記事一覧

映画「ペントハウス」感想

ファイル 524-1.jpg

映画「ペントハウス」観に行ってきました。
「ナイトミュージアム」シリーズのベン・スティラーと「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズのエディ・マーフィという、アメリカの著名なコメディ俳優2人が初めて共演を果たした、これまたコメディタッチなノリのクライム・アクション作品。

ニューヨーク・マンハッタンの一等地にそびえ立つ、全米一の超高級マンション「ザ・タワー」。
一戸当たりの平均物件価格数百万ドル以上、65階建ての高層ビルから眺望できる景観と最新鋭のセキュリティシステム、さらには居住者の生活をサポートする専属のスタッフによる最上のサービスが受けられるという、まさに金持ちのためにあるようなマンションです。
今作の主人公ジョシュ・コヴァックスは、その「ザ・タワー」の専属スタッフをまとめ、「ザ・タワー」に居住する人々からの要望や苦情を的確に処理することを生業とする管理マネージャー。
「ザ・タワー」居住者の誕生日や好み、性格などに至るまで把握し尽くしているジョシュは、居住者達からも専属スタッフからも頼られる存在でした。
なかでも、「ザ・タワー」の最上階(ペントハウス)に居住し、屋上のプールをも独占的に使用している大富豪アーサー・ショウは、自身の趣味であるチェスの相手をさせるほどにジョシュを信用し、「君を引き抜いてホテルの支配人にしたい」と高く評価していました。
ジョシュもまた自分に目をかけてくれるアーサー・ショウを尊敬しており、2人はまさに理想的な人間関係を具現化しているかのように思われました。
……ショウの正体が判明するまでは。

ある日、ジョシュがいつものように住人からの要望や苦情を処理している中、スタッフのひとりから不審な黒ずくめの車が2日前から「ザ・タワー」の前に駐車されているという報告を受けます。
ジョシュが問題の車を玄関先で確認すると、その車からこれまた怪しい人物が4人、車から降りて「ザ・タワー」の方へと向かってきます。
ジョシュはただちに正面玄関にカギをかけるようスタッフに指示すると、自身は警備室へと向かいます。
そこでは何と、ペントハウス在住のショウが裏口に停められていた別の車に乗せられ、その場から離れる場面が捉えられていました。
これを要人誘拐だと判断したジョシュは、一大事とばかりに警備室を飛び出し、走って車の追跡にかかります。
人と車では最初から勝負になどなりようもないはずでしたが、地の利を熟知していたジョシュは、車が通れない道を使って先回りすることで何とか車を捕捉できていました。
ところがその追跡劇の最中、通りがかりの女性からラリアット?を食らい沈没してしまうジョシュ。
それとほぼ同時に、逃走していた車もまた曲がり角を曲がりきれず横転、そこへ先ほど見かけた黒ずくめの車が停止、逃走車を確保するのでした。
実は黒ずくめの車はFBIのもので、ショウは証券詐欺の容疑をかけられ逃走を図ろうとしていたのです。
のみならず、ショウはジョシュを介して「ザ・タワー」の従業員達全員の年金運用を請け負っていたにもかかわらず、その資金を全て私的流用してしまっていたのでした。
「ザ・タワー」の仕事を辞めて年金生活をするはずだったスタッフのひとり・レスターは、長年働いて稼いだはずの7万ドル以上の積立金をショウに預けたことで全てパーになったことを知ってショックを受け、地下鉄に飛び込もうと自殺未遂に走り、病院に運ばれてしまいます。
ショウを信頼して年金運用を任せてしまった責任もあり、ジョシュは保釈金1000万ドルを支払って保釈されたショウの下へ、従業員達から巻き上げたカネを返すよう直談判へ赴きます。
ところがショウは自責の念を感じるどころか、「投資に失敗はつきもの」と開き直る始末。
この発言に怒りを爆発させたジョシュは、その場でショウがリビングに大事に飾っていた旧型のフェラーリをゴルフクラブで叩き壊してしまいます。
当然のごとく、ジョシュはその日のうちに「ザ・タワー」の総支配人にクビを言い渡されてしまうのでした。
しかし、そんなジョシュの言動に何か感じ入るものでもあったのか、FBIの女性捜査官であるクレアは、酒場でジョシュと顔を合わせ、ショウが逃走資金として用意していたはずの2000万ドルが見つからないという情報を提供します。
使用人としての知識と経験から、ジョシュはショウの部屋が改装された際にも手付かずの状態で残された壁が怪しいと睨むと共に、そのカネを奪取して失われた年金の補填に当てる計画を考えつくのでした。
計画を実行せんと、早速ジョシュは計画遂行のための仲間を集め始めるのですが……。

映画「ペントハウス」でショウの隠し資金を奪取すべく一大作戦を繰り広げる主人公とその仲間達は、しかしジョシュの幼馴染で収監されていたスライド以外は元々が「ザ・タワー」の使用人ということもあり、盗みのノウハウなど最初から全く持ち合わせてもいないズブのド素人集団です。
それどころか、基本的なチームワークすらも皆無に近く、作戦を練っている段階から勝手に離反したり、作戦にない単独行動に出たりする人間が続出した挙句、互いにいがみ合いを始めたりする始末。
さらには、大事なフェラーリを叩き壊されたことに腹を立てたショウが、週末にはジョシュを告訴し、逮捕拘禁させる旨まで明言しており、入念な準備を行うための時間的余裕すらもないという状況だったりします。
そんな彼らの唯一の武器は、「ザ・タワー」の構造や警備体制などといった、元使用人であるが故に身についた経験と知識のみ。
あまりにも悲惨な条件から考えれば、成功するのがいっそ不思議なくらいの奪取作戦ではありましたが、しかしいざ計画が実行されると、決行日がちょうど感謝祭で「ザ・タワー」周辺がお祭り騒ぎになっていたことも手伝ってか、序盤は意外と順調に推移していたりします。
監視カメラが侵入者の姿をバッチリ捕らえているのに、肝心の警備員達は監視映像の方を見ることすらなく雑誌に夢中になる始末でしたし。
順調に行き過ぎて、逆に「これって警備体制の方に重大な問題があるのでは……」などと考えてしまったくらいです。
まあ、凶事が来るかどうかも分からず、そもそも何事もない平穏な日々が長く続いている状況下で、しかもお祭り騒ぎで世間が沸いている時期に、四六時中緊張感を保ち続ける方が無理な相談ではあるのかもしれませんが。

また、ジョシュ達はショウの隠し資金を探し出す過程で、序盤でジョシュが叩き壊したフェラーリの中から、ひとつの元帳を発見します。
それはショウがこれまで行ってきた不正取引の全記録を綴ったもので、それは証拠不十分で無罪になろうとしていたショウを有罪にするだけの動かぬ証拠でもありました。
そして物語終盤、ジョシュはその元帳を使ってFBIに交渉を持ちかけ、元帳を提供する代わりに自分達を無罪放免にしてくれと、一種の「司法取引」を申し出るんですよね。
しかも、ショウを証券詐欺で立件したいFBIはこれに応じて、計画の首謀者であるジョシュを除く全員を無罪放免にしてしまうんですよね(ジョシュは懲役2年)。
この辺りは「司法取引」が当たり前であるアメリカならではの光景ですね。
仮に日本で同じようなケースがあった場合、警察は当然のごとくそのような取引には応じることなく、計画の首謀者にも共犯者達にも刑法通りの重罰を裁判で求刑するでしょうし、また元帳は問答無用で接収された挙句、下手すればその証拠能力が裁判で認められない事態すらも充分に起こりえるのです。
元帳は合法的な手続きに基づいて入手した証拠物品ではないから裁判の場で提出することすら認められない、そういう話になってしまうわけです。
法理論的な観点だけから言えば、むしろ日本のような行政・司法のあり方こそが正しくはあるわけなのですが、現場は当然のことながら理論だけで動いているわけではありません。
日本のような(すくなくとも表面的には)コチコチの法理論最優先の行政・司法形態が望ましいのか、それともアメリカなどのようにある程度の柔軟性があるものが良いのかについては正直微妙な話ではありますね。
もっとも、司法取引が法制化・マニュアル化されていない日本では、警察が一種の誘導尋問を意図して「釈放」「この案件については不起訴にする」などを餌に司法取引モドキなことを容疑者相手にやらかした挙句、裁判の場で堂々と取引内容を覆して被告と新たな紛糾の種になる、といった事例も多々あったりするのですが。

コメディ俳優としての有名どころ2人が共演しているだけあって、作中ではしばしばコメディ的なやり取りがかわされる場面もあったりしますが、基本的には「オーシャンズ11」シリーズばりのシリアスな展開がメインですね。
「オーシャンズ11」シリーズのような「盗みの頭脳戦」が好きという方にはオススメできる作品ですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/524
ペントハウス from ともやの映画大好きっ!
(原題:TOWER HEIST)【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆)最上階のペントハウスに住む大富豪に全財産をだまし取られたタワーの使用人たちの奪還作戦を描くクライム・アクション。ニューヨーク・マンハ...
2012年02月05日(日)21時38分 受信
『ペントハウス』・・・年金運用にご用心! from SOARのパストラーレ♪
最近まであまり興味もなかったのだが、やたら流れるようになったTVCMに感化され観ることに。
2012年02月05日(日)21時45分 受信
ペントハウス / Tower Heist from 勝手に映画評
超高級マンション“THE TOWER”を舞台に、その“THE TOWER”のペントハウスに住む大金持ち?にお金を騙し取られた人々が、その騙し取られたお金を取り戻そうとする物語。ペントハウスに住むのが1%の人で、お金を盗もう(取...
2012年02月05日(日)21時49分 受信
ペントハウス from 象のロケット
北米一の高級マンション〈ザ・タワー〉の最上階のペントハウスで優雅に暮らす大富豪アーサー・ショウが、全米を揺るがす金融詐欺事件を引き起こしFBIに逮捕されてしまう。 更に、タワー居住者のスーパーリッチな暮ら...
2012年02月05日(日)22時02分 受信
ペントハウス from あーうぃ だにぇっと
ペントハウス@よみうりホール
2012年02月05日(日)22時17分 受信
ペントハウス from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ベン・スティーラーとエディ・マーフィ共演で、大富豪に年金財産を騙し取られた使用人たちが逆襲する映画だ。アメリカの所得者を別けると、1%の金持ちと残りの庶民になると言われている。NYで差別解消のデモも起きて...
2012年02月05日(日)22時41分 受信
ペントハウス from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。原題:Tower Heist(タワー強盗)。ブレット・ラトナー監督、ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、ティア ...
2012年02月05日(日)22時44分 受信
ペントハウス from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Tower Heistクチコミを見る悪徳大富豪を素人集団がやっつける痛快コメディ「ペントハウス」。やられたらやり返す。これが米国の資本主義の基本だ。NY・マンハッタンの一等地に建つ ...
2012年02月05日(日)23時58分 受信
[映画『ペントハウス』を観た(超短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆これは、楽しい作品だった^^ 見る前に感じていたようなコメディ作品ではなく、わりと物語に感情移入してしまうような、味のある登場人物の織り成す軟質の娯楽復讐劇であった。 ・・・ニューヨークの超短信マン...
2012年02月06日(月)06時19分 受信
ペントハウス (試写会) from 風に吹かれて
ベン・ステイラー版高層アクション [E:building][E:car] (*≧m≦*)公式サイト http://penthouse-movie.com2月3日公開監督: ブレッド・ラトナー  「ラッ
2012年02月06日(月)08時31分 受信
ペントハウス☆全財産は、最上階(ペントハウス)。 from ☆お気楽♪電影生活☆
   この世には   タワーに棲める者と   タワーに勤める者がいる。
2012年02月06日(月)09時06分 受信
「ペントハウス」これはコメディー色強くない!? from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!
2月3日公開「ペントハウス」(2011年)上映館検索!!!■出演■ベン・スティラー エディ・マーフィ ケイシー・アフレック アラン・アルダ マシュー・ブロデリック マイケル・ペーニャ ティア・レオーニ ガボレイ・シディベ ...
2012年02月06日(月)09時58分 受信
ペントハウス from 新・映画鑑賞★日記・・・
【TOWER HEIST】2012/02/03公開 アメリカ 104分監督:ブレット・ラトナー出演:ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、マイケル・ペーニャ、ティア・レオーニ...
2012年02月06日(月)10時00分 受信
ペントハウス from だめ男のだめブログ
「ペントハウス」監督 ブレット・ラトナー 出演 ベン・スティラー(ジョシュ) エディ・マーフィ(スライド) ケイシー・アフレック(チャーリー) アラン・アルダ(アーサー・ショウ) マシュー・ブロデ...
2012年02月06日(月)11時15分 受信
『ペントハウス』 ('12初鑑賞15・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆- (10段階評価で 8)2月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:40の回を鑑賞。
2012年02月06日(月)21時10分 受信
ペントハウス  Tower Heist from 映画の話でコーヒーブレイク
今年初の映画館鑑賞は「ペントハウス」です。デカプリオの「エドガー」にしようか?どうしようかと思案したのですが、時間の関係で本作@横浜ブルク13になりました。「笑う門には福来る」大いに笑わせてもらいました...
2012年02月07日(火)00時52分 受信
『ペントハウス』 from ラムの大通り
(原題:Tower Heist)----へぇ〜っ。2012年の第一弾がこれ?ちょっと意外だニャあ。「ん?そう見える?でも、この映画って、一昔前なら、お正月にピッタリの作品。とても痛快だしね」----そうニャの?フォーンには、どん...
2012年02月07日(火)22時19分 受信
「ペントハウス」みた。 from たいむのひとりごと
この作品に過度の期待をしていたわけではないけれど、久々の劇場鑑賞だったことからもう一歩な感じには自分自身に苦笑い。素人が仕返し強盗(?)で悪者をぎゃふんと言わせる系で非常にオーソドックスなストーリー。
2012年02月08日(水)10時39分 受信
ペントハウス from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
マンハッタンの超高級マンションを舞台に、ペントハウスで暮らす大富豪に着服された年金を取り戻そうと奮闘する使用人たちを描くクライム・コメディ。出演は、「ナイト・ミュージ ...
2012年02月08日(水)18時40分 受信
『ペントハウス』 from Days of Books, Films
Tower Heist(film review) 『ペントハウス』の原題はTow
2012年02月09日(木)14時35分 受信
『ペントハウス』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「ペントハウス」□監督 ブレット・ラトナー □脚本・原案 テッド・グリフィン □脚本 ジェフ・ナサンソン □原案 アダム・クーパー、ビル・コラージュ キャスト ベン・スティラー、...
2012年02月10日(金)08時52分 受信
ペントハウス/ベン・スティラー、エディ・マーフィ from カノンな日々
コメディー俳優のベン・スティラーがエディ・マーフィとの初共演を実現したクライム・アクション・ムービーです。珍しくベン・スティラーがシリアスな作品に出るのかなと思いまし ...
2012年02月10日(金)22時15分 受信
ペントハウス from だらだら無気力ブログ!
期待してた程じゃなかったけど、面白かった。
2012年02月11日(土)00時34分 受信
ペントハウス from そーれりぽーと
ベン・スティラーが珍しく真面目な役を演じてるのと、エディー・マーフィーが久しぶりにチンピラ役なのとで気になってた『ペントハウス』を観てきました。★★コメディーではないけれど、やっぱベン・スティラーとエ...
2012年02月11日(土)08時49分 受信
ペントハウス from とりあえず、コメントです
ベン・スティラー主演のコミカルなクライムストーリーです。 予告編を観て、何だか楽しそうな泥棒ごっこだなと気になっていました。 まんがっぽくて軽い展開に、ちょっとクスっと笑ってしまうような作品でした。
2012年02月11日(土)12時12分 受信
ペントハウス from ハリウッド映画 LOVE
原題:TOWER HEIST監督:ブレット・ラトナー出演:ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、マイケル・ペーニャ、ガボレイ・シディベ、ティア・レオーニま...
2012年02月11日(土)17時00分 受信
「ペントハウス」感想 from 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
 「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー監督、「ナイトミュージアム」のベン・スティラー主演。雇い主でもあるビルのオーナーに騙し取られた金を取り戻すべく、管理マネージャー達が詐欺師と組んで強盗計画を企て...
2012年02月12日(日)21時13分 受信
【映画】ペントハウス from 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
JUGEMテーマ:洋画 昨日は有給休暇ってことで有意義に使おうと思ったけど、 結局のところ浮かばなかったため、映画を見に行くことにしました。 さすが平日の夕飯時... 自分を入れてまさかの 6人 すごい。まだ公開...
2012年02月14日(火)08時30分 受信
ペントハウス ん?ハンドルだけで足りるん? from 労組書記長社労士のブログ
【=8 -0-】 前売り券を買っていたくらい楽しみにしていたんだけど、よー考えたら俺、エディ・マーフィが苦手やねん。映画が始まって少し経ってから、エディ・マーフィが出ていることに気付いた。 ニューヨークのマン...
2012年02月14日(火)11時51分 受信
ペントハウス from マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
「ペントハウス」監督:ブレット・ラトナー(『ニューヨーク、アイラブユー』)出演:ベン・スティラー(『ナイト ミュージアム2』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』)エデ ...
2012年02月15日(水)12時46分 受信
ペントハウス from ダイターンクラッシュ!!
2012年2月11日(土) 21:50~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『ペントハウス』公式サイト アダム・サンドラーの新作はいまいちだったが、下品さでは後塵を拝...
2012年02月15日(水)15時31分 受信
ペントハウス(2011)★☆TOWER HEIST from 銅版画制作の日々
 全財産は、最上階(ペントハウス)。この世にはタワーに棲める者とタワーに勤める者がいる。評価:+5点=75点実は2回鑑賞しました。1度目は大事な部分(自分でそう思っている)のところだけ、状態となり、、...
2012年02月16日(木)21時50分 受信
ペントハウス from こんな映画見ました〜
『ペントハウス』---TOWER HEIST---2011年(アメリカ)監督:ブレット・ラトナー 出演:ベン・スティラー、エディ・マーフィ 、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、ティア・レオーニ、ガボレイ・シディベニューヨーク・...
2012年02月16日(木)22時41分 受信
ペントハウス from 映画 K'z films 2
Data原題TOWER HEIST監督ブレット・ラトナー出演ベン・スティラーエディ・マーフィケイシー・アフレックアラン・アルダマシュー・ブロデリック公開2012年 2月
2012年02月16日(木)22時59分 受信
ペントハウス from C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
ペントハウス'11:米 ◆原題:TOWER HEIST◆監督:ブレット・ラトナー「ニューヨーク,アイラブユー」「ラッシュアワー」◆出演:ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・...
2012年02月22日(水)23時06分 受信
映画:「ペントハウス」♪。 from ☆みぃみの日々徒然日記☆
平成24年2月27日(月)。 映画:「ペントハウス」。 監  督: ブレット・ラトナー 製  作: ブライアン・グレイザー/ エディ・マーフィ/ キム・ロス キャスト: ベン・スティラー (Josh Kovacs) エディ・...
2012年02月27日(月)20時45分 受信
映画:ペントハウス from よしなしごと
 今回は、「レゴで再現するんじゃねぇ!」「縮尺は完璧だ。」「俺は2頭身かよ!」という予告にすっかりはまってしまった映画、ペントハウスの記事です。
2012年05月22日(火)04時01分 受信
ペントハウス from ここなつ映画レビュー
こういう作品を「クライム・コメデイ」とジャンル分けするのですね。あまり知りませんでした。まあ確かにコメディっちゃコメディなんだけど、どっかんどっかん笑わせる訳でもなく、むしろ、「雲の上に住む人」と「下...
2012年06月20日(水)16時17分 受信
ペントハウス from 銀幕大帝α
TOWER HEIST/11年/米/104分/犯罪アクション・コメディ/劇場公開(2012/02/03)−監督−ブレット・ラトナー過去監督作:『ラッシュアワー3』−製作−エディ・マーフィ−出演−*ベン・スティラー…ジョシュ過去出...
2012年06月26日(火)21時11分 受信
ペントハウス from いやいやえん
金持ちと庶民、この図式はわかりやすい。金融詐欺事件で使用人たちの年金積立金さえも奪われていたことが発覚し、お金は戻ってきそうにないので厳重に警備されているペントハウスから隠し財産を強奪することを計画す...
2012年06月27日(水)09時40分 受信
ペントハウス (Tower Heist) from Subterranean サブタレイニアン
監督 ブレット・ラトナー 主演 ベン・スティラー 2011年 アメリカ映画 104分 コメディ 採点★★★ 絶対王政や封建制度下にあった中世を舞台にした映画とか観てると、「貴族さんに好き放題されて、この当時の庶...
2012年07月05日(木)10時45分 受信
【映画】ペントハウス…申し訳ないけど全然覚えていない。 from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
本日2013年6月3日(月曜日)は晴れ休みが終わった途端に晴れってのは上手くいかないですが、仕事に行くときに雨ってのもヤッパリ嫌ですから、まぁ晴れて良かったって事になりますで、映画観賞記録コメントへの返信も蔑...
2013年06月03日(月)13時45分 受信
ペントハウス TOWER HEIST from 映画大好きだった^^まとめ
1 : 名無シネマ@上映中 : 2011/12/20(火) 01:34:51.61 ID:fVkEsD1x【監督】ブレット・ラトナー【出演】エディ・マーフィ、ベン・スティラー、ケイシー・アフレック、マシュー・ブロデリック    ...
2014年02月10日(月)23時43分 受信

コメント一覧

投稿者:まっつぁんこ 2012年02月05日(日)22時23分 編集・削除

司法取引は日本むきではありませんね。
それはともかく、何でジョシュだけ懲役2年なんでしょ。
全員無罪放免のほうがすっきりしてたのに!と思いました。

http://77432090.at.webry.info/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年02月05日(日)22時45分 編集・削除

>まっつぁんこさん
ジョシュの懲役刑については、何といっても事件の首謀者であることと、全員が問答無用で無罪というのも法の公正さという観点から見てマズイ、という事情があるでしょうね。
全員が無罪になると、犯人を逮捕するためにどんな違法行為や違法捜査を行ったとしても証拠さえ挙げれば全て不問に付される、という前例が作られることになってしまい、違法行為に一種の「お墨付き」を与えてしまうことにもなりかねません。
この手の前例や判例というのは、その事件だけに限らず、その後起こるであろう似たようなケースの事件や犯罪にも普通に適用されていくのが通例ですからね。
今後似たような模倣犯を出さないようにするためにも、首謀者を罰する必要があるというわけです。

当のジョシュ自身、いかに大義名分があったとはいえ、結果として自分達が犯罪行為に手を染めていたことは当然自覚していたでしょうし、だからこそ彼も「自分だけならば…」「他の人達が助かるのであれば…」と司法取引に乗ったのでしょう。
あの状況だと、司法取引を行っても参加者全員が罰せられる事態もありえたわけですから、それがジョシュだけに留まった、というのは充分な温情と言えたのではないかと。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー