記事一覧

銀英伝舞台版第二章の新キャスト発表

銀英伝舞台版公式サイトで、第二章「自由惑星同盟編」で登場人物を演じるキャストが新たに発表されました。
また、既に公開済みのキャストについても、各キャラクターに扮した画像が公開されています。

銀英伝舞台版公式サイト
http://www.gineiden.jp/
第二章 自由惑星同盟編 トップページ
http://www.gineiden.jp/doumei/
第二章 自由惑星同盟編 キャストページ(既存)
http://www.gineiden.jp/doumei/cast.html
第二章 自由惑星同盟編 キャストページ(新規)
http://www.gineiden.jp/doumei/cast2.html

さらに2月10日から、舞台版の宣伝も兼ねたキャストによるリレー動画も公開されています。
第1回目はシドニー・シトレ役の西岡徳馬とのこと↓

第二章 自由惑星同盟編 リレー動画一覧
http://www.gineiden.jp/doumei/message00.html

今回新規に発表された登場人物およびキャストは以下の通りだそうで↓

ファイル 533-1.jpgファイル 533-2.jpg
ファイル 533-3.jpgファイル 533-4.jpg
ファイル 533-5.jpgファイル 533-6.jpg
ファイル 533-7.jpgファイル 533-8.jpg
ファイル 533-9.jpgファイル 533-10.jpg
ファイル 533-11.jpgファイル 533-12.jpg
ファイル 533-13.jpg

これらのうち、「ナオミ」と「ビクトルフォン・クラフト」については、原作に名前が存在しないキャラクターですね。
「サレ・アジズ・シェイクリ」はオリビエ・ポプランとイワン・コーネフとライバル関係にあるスパルタニアンの撃墜王で、「コールドウェル」はイワン・コーネフの部下という形で原作にも名前がありましたが。
2人のオリジナルキャラクター達は、多分舞台ストーリーの一部として入ってくることになるであろう、ヤンの士官学校時代や「エル・ファシルの脱出」辺りのエピソードで活躍することにでもなるのでしょうか?

あと、グリーンヒル父親とビュコック辺りは一体誰が担うことになるのでしょうか?
グリーンヒル父親は原作2巻の主要人物ですし、ビュコックも作中の重要人物ですから、出てこないことはないのでしょうけど。
どちらも結構年配のキャラクターですから、配役もある程度年配かつ貫禄のある人と無理だと思うのですが、発表されたキャストの中で該当しそうな人がいないんですよね。
名前だけしか出ていない残りの配役の人達も皆若手っぽいですし。
こちらはまだ未公表の配役でも控えているのでしょうかね?

それと、今回の公式サイトの更新に関連して、「らいとすたっふ」社長氏のブログも更新されたようですね。
で、記事によると、どうも田中芳樹がこんな世迷言をほざいているようなのですが↓

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2012/02/post-b5c6.html
>  アニメ化のときにも、「男性声優ばっかりで、女性の声優さんの出番が少ない」と言われていたのですが、舞台になると、その「女っ気のなさ」が際だちます(笑)。
>  
田中さんも、「こんなことだったら、もう少し女性を出しておくんだったなあ」と頭をかいているのですが、これは今さら言っても仕方のないこと。舞台の関係者の皆さまにはご苦労をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。はい。

いや、90年代以降の田中作品、特に薬師寺シリーズにおける女性描写の惨状を見る限り、田中芳樹の力量でマトモな女性が描けるようにはとても思えないのですが。
銀英伝がアレだけの大ヒットを記録したのも、むしろ逆に女性描写を抑えて「あえてテンプレートに徹した」ことが功を奏したのでしょうに。
薬師寺涼子や田中小説版キング・コングのアン・ダロウのごとき、救いようのない自己中な権力亡者の化け物でしかないバカ女を大量に登場させたところで、却って銀英伝の価値を下げるだけでしかないことが、田中芳樹にも周囲の人間にも全く理解できないのでしょうかねぇ。
「俺はちゃんとした女性を描ける作家なんだ!」というのは田中芳樹の根拠なき思い込みでしかないのですから、そんな妄想はいいかげん捨てた方が、自身も含めた万人のためにも良いのではないかと思えてならないのですけどね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/533

コメント一覧

投稿者:平松重之 2012年02月14日(火)12時34分 編集・削除

 こちらでは初めましてですね。
 
<これらのうち、「ナオミ」と「ビクトルフォン・クラフト」については、原作に名前が存在しないキャラクターですね。>
 
 クラフトは一応原作にもローゼンリッターの一人として名前は出ています。

 落日篇第八章Ⅳ(ノベルズ版十巻P183上段)
<「ロイシュナー! ドルマン! ハルバッハ! 誰かまだずうずうしく生きのびている奴はいないか。いたら答えろ。ゼフリン! クラフト! クローネカー!」
 シェーンコップは戦斧を片手にさげ、累々たる敵兵の死屍のただなかに立って、幾人かの部下の名を呼んだ。>

 これをもとにして、道原かつみ氏のコミック版では「ビクトル・フォン・クラフト」とファーストネーム付きで登場してもいます。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年02月15日(水)01時12分 編集・削除

>平松さん
ブログ開設から1年半以上も経過して初の御訪問ですね(^^;;)。
まあ、タナウツ本家とは扱っている話題がまるで異なるので、そうなるのも当然かもしれませんが。

>  クラフトは一応原作にもローゼンリッターの一人として名前は出ています。

>  これをもとにして、道原かつみ氏のコミック版では「ビクトル・フォン・クラフト」とファーストネーム付きで登場してもいます。

そんなところにいたんですね、彼は。
一応「エンサイクロペディア銀河英雄伝説」で名前がないのを確認していたのですが。
最初は「コールドウェル」も原作にいないのではと思って同書で調べてみたら、そちらは名前がありましたし、名前が全く記憶になかったこともあって「これで名前がないのだから、まあいないのだろう」と結論付けていました。
細かい設定を持ってきていますねぇ、舞台版も。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー