。 作家志望のスキーター(エマ・ストーン...
2012年04月08日(日)01時20分 受信
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」□監督・脚本 テイト・テイラー □原作 キャスリン・ストケット □キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ジェシ...
2012年04月09日(月)12時17分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from 風に吹かれて
○○食らえ!公式サイト http://disney-studio.jp/movies/help原作: ヘルプ 心がつなぐストーリー (キャスリン・ストケット著作/集英社文庫)作家志望のスキーター(エマ
2012年04月10日(火)09時30分 受信
★ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)★ from Cinema Collection 2
THE HELP彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 キャスリン・ストケットの全米ベ...
2012年04月10日(火)11時40分 受信
映画「ヘルプ 心がつなぐストーリー」笑っちゃうような現実の話し from soramove
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」★★★★☆エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード出演テイト・テイラー監督、146分、2012年3月31日公開2011,アメリカ,ディズニー...
2012年04月11日(水)16時03分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from そーれりぽーと
人種差別が当たり前だった時代に、黒人メイドがタブーに挑んだ『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』を観てきました。★★★★★男性が立ち入る事の出来無い女性達のドロドロした人間関係を中心に、それだけでもハブ...
2012年04月13日(金)18時02分 受信
ヘルプ 心がつなぐストーリー       評価★★★★90点 from パピとママ映画のblog
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動のヒューマン・ドラマ。人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、勇気ある行動で世の中に大きな波紋を投げかけた作家志望の若い白人女性...
2012年04月13日(金)23時23分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 from こんな映画見ました〜
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』---THE HELP---2011年(アメリカ)監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス 、オクタヴィア・スペンサー 、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャス...
2012年04月14日(土)16時27分 受信
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ from りらの感想日記♪
【ヘルプ~心がつなぐストーリー~】 ★★★★ 映画(祭)(16)ストーリー アメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン。上流階級に生まれ、黒人メイ
2012年04月15日(日)19時15分 受信
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ from とりあえず、コメントです
1960年代のミシシッピー州を舞台に、人種差別を受けながら生きてきた黒人のメイドたちと 彼女たちの姿を伝えるために本を書こうと頑張る一人の白人女性との交流を描いた人間ドラマです。 予告編を見た時からとても気に...
2012年04月16日(月)21時49分 受信
ヘルプ from 映画的・絵画的・音楽的
 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。(1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていましたが、実際に見...
2012年04月18日(水)21時22分 受信
*『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』* ※ネタバレ有 from 〜青いそよ風が吹く街角〜
2011年:アメリカ映画、テイト・テイラー監督&脚本、キャスリン・ストケット原作、エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクテイヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリ...
2012年04月18日(水)23時38分 受信
『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 ('12・初鑑賞43・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)4月7日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 15:30の回を鑑賞。
2012年04月19日(木)20時44分 受信
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜/エマ・ストーン from カノンな日々
第84回アカデミー賞の生中継を観ていたときに私が一番観たいなと思っていたのがこの作品でした。1960年代のアメリカを舞台に白人家庭でメイドとして働く黒人女性たちとジャーナリス ...
2012年04月22日(日)09時05分 受信
「ヘルプ」 予想と違う重厚感 from カサキケイの映画大好き!
「ヘルプ」の予告編と黄色のイメージカラーから勝手な想像をしていたようです。もっと軽やかで、ユーモラスな作品を予想していたのですが、考えてみれば人種差別を中核に据えた作品ですよね、軽妙なものになる筈も有...
2012年05月07日(月)00時19分 受信
映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』〜アカデミー賞受賞作品 from kintyre's Diary 新館
12-30.ヘルプ〜心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本・製作総指揮:テイト・テイラー◆...
2012年07月16日(月)22時46分 受信
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ from いやいやえん
白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお話には留...
2012年10月01日(月)09時32分 受信
【映画】ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜…二人ともスパイディの彼女だった(ヤッツケ映画観賞記録11) from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
先日、大切にしているウォーマシンのフィギュアが埃をかぶっていたので、エアダスターで掃除してあげようとしたら、間違ってゴキジェットプロ(※超強力)を浴びせてしまったピロEKです。慌てて洗いました(植毛さ...
2013年10月14日(月)01時57分 受信

コメント一覧

投稿者:KLY 2012年04月01日(日)02時33分 編集・削除

ヒリーの行為は人種差別の根源でもあると思うのですが、それにしても単純に最悪ですねぇ。アレは別に当時のアメリカ南部でなくても思いっきり最悪なんですが…。
にしても…冒険風ライダーさんが仰るとおりで、いざとなると女性の陰湿ないじめは怖いですなぁ。黒人差別も最悪ですが、私は人を無視するって好意がほんとムカツクんですよね。

http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-57ca.html

投稿者:KLY 2012年04月01日(日)02時35分 編集・削除

失礼しました。

好意→行為

の間違いでした^^;

http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-57ca.html

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年04月01日(日)11時30分 編集・削除

>KLYさん
ヒリーの場合、「黒人だから差別する」のではなく「自分が不快だから差別する」というのがモロに出ていましたからねぇ。
シーリアと娘に対するネグレクトぶりは黒人差別とも女性差別とも何の関係もありませんでしたし、彼女にとって「差別」というのは自身のヒステリックな感情を正当化するための道具でしかなかったのではないかと。

イジメ自体は男性にも当然ありますが、女性の場合は直接的な暴力が少ない分陰湿になりがちな部分はありますね。
黒人差別や女性差別と違って、こういうのは社会的に是正するのは不可能に近いのですし、その点でも「怖い」部分と言えるのではないかと。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:たいむ 2012年04月01日(日)16時03分 編集・削除

こんにちは。
子供を守るといいながら、子育てはバイキン扱いの黒人メイド任せってのが本当に謎でした。
奴隷には一切触らせないってほうがよっぽど道理な気がして、白人に都合の良いだけの解釈とつくづく思うところです。

ところで、エイビリーンの雇い主で育児放棄していたのはエリザベスだったかと。
腰ぎんちゃくもリーダーの前では・・ってことで、泣き叫ぶ子供を見て、本当はスキーターの母親と同じ気持ちだったと思いたいところでした。

http://time-de-time.air-nifty.com/blog/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年04月01日(日)22時30分 編集・削除

>たいむさん
「白人の都合」というよりは「自分個人の都合」でしょうね、作中の子育てに関する親達の対応ぶりは。
普通に考えたら子供だって「白人」なわけですから、黒人差別の論理からすれば「子供を黒人には一切触らせない」となるのが言うまでもなく正しいはずなのですが、しかしそれでは「面倒な育児を他者に丸投げする」ということができなくなってしまうわけです。
彼女達にとって、子供というのは「自分の自由な時間を削り取る害悪な存在」であり、だからこそ子育ての労苦なんて自分で被りたくなどない、というのが本音だったのでしょう。
だからこそ、一方では黒人差別を高らかに謳いながら、他方で子育てを差別している黒人に平気で委ねてしまう、などというダブルスタンダードを平気でやらかしてしまっているわけで。
こういう母親の言動って、黒人差別以上に犯罪的な行為だろうと個人的には思うのですけどね。
白人に差別される黒人達はそれでもまだ白人を自分で選べる自由がありますが、ネグレクトされる子供に親を選ぶ自由なんてほとんどないのですから。

> ところで、エイビリーンの雇い主で育児放棄していたのはエリザベスだったかと。

あ、これは確かにそうでしたね。
エリザベスは公式サイトでも紹介されていないほどに存在感が薄い上にヒリーと一緒に登場する場面が多く、ラストでも一緒にいたので、両者の設定がごちゃ混ぜになってしまっていました(-_-;;)。
ご指摘ありがとうございますm(__)m。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー