記事一覧

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想

ファイル 432-1.jpg

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観に行ってきました。
エイリアン達による地球侵略に立ち向かうアメリカ海兵隊員達の戦いを描いたSFアクション作品。
人が血を流して死ぬ描写や、宇宙人を解体するシーンなどが作中に存在するため、この作品はPG-12指定されています。

この作品は本来、日本では2011年4月1日に劇場公開となる予定だったのですが、東日本大震災における「震災自粛」という名の人災の煽りを食らって劇場公開が延期となってしまい、9月になってようやく公開の運びとなりました。
何故この映画が「震災自粛」の対象にされたのか、当時から私は疑問に思っていたのですが、今回映画を観賞してその理由があっさり分かりました。
物語の序盤で、エイリアン達が地球に隕石?を落下させて地上を攻撃するシーンが続くのですが、その隕石落下の際に発生した津波に民間人が巻き込まれる描写が存在するんですよね。
時間にして僅か10秒あるかどうかの描写で、メインの描写とは到底言い難いシロモノだったのですが、「ああ、これが震災自粛のターゲットにされた最大の理由か」と納得せずにはいられませんでしたね。
何しろ、「スマトラ沖地震の大津波が作中で描写されている」というだけで公開が中止になった、映画「ヒアアフター」という前例がすでにあるわけですから。
また、同じロサンゼルスが舞台で、かつエイリアンの地球侵略を描いている映画「スカイライン-征服-」には津波の描写がなく、同じ6月公開で「自粛」させられた映画もある中で「自粛」の対象になっていなかったわけなのですから、これが理由だったのは確実でしょうね。
つまり映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」は、作中僅か10秒あるかどうかの津波描写【だけ】のために、実に5ヶ月以上にわたる劇場公開の「自粛」を余儀なくされてしまったわけです。
典型的なまでの「言葉狩り」としか言いようのない、山本弘のダブスタ作品論ばりにバカげた理由の「自粛」としか言いようがないではありませんか。
それで被災者達が救われたのかと言えば、当然のごとくそんなことは全くなかったわけですし、映画ファンとしては何とも傍迷惑な話としか言いようがないですね(>_<)。
そんな「自粛」の類など、当の被災者達ですら望んでいたとは到底思えないのですが。

物語冒頭は、エイリアン達に侵略されたロサンゼルスに海兵隊員達が軍用ヘリで接近するシーンから始まり、それから24時間前に遡って各海兵隊員達のエピソードが語られていきます。
予告編では1942年2月25日に発見された未確認飛行物体にアメリカ軍が応戦した「ロサンゼルスの戦い」や、その後各都市に現れたUFOの目撃譚などが語られていたはずなのですが、映画本編にはそれらを想起させるような描写は全くありませんでした。
主人公となるのは、かつて出征で部隊を率いながら、4人の部下を死なせてしまった過去を持つ初老の海兵隊員マイケル・ナンツ二等軍曹。
彼はエイリアン侵攻直前に、老齢であることと過去の負い目から退役届けを上層部に提示しており、そのことを理解している上司によって受理されています。
しかしその頃、世界は地球接近4時間前になって突然発見された隕石群の存在に騒然となっていました。
世界各地に落下していく隕石群。
しかしそれらの隕石は、落下直前に謎の減速をすることと、全てが同一規格的な形体をしていたことから、アメリカ軍はこれを侵略行為であると喝破し、軍が召集されます。
当然、マイケル・ナンツ二等軍曹が所属するロサンゼルス近郊に駐屯している海兵隊にも出撃命令が下され、退役間近の彼もまた、士官学校を首席卒業してこれが初陣というウィリアム・マルティネス少尉が指揮する海兵隊2-5部隊の副隊長的なポジションで出陣することになります。
海兵隊2-5部隊の任務は、ロサンゼルス西警察署に今なお取り残されている民間人の救出。
しかしそこは同時に、ロサンゼルスを制圧したエイリアン達の勢力圏内でもあり、当然のごとく激しい戦いが予想されるわけです。
かくして、全世界でエイリアン達による総攻撃が行われる中、ロサンゼルスの街を舞台に民間人達の避難誘導を任務とする海兵隊員達の活躍が描かれることになります。

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」では、似たようなコンセプトで先行して上映された映画「スカイライン-征服-」が明らかに元ネタにしているであろう描写が複数箇所に存在します。
助けを求めてやって来た軍用ヘリが、主人公達の眼前でエイリアンに撃墜されてしまうシーンと、エイリアン達の司令塔的な存在とおぼしき宇宙母艦?にミサイルが飛んでいくシーンなどはまさにその典型で、「確かにこれは酷似しているなぁ」と思わずにはいられませんでしたね。
まあ、両作品共に同じ「ハイドラックス」という会社がVFXの製作を手掛けているわけですから、似たり寄ったりな描写になるのも当然と言えば当然なのかもしれないのですが。
今作を配給しているコロンビア映画の親会社であるソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント社が「ハイドラックス」を非難したのもむべなるかな、といったところでしたね。
ただ、エイリアン達の強さという点では、今作よりも「スカイライン-征服-」のエイリアン達の方が圧倒的な強さを誇っていますね。
あちらは司令塔の宇宙母艦に核ミサイルが炸裂してさえも1日程度で回復していたのに対し、今作では通常の弾道ミサイル?が当たれば簡単に無効化できるのですから。
また、「スカイライン-征服-」のエイリアンは自身が特殊能力を身につけており、自分で空を飛んだりするのに対し、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の方は肉体的に人類より強靭な部分もあるものの弱点も存在しますし、また自動歩行する小型の戦車モドキや無人飛行体に侵略のサポートをさせていたりします。
この辺りの違いは、エイリアン達の圧倒的な強さと人類の無力さを描くのがメインであろう「スカイライン-征服-」と異なり、海兵隊が最終的にエイリアンを倒さなければならないところから来ているのでしょうけどね。

良くも悪くも、アメリカ海兵隊にメインスポットを当てた作品、と言えるでしょうか。
ただ、作中の映像は「カメラマン自身も走りながら撮影している」的なものが多いため、ややブレが多く少々観辛いところがあるかもしれません。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/432
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂 from SOARのパストラーレ♪
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれ...
2011年09月17日(土)21時36分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 花ごよみ
実際にあったらしいロサンゼルスの不可解な出来事から69年後彼らの地球侵略が始まった。舞台はロサンゼルス、宇宙からやってきたエイリアン。そのエイリアンに果敢に、立ち向かう10人の海兵隊員。エイリアンと海...
2011年09月17日(土)21時37分 受信
2011年9月8日 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 よみうりホール from 気ままな映画生活
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが観れないと思って諦めていました。震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーン...
2011年09月17日(土)21時37分 受信
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」@ソニーピクチャーズ試写室 from 新・辛口映画館
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
2011年09月17日(土)22時16分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from LOVE Cinemas 調布
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアー...
2011年09月17日(土)22時20分 受信
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 from ラムの大通り
(原題:Battle:Los Angeless)----これって3.11のとき、公開が延期されたうちの一本だよね。「うん。同じ宇宙人侵略モノの『スカイライン/征服』はそのまま公開されたのに、なぜ?って思ったけど、その破壊ぶりが徹底的。し...
2011年09月17日(土)22時54分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 新・映画鑑賞★日記・・・
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャそれでも...
2011年09月17日(土)23時20分 受信
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」 from ようこそMr.G
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」
2011年09月17日(土)23時30分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Battle: Los Angeles - 映画ポスター - 27 x 40海兵隊バンザイ!的な内容で、地球侵略を企むエイリアンをテロリストに見立てたプロパガンダ映画。延々と続く戦闘シーンに圧倒される。1942年、 ...
2011年09月18日(日)00時00分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 象のロケット
アメリカ海兵隊のベテラン2等軍曹マイケル・ナンツは、多くの部下を失った戦いの後で退役願いを提出し、あと1日で引退する予定だった。 だが、正体不明の敵の攻撃が始まり、逃げ遅れた民間人を救出する任務を命じら...
2011年09月18日(日)00時02分 受信
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード 震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを...
2011年09月18日(日)02時42分 受信
劇場鑑賞「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 from 日々“是”精進! ver.A
ロサンゼルスを、死守せよ・・・詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109170006/ ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 posted with amazlet at 11.09.12オリジ
2011年09月18日(日)06時05分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from うろうろ日記
試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(※前説)まー語るほどのス
2011年09月18日(日)07時17分 受信
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 from トクサツ(?)な日常
ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』アーティスト:オリジナル・サウンドトラック販売元:ジェネオン・ユニバーサル(2011-10-05)販売 ...
2011年09月18日(日)08時33分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from Akira's VOICE
不撓不屈で戦います! 
2011年09月18日(日)11時28分 受信
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6)9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
2011年09月18日(日)19時36分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 538ねん。
2,3日前に見た「スカイライン」と同じロスがエイリアンに侵略される映画というか、原題は「Battle:Los Angeles」日本での公開は2011年9月の予定だとかアメリカ版のBRを購入しての鑑賞邦題に「世界侵略」とあるよう...
2011年09月18日(日)20時08分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from シネマDVD・映画情報館
世界侵略:ロサンゼルス決戦1942 年2月25日、ロサンゼルス上空で、発光しながら編隊を組む飛行物体25機をアメリカ空軍のレーダーが捕捉、約1440弾もの対空砲火を行ったが、撃墜数はゼロ。その模様は当時ラジオ中継され、...
2011年09月18日(日)20時26分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from はるみのひとり言
先日 試写会で見て来ました。始まりはある日世界中に大量の流星群が降ってきます。それは流星ではなくエイリアンの大群で、突然猛攻撃をしかけ地球侵略を始めます。2時間最初から最後まで、ほぼドンパッチ、ドンパ...
2011年09月18日(日)21時20分 受信
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) from erabu
監督、ジョナサン
2011年09月18日(日)23時07分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from ダイターンクラッシュ!!
2011年9月17日(土) 19:25~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの...
2011年09月19日(月)00時36分 受信
大好物映画w 【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦 from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES)ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。【あらすじ】1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行...
2011年09月19日(月)09時56分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦/アーロン・エッカート from カノンな日々
当初は4月に公開されるはずだったのがこれも東日本大震災で延期になっていたんですよね。一時期は『スカイライン-征服-』の予告編と同時期に流れていたこともありましたが内容も似 ...
2011年09月19日(月)18時35分 受信
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 from こねたみっくす
友の死を嘆くヒマがあれば、亡き友のために使命を果たす。それが海兵隊の誇り。突然のエイリアン襲来により壊滅状態となったロサンゼルスで、民間人救助に当たる海兵隊の姿をモ ...
2011年09月19日(月)19時50分 受信
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」みた。 from たいむのひとりごと
東日本大震災のために上演が延期されていた映画のひとつがようやく公開。世界中の主要都市が壊滅的なダメージを受けまくるわけで、被災者心理に配慮して見送られたものと思われるが、それ程神経質に考えるほどのもの
2011年09月19日(月)21時13分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
もうアメリカの敵は宇宙に求めるしかないというわけで、世界中にエイリアンが隕石みたいな感じで襲ってくる。大気圏に入るまで全く感知されないハイテクを持っているのに、案外エイリアンが弱い。海兵隊賞賛映画にな...
2011年09月19日(月)23時34分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開 ...
2011年09月20日(火)19時16分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / Battle Los Angeles from 勝手に映画評
突如世界各地に現れた、地球外生命体。突然の攻撃に、都市は壊滅していく。絶望的な状況の中、戦う海兵隊の姿を描いた映画。元々4.1に公開予定だったのですが、3.11東日本大震災の影響で公開が延期されました...
2011年09月20日(火)21時44分 受信
[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆いや、面白かった〜^^ 今も興奮冷めやらない。 異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。 この作品も、私が褒め称える、『「...
2011年09月20日(火)23時15分 受信
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 World Invasion: Battle LA(2011 SONY) from 事務職員へのこの1冊
おんもしろかったー。すげー面白かった。全世界でヒットしたのに、評価は最悪。曰く
2011年09月21日(水)21時41分 受信
■世界侵略:ロサンゼルス決戦 from しんちゃんの徒然なる映画日記
第237回「それはSF映画ではなく、戦争映画でした。」今回の映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」はもう半年以上前から公開をとても楽しみにしていた作品でした。しかし、東日本大震災の影響で公開が先送りになり...
2011年09月22日(木)01時00分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 映画とライトノベルな日常自販機
この映画に引きこまれるところは、ナンツの視点やあたかも小隊に従軍したカメラマンが撮影しているかのような視点でエイリアンとの戦いが描かれていて“現実味”があることです。 エイリアン達も歩兵が街中に展開し...
2011年09月22日(木)11時21分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★☆【4,5点】(10)人間ドラマは弱いけど、市街戦のリアルさに圧倒される。
2011年09月23日(金)16時43分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles from 映画!That' s Entertainment
●「世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles」2010 アメリカ Combia Pictures(Sony),116min.監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジッド・モイナハ...
2011年09月23日(金)21時07分 受信
【世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)】 from 明るいときに見えないものが暗闇では見える。
3.11震災で公開が延期になっていた作品。ボクの中では『スーパー8』『スカイライン』とともに今年の三大異星人襲来映画の一つとして当確作。実は『カウボーイvsエイリアン』もあって四大だったことに先日気づいた...
2011年09月24日(土)22時41分 受信
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:男騒ぎの戦争映画 from 大江戸時夫の東京温度
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』は、突然宇宙人が地球を襲撃するSFものでありな
2011年09月25日(日)00時25分 受信
世界侵略ロサンゼルス決戦☆独り言 from 黒猫のうたた寝
主人公たちは海兵隊の兵士たち。地球の大都市の海岸沿いに堕ちてきた隕石群実はこれは宇宙からの侵略者たち。未確認生命体に破壊されるロスの市街地。取り残された民間人救出のために出動する部隊のメンバーは実戦経...
2011年09月27日(火)00時19分 受信
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 感想と採点 ※ネタバレあります from ディレクターの目線blog@FC2
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(公式)を、一昨日に鑑賞。平日の夜とあって100席余りに数名ほど。既に人気のピークは過ぎたのか?かなり期待した割りにって事で、5点満点で1点を付けたい所...
2011年09月30日(金)17時09分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from ケントのたそがれ劇場
★★★  『宇宙戦争』さながらに、いきなり地球を侵略してきたエイリアンたち。これを向かい撃つ米国の海兵隊。この映画はこの海兵隊員たちの視点で描かれたドキュメンタリータッチのSF映画である。  エイリアン...
2011年10月01日(土)17時00分 受信
★世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)★ from Cinema Collection 2
BATTLE: LOS ANGELES  それでも人類は戦うのか――。  上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2011/09/17 ジャンル SF/アクション 映倫 PG12  【解説】 エ...
2011年10月01日(土)17時22分 受信
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を渋谷シネパレス2で観て、こいつはネタバレちゃうあれだろふじき☆☆☆(ネタバレ) from ふじき78の死屍累々映画日記
五つ星評価で【☆☆☆こういう単刀直入に単純明快なホラ話は楽しい】宇宙人が攻めてきたが海兵隊は負けないぞ、という「本気か、筋肉バカ」みたいな映画なんだけど、海兵隊 ...
2011年10月01日(土)22時19分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from だらだら無気力ブログ!
見事にアメリカ万歳映画だった。
2011年10月02日(日)00時07分 受信
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」地球絶対絶命の危機 from soramove
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」★★★★☆アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペーニャ、Ne-Yo主演ジョナサン・リーベスマン 監督116分、2011年9月17日公開2011,アメリカ,ソ...
2011年10月02日(日)22時23分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from Diarydiary!
《世界侵略:ロサンゼルス決戦》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - WORL
2011年10月03日(月)21時51分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from そーれりぽーと
なんか今年はよー宇宙人が攻めてくる。『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観てきました。★★★アーロン・エッカートが急に激老けした?なんてところにばかり気をとられていたら、ミシェル・ロドリゲスが登場して超ア...
2011年10月04日(火)22時38分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from とりあえず、コメントです
アーロン・エッカート主演のSFアクション大作です。 予告編を観て、ハードそうな戦いだなあとちょっと怖くなりつつも気になっていました。 圧倒的な武器で侵略されていく展開に、うわーっと思いながらスクリーンを見...
2011年10月06日(木)00時01分 受信
シネトーク79『世界侵略:ロサンゼルス決戦』●海兵隊バンザイのエイリアン映画! それでいいの!? from ブルーレイ&シネマ一直線
三度のメシぐらい映画が好きなてるおとたくおのぶっちゃけシネトーク●今日のてるたくのちょい気になることシネ言「座席はやっぱり劇場内の中央がベストポジションやね」シネトーク79『世界侵略:ロサンゼルス決戦』...
2011年10月06日(木)04時03分 受信
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 from 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
海兵隊版インデペンデンス・デイ本当の戦場にドラマなんかない敵の弾をかいくぐり、敵を倒して生き延びる・・それのみの世界「Noretreat!」(退却NO!)評価は低いと聞いていたが、どう...
2011年10月14日(金)01時46分 受信
■映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 from Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
「マリーンズ最強!」「オレたちは例え死んでも民間人を守るぜ!!」「撤退NO!!!!」とばかりに、アメリカ海兵隊の戦士たちが、襲い来る謎のエイリアンからロサンゼルスの街を守ろうと必死で戦う映画『世界侵略:ロサンゼ...
2011年10月22日(土)05時04分 受信
映画「世界戦略:ロサンゼルス決戦」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2011/10/5、109シネマズ木場。貸切。もし我々夫婦が見てなかったら、無人の中で上映していたのだろうか。絶対ヒットしそうにない古臭い感のある邦題。原題は「Battle Los Angeles」だが、アメリカ以外分では多く...
2011年10月28日(金)11時09分 受信
映画:世界侵略:ロサンゼルス決戦 from よしなしごと
 エイリアンものは好きなんだけど、予告編を見ても目新しさを感じない。なのであまり期待せず観に行ってきました。と言うわけで今回は世界侵略:ロサンゼルス決戦です。
2011年11月14日(月)01時24分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) from Subterranean サブタレイニアン
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気...
2011年12月24日(土)14時13分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from 銀幕大帝α
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハ...
2011年12月24日(土)22時13分 受信
世界侵略:ロサンゼルス決戦 from いやいやえん
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのは...
2012年01月08日(日)10時10分 受信
2011年ベスト10 第 5位 世界侵略:ロサンゼルス決戦 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 本日は、2011年度ベスト10の続きを発表したいと思います。では、2011年度の第5位を紹介します。【題名】世界侵略: ロサンゼルス決戦【鑑賞手段】映画館【おすすめ度】超
2012年08月07日(火)12時55分 受信
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦…ヤッツケてみた(3)けど、割とキッチリ書けてる気もする from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
おお三日連続で記事アップ出来てますそんな記事は、ほぼ当日にヤッツケで書いてアップしていますということで映画観賞記録(ヤッツケ度★☆☆☆☆)「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(監督:ジョナサン・リーベスマン...
2012年08月29日(水)15時34分 受信

コメント一覧

投稿者:名無し 2011年12月04日(日)08時41分 編集・削除

たった十秒のコマでもトラウマになってる方々がいるのを忘れないでください

完全な個人主義であり映画バカですね

あなたみたいな人の事を考えられない人がこのようなweb上で感想を述べないでいただきたい 不快です

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年12月04日(日)09時59分 編集・削除

本当に「たった十秒のコマでもトラウマになってる」人のために映画公開を自粛しなければならない、というのであれば、公開延期どころか公開を中止すべきである、と言うことにならなければ筋が通らないでしょう。
自粛の本当の理由が「被災者に配慮した」などではなく、「その場の空気に逆らえなかった」「クレームが来るのを避けた」的な(映画会社側の)単なる自己都合の類でしかないことはこのことからも一目瞭然なのですが。

そもそも、「被災者という【絶対的な弱者】」を盾にして「自粛」という名の言論統制を行うなどという行為は到底容認できないですね。
「言葉狩り」や「非実在」などといったバカげた規制の類も、すくなくとも表面的にはそういった「弱者」への過剰な配慮から生まれたものなのですから。
第一、当時の過剰自粛は、当の被災者達ですら「自粛は止めてくれ」とWeb動画などで訴えていたりしていたくらいです。
「弱者への配慮」という名の言論統制で利益を得るのは「それを口実に規制を推進したがっている人間」だけで、当の弱者ですら利益どころか害をすら生み出すシロモノでしかないのです。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:774 2011年12月04日(日)23時03分 編集・削除

こういう意見もあるし、不謹慎と言って非難する人も
当然出てくるし、悪い噂でも流されたら売上低下やら、
最悪スポンサーからの打ち切りもありうるのですから、
自粛するのは当然では?

投稿者:774 2011年12月04日(日)23時53分 編集・削除

というか、ここのブログだけならまだしも
あちこちに出没して論争するのはいかがなものか。
真朱薫さんにケンカふっかけてましたよね?

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年12月05日(月)00時39分 編集・削除

>真朱薫さんにケンカふっかけてましたよね?

何のことですかそれは?

http://www.tanautsu.net/

投稿者:774 2011年12月05日(月)00時49分 編集・削除

http://www.google.co.jp/m/url?client=ms-hms-kddi-jp&ei=W5XbTojNHc7NkgXLmgE&q=http://www.geocities.jp/masoho_zero/&ved=0CCwQFjAH&usg=AFQjCNEWZbTrYMc4jv731PNQ7NtmhwSvSw
白き焔ブログってサイトで冒険風ライダーさんを見かけましたけれど、
心あたりはありませんでしたか?
真朱薫さんは流してましたけれど、かなり怒っていると思いますけど。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年12月05日(月)01時10分 編集・削除

>白き焔ブログ

初めて聞きましたよ、そんなブログ。
どうやら私の名前を騙っている人間がいるみたいですね。
白き焔ブログで私のHNを騙っている投稿は私のものではないことを、ここに明言しておきます。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:774 2011年12月05日(月)01時32分 編集・削除

そうなんですか。
気をつけて下さいね。
変な誤解で、トラブっても面倒ですし。

投稿者:S.K 2011年12月07日(水)18時34分 編集・削除

>774さん
別にいいんじゃないですか、
「事実はこうですよ」と
教えて差し上げたら
「知らねえよ、他所でやれ」
みたいに返す程度のヒトが何思っても。
ttp://blog.goo.ne.jp/masoho-zero/e/b9a23fcf2c8958f2a34717b104cce818

投稿者:被災者より 2012年01月14日(土)17時30分 編集・削除

>たった十秒のコマでもトラウマになってる方々がいるのを忘れないでください

この方の意見に同意です

たまたまこちらのサイトを見かけてしまった自分にガッカリです

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年01月14日(土)18時18分 編集・削除

前にも言いましたが、本当に「たった十秒のコマでもトラウマになってる」人がいるから映画公開は自粛すべきだというのならば、そもそも映画公開自体を永遠に中止しないと筋が通らないのでは?
「トラウマになってる」人は、たとえ50年後に映画を観賞したとしてもトラウマが蘇るでしょうし。
被災した人達に対して支援をするとか寄付をするとかいうのであればともかく、自粛などしたところで被災者の誰も救われないばかりか、自分達の経済を痛めつけるだけでしかありません。
現に、自粛でイベントが中止になったために資金の回収ができなくなり、倒産に追い込まれた企業だってあるのです。

まさか、当時の自粛が本当に「被災者のために」行われていた、なんて考えてはいないですよね?
口ではそう言っていても、その実態は単なるクレーム対策と自己都合でしかないのですよ、アレは。
現に「世界侵略:ロサンゼルス決戦」や「サンクタム」も、ほとぼりが冷めた頃になって普通に上映されたのですしね。
それが分かりきっているからこそ、「そんなことのために自粛なんかしないでくれ、本当に自粛するのであれば『被災者のために』などという偽善的かつ嘘っぱちな逃げ口上は言わないでくれ」と述べているのですが。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:一映画ファン 2012年01月27日(金)05時32分 編集・削除

直接被災していない都内在住の者ですら、該当シーンでは当時の状況がフラッシュバックしました。
連日の余震と、ニュース映像で体が覚えているのですね。

映画ファンと自称するぐらい、映画という想像力を養うエンターテイメントに接しているのですから、被災した方、近隣に住まわれている方の気持ちを想像出来る様になれると、もっと映画を楽しめる様になると思います。

がんばって成長する事を、一映画ファンとして、心待ちにしております。

投稿者:通りすがり 2012年01月27日(金)05時34分 編集・削除

っうか、ガマンしろwww
半年ぐらい(笑

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年01月27日(金)08時50分 編集・削除

>通りすがり
>一映画ファン

共に同じ「y086165.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp」というリモホから投稿して別人を装うという行為も感心できたものではないですが、被災者を絶対視して「自粛」という名の言論統制を行う行為を私は問題視しているのですけどね。
児童ポルノや「非実在」規制なども、すくなくとも表面的には「弱者に対する配慮」という錦の御旗を掲げて行われるのですし。
被災者を口実に全く同じことが行われないと、一体誰が保証しえるのですか?

http://www.tanautsu.net/

投稿者:きゃつきゃつ 2012年01月27日(金)12時33分 編集・削除

PTSDで悩まされる兵士の描写とかのシーンもあったろうに、何も感じないなんて、勿体な過ぎる…
映画ファンとしてwww

投稿者:saru 2012年02月21日(火)23時31分 編集・削除

私、都内在住ですので直接の被災者ではありませんが、帰宅難民になり計画停電の区域になる等迷惑は被りました。津波の映像は今見ても動悸がして胃が痛くなります。ましてや被災者の方にしたら1か月もせぬうちに「場を盛り上げるための津波」がある映画など「ちょっと空気を読んでくれ」となるのでは?公開の延期は妥当だと思いますよ?

>バカげた理由の「自粛」
>そんな「自粛」の類など、当の被災者達ですら望んでいたとは到底思えないのですが。
>映画ファンとしては何とも傍迷惑な話としか言いようがないですね(>_<)。

勝手に自分に都合よく被災者の気持ちを代弁した揚句、言葉狩りだなんだと勇ましいこと言ってますが、要するに楽しみにしてた映画の公開が遅れてムカついただけでしょ?

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年02月22日(水)01時02分 編集・削除

ではこういう動画の存在は一体どのように説明するのですか?
他ならぬ被災者自身が「自粛するよりも花見をしてお酒を飲んで欲しい」などと述べているのですが↓

http://www.youtube.com/watch?v=UY0FtSqrMBc&feature=player_embedded

それに何度も述べていますが、当時の「自粛」とやらが本当に「被災者のために」「被災者に配慮して」行われたなどというのは一種の幻想です。
そんなのは単なる口実でしかなく、実際のところは「クレーム対策」と「自己都合」が複合したものでしかなかったのです。
はっきり言いますが、そんな欺瞞に満ちた口実に基づいた「自粛」などというシロモノに一体何の価値があるというのです?
そんなことよりも、イベントや祭りなどで経済を回して被災者達を金銭的・物的に支援した方が、よほどに「被災者のため」になりますよ。
「チャリティー」という形態を取れば立派な支援活動としても成り立つのですし。
あの当時から既に言われていたことなのですけどね、これは。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:いち名無し 2012年03月26日(月)14時27分 編集・削除

私は被災者ではありませんし、これが一例になるかはわかりませんが
私は、いわゆる一般の人間とは違う、生まれつき差別される側の人間です。
だからといってそれを題材とした映画が出ても、嫌な気持ちはありませんし、ドラマやドキュメンタリーで馬鹿にされても仕方ないかw程度です。
まぁ、PTSDとか命の瀬戸際という大きな問題だと、別の問題なのかもしれませんが、当人はそこまで悲惨に思ってないかもよ、という程度でお願いしますw

不謹慎だと叫ぶのは一つの意見として良いのですが、叫ぶ人たちの中に、ほとんど被災した方が居ないのは如何なのでしょう?
ツイッター含み、ネットを見ていても、本当に今辛いからやめて欲しい、といっている人は見た記憶がありません。
(そういった活動をしている方々がいたならすいません、私の勉強不足です)
誰かを想い、遠慮するのは日本の良い所です。
でも、遠慮を強要してしまうのは、日本の悪い所だと思いますよ。

勿論、一切配慮なんてせず好きなことやれやー!とは思ってません。
何事も、ほどほどが一番です。

これは管理人様にですが、明らかな牙の見える書き込みは無視したりして対処した方がよろしいかと。
(全てではないにしろ)不謹慎を餌に煽りたいだけの方も、確かに居られますので……。

投稿者:被災者 2012年04月07日(土)01時16分 編集・削除

お前らバカか…
住む家ねーのに映画どころじゃねーんだよ

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー