記事一覧

映画「神様のカルテ」感想

ファイル 424-1.jpg

映画「神様のカルテ」観に行ってきました。
医師でもある夏川草介原作の同名小説をベースとした、地方医療における現実と患者の心の問題を描いたヒューマンドラマ系の作品。

物語の舞台は長野県松本市。
ここにあるそこそこ大きな総合病院である本庄病院で多くの患者を診る勤続5年の若き医師・栗原一止が主人公となります。
序盤の栗原一止は、表情というものがほとんどなく、目は虚ろで勤務中にしばしば独り言を呟き、さらには患者に対して淡々と事務的に対応しているかのような人物として描かれています。
重度のガン患者のひとりが危篤状態に陥った際も、その対応は事務的かつ淡々としたもので、その態度を新人の女性看護師・水無陽子に罵られていたりしています。
また、女性看護師が昼食に誘ったりする際も、「私には妻がいるから女性からの誘いには乗らないようにしているんだ」などという理由で断ったりするような「現実離れした堅物」的な一面も持ち合わせています。
その妻である栗原榛名は、作中でも長野の山々を撮影しているボランティア?の山岳写真家。
非常に良く出来た奥さんで、医師稼業で多忙を極めている夫を陰に日向に支える妻として描かれています。
趣味的には全く噛み合いそうにない上にお互い積極的でもなく、しかも恐ろしく堅物そうなあの2人が一体どうやって出会い、結婚にまで至ったのか、正直興味をそそられるところではありましたねぇ。
作中ではそのあたりの事情については全く語られませんでしたし。
まあWikipediaによれば、2人は結婚前も現在も居住している御嶽荘の住人同士という共通項があったそうなので、その縁から始まった夫婦関係ではあるのでしょうけど。

そんなある日、栗原一止にひとつの転機が訪れます。
本庄病院の消化器内科部長で栗原一止の上司でもある医師・貫田誠太郎が、信濃医科大学の研修に参加するよう栗原一止に勧めてきたのです。
勧められるがままに信濃医科大学の研修に参加した栗原一止は、大学の教授でその道の権威として知られる高山秀一郎にその医療技術を見込まれ、大学病院で勤務してみないかと誘われることになります。
より高度な最先端の医療技術を研究することが可能となる、万全の医療体制でより多くの患者を救うことも出来、もちろん自身の立身出世の道も開かれると、まさに良いことずくめの誘いであり、同僚で栗原一止の先輩である砂山次郎もまた誘いに乗るよう強く勧めてきます。
しかし、研修の最中に診断したひとりの女性の存在が、栗原一止のその後の動向に大きな影響を与えることになります。
安曇雪乃というその女性は、大学の研修では既に手の施しようがない末期ガン患者という方向で話がまとまっていきます。
そして、大学での研修を終え、再び本庄病院での勤務に勤しむ栗原一止の元に、如何なる理由でか栗原一止を探していた安曇雪乃が訪れるのです。
信濃医科大学病院で余命半年の末期ガンであると宣告された上に「その間に自分がやりたいことをやりなさい」と見捨てられたことを語る彼女に、栗原一止は「次の外来はいつにしましょうか?」と優しく語りかけるのでした。
それ以降、栗原一止は治癒の見込みがない安曇雪乃を本庄病院に受け入れるのですが……。

映画「神様のカルテ」では、患者の心の問題に医者がどのように接していくべきかについて、主人公が思い悩む姿が描かれます。
高度な技術力と的確かつ冷徹な判断力・決断力のみならず、患者の心の問題についても向き合っていくためのスキルを要求される上、医療関係者が最善の限りを尽くしても手の施しようがなく死んでしまう患者だって当然いるわけですから、医師という職種はなかなか難しいものがあります。
それだけでなく、診療しなければならない患者の許容量がオーバーしてしまい、重症患者を「たらい回し」しなければならない事態が発生することもありますし、そんな状況で患者が死んだ場合でさえ、遺族から罵倒どころか訴訟を持ち込まれることすらあるのです。
作中でも急患が受け入れられないと栗原一止が決断したり電話で話したりする場面がありましたし、「35時間連続労働」などという労働基準法を盛大に違反しているような問題を、現場の医師達がごく普通のことであるかのように話している場面があったりします。
主人公が医療現場の現実に悩み苦しむのも当然といえば当然ですね。

ただ、本当に医療問題の救いようがないところは、そういった多大な問題を抱え込んでいる日本の医療事情でさえ、世界的に見れば実は世界最高水準を誇っているという点なのですけどね。
大金持ちしかマトモな診療が受けられないアメリカ(1日の入院費用が数千ドル単位、個人破産の理由第一位が医療費等)や、診療までに恐ろしく時間がかかるイギリス(救急病院の待ち時間でさえ数時間以上はザラ、重症患者の入院・手術などは半年以上待ちが当たり前等)などの医療崩壊の実態は日本の比ではありませんし。
アメリカやイギリスにしてみれば、「神様のカルテ」で描かれている医療現場など「大多数の患者にとってありえない非現実的な理想郷」でしかないでしょうね。
日本以外の他国の人間がこの映画を観たらどんな感想を抱くのか、是非とも知りたいところではあります。

作中の描写の問題点としては、栗原夫妻が居住している御嶽荘の面々が突然のように現れるため、彼らの人間関係を理解するのに最初は苦労することが挙げられるでしょうか。
話が進むにしたがい、栗原夫妻と彼らが長年の親しい関係にあるらしいことは分かってくるのですが、原作を知らない私としては「この人達って誰?」「何故同じ屋根の下で一緒に暮らしているの?」と疑問符ばかり出ていました。
御嶽荘という住居自体、最初は「奥さんが経営している旅館か?」とすら考えていたくらいでしたし。
ただでさえ医療現場の描写に重点が置かれている中でこれらの事情をも一緒に説明するのは難しかったのでしょうし、それが学士との別れのシーンの感動を薄めるものではないのですが、その辺についてのフォローがもう少しあれば世界観の理解もしやすかったのではないかと。

ストーリーの路線としては、映画「星守る犬」のような「悲劇を伴うが未来に希望が抱ける感動ドラマ」に近いものがありますね。
作中に犬は全く出てきませんが(^^;;)。
そういう作品が好きという方であればオススメです。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/424
神様のカルテ from LOVE Cinemas 調布
『ハチミツとクローバー』で共演した櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマン...
2011年08月28日(日)03時07分 受信
神様のカルテ from 映画情報良いとこ撮り!
神様のカルテ医師が、不足している街で、医師を務めている栗原一止(いちと)。彼は、24時間、365日対応の病院で働いていた。そんな忙しさから、結婚記念日を忘れると言う事態に。妻は、カメラマンの榛名。末期がん患...
2011年08月28日(日)03時34分 受信
神様のカルテ from あーうぃ だにぇっと
8月14日(日)@FM TOKYOホール。この会場は1年1ヶ月ぶり。久しぶりに来てみて、あらためてひどい会場だなと確認(笑)。段差ゼロ、パイプ椅子で席のとりようがない。最前列は前にさえぎるものはないがスクリーン...
2011年08月28日(日)06時08分 受信
2011年8月19日 『神様のカルテ』 一ツ橋ホール from 気ままな映画生活
本日の2本目は、『神様のカルテ』 を試写会で鑑賞です。泣けますよでもね...【ストーリー】 自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院...
2011年08月28日(日)07時38分 受信
神様のカルテ from Akira's VOICE
ハートフルで好き。 
2011年08月28日(日)10時25分 受信
神様のカルテ from うろうろ日記
試写会で見ました。原作を読んでからの映画なので、なんで、桜井君はこんなパーマに?
2011年08月28日(日)11時47分 受信
「神様のカルテ」最期の時まで患者と親身に接した内科医と写真家夫婦のおくりびとストーリー from オールマイティにコメンテート
「神様のカルテ」は夏川草介原作の「神様のカルテ」を映画化した作品で、信州の松本市にある小さな病院に努める内科医が的確な診察で多くの患者が病院に訪れる。そんなある日末期 ...
2011年08月28日(日)21時25分 受信
神様のカルテ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
長野県松本市にある小さな病院を舞台に、孤軍奮闘する主人公が生き生きと描かれている。医者である栗原一止は救急担当の日になると限界までがんばり、末期がん患者には最期まで親身になって対応する。愚直なまでの患...
2011年08月29日(月)00時11分 受信
『神様のカルテ』 from 『映画な日々』 cinema-days
地方の救急医療内科医が一人の末期癌患者と出会い、改めて医療と向き合い直す...【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)原作:夏川草介 2010年本屋大賞第2位 公式 twitter 公式 facebook
2011年08月29日(月)01時22分 受信
映画『神様のカルテ』 from よくばりアンテナ
原作を読んだ時にもさんざん泣いちゃって、映画にもきっと泣かされるんだろうなと予想はしてました。原作がいいからといって、映画が必ずしも期待通りにはいかないことも多いのですが、この作品は期待を...
2011年08月29日(月)07時13分 受信
映画「神様のカルテ」を観ました!!(2011-09) from 馬球1964
映画「神様のカルテ」を観ました!!
2011年08月29日(月)08時02分 受信
【映画】神様のカルテ from ★紅茶屋ロンド★
<神様のカルテ を観て来ました>制作:2011年日本少し自粛していた試写会ですが、たまにはいいかなと思って久しぶりに一人で参加。嵐の櫻井翔君が主演という事もあって、劇場には女性が目立ちました。そしてあ...
2011年08月29日(月)15時14分 受信
神様のカルテ(2011-067) from 単館系
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名(宮...
2011年08月29日(月)21時57分 受信
神様のカルテ from 象のロケット
長野県・松本市。 青年内科医・栗原一止(くりはらいちと)は、医師不足ながら「24時間、365日対応」を掲げる小規模病院・本庄病院に勤務して5年目。 妻・榛名(はるな)との結婚記念日を忘れるほど多忙な毎日を送っ...
2011年08月30日(火)03時32分 受信
神様のカルテ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
神様のカルテ オリジナル・サウンド・トラック地方医療の現実や医師としての悩みを真摯に描くヒューマン・ドラマ。人を生かす仕事である医者とは、“死”の在り方にも責任がある職 ...
2011年08月30日(火)09時41分 受信
「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[神様のカルテ] ブログ村キーワード 長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。...
2011年08月30日(火)12時52分 受信
神様のカルテ from 勝手に映画評
夏川草介原作の大ヒット小説の映画化。小説では、『神様のカルテ3』のさわりまで書かれていますが、映画化に際しては、第1作である『神様のカルテ』をベースにしています。ただし、若干の設定変更があり、大狸先生...
2011年08月30日(火)16時05分 受信
劇場鑑賞「神様のカルテ」 from 日々“是”精進! ver.A
向き合う心を持つことが、大切・・・詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108300003/ 神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION= posted with amazlet at 11.08.24辻井伸行 avex CLASSICS (2011-07-2
2011年08月30日(火)16時55分 受信
『神様のカルテ』 ('11初鑑賞117・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6)8月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:25の回を鑑賞。
2011年08月30日(火)20時18分 受信
神様のカルテ〜医療版草枕 from 佐藤秀の徒然幻視録
「正」から「一」が抜けた人々公式サイト。夏川草介原作、深川栄洋監督。櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まり ...
2011年08月31日(水)22時26分 受信
『神様のカルテ』 from こねたみっくす
医者が向き合うのは病気か、それとも患者か。そのどちらかを選ぶかで、その医者が人生で何を残すのかが決まる。長野県在住の現役医師が書いた小説にして、本屋大賞にもノミネー ...
2011年09月01日(木)20時38分 受信
映画「神様のカルテ」 from FREE TIME
注目の映画「神様のカルテ」を鑑賞。
2011年09月01日(木)22時42分 受信
映画「神様のカルテ」何て書いてあるかも良く分からないけれどそれは from soramove
「神様のカルテ」★★★☆櫻井翔、宮崎あおい、加賀まりこ、吉瀬美智子、岡田義徳、池脇千鶴、柄本明出演深川栄洋 監督128分、2011年8月27日公開2010,日本,東宝(原作:原題:神様のカルテ ) >→  ★映画のブログ...
2011年09月02日(金)07時03分 受信
神様のカルテ from とりあえず、コメントです
夏川草介著の同名小説を映画化した医療&人間ドラマです。 原作がとても良かったので、映画はどんなふうになるのかなと楽しみにしていました。 医療の難しさと厳しさを感じると共に、何が大切かを考えさせられる作品...
2011年09月03日(土)11時37分 受信
『神様のカルテ』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ」□監督 深川栄洋 □脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、要 潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、       西岡徳馬、池脇...
2011年09月03日(土)12時21分 受信
「神様のカルテ」:演出力が足りてません from 大江戸時夫の東京温度
映画『神様のカルテ』は、「感動のベストセラーの映画化」としてあおってくる期待ほど
2011年09月04日(日)00時32分 受信
命は救えなくても、心は救える。〜「神様のカルテ」〜 from ペパーミントの魔術師
宮崎あおいが使ってたのはやっぱりオリンパスのカメラだったな〜踊る大捜査線の室井さんと青島じゃないが医療の現場でもこういう教授とこういう医師がお互いのやらなきゃいけないことを理解し連携してはじめてたくさ...
2011年09月04日(日)13時10分 受信
「神様のカルテ」 from 【映画がはねたら、都バスに乗って】
単なるアイドル映画だと思っていたでしょ。だって、観客は若いカップルばっかりだぜ。俺たちのとやかく言う映画じゃないだろ。ところがどっこい、人間こういう風に死にたいね、っていう映画でもあった。私たちおとな...
2011年09月06日(火)22時08分 受信
(映画) 神様のカルテ from ゼロから
ほんわかした栗原榛名。カメラマンという設定は、日常を描いた部分にぴったりです。本旅館に住む設定も面白いですね。
2011年09月08日(木)05時17分 受信
「神様のカルテ」 from お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
2011年・日本/配給: 東宝 監督: 深川栄洋 原作: 夏川草介 脚本: 後藤法子 音楽: 松谷卓 テーマ曲: 辻井伸行 製作: 市川南、小林昭夫、大西豊、藤島ジュリーK.、石田耕二、町田智子 現役
2011年09月10日(土)21時27分 受信
神様のカルテ from りらの感想日記♪
【神様のカルテ】 ★★★★  映画(44)ストーリー 美しい自然に囲まれた松本に暮らす栗原一止(櫻井 翔)は、本庄病院に勤めて5年目になる青
2011年09月11日(日)21時01分 受信
深川栄洋監督 「神様のカルテ」 from 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。
昨日(2011年9月10日)1カ月ぶりに劇場で映画鑑賞。選んだ映画が映画だっただけに、やっぱアベックや女の子同士で観にきてるのが多かった(^m^:)公式サイト⇒http://www.kamisamanokarute-movie.jp/index.html【あらすじ...
2011年09月13日(火)10時10分 受信
神様のカルテ from 映画的・絵画的・音楽的
 『神様のカルテ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。(1)TVの前宣伝に煽られたことと、宮崎あおいを久し振りで見てみようということで、映画館に行ってきました。 映画は、松本市の本庄病院に勤務する医師・栗原(櫻井翔...
2011年09月14日(水)06時10分 受信
神様のカルテ from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベストセラーを映画化。夏目漱石の熱烈な読者である内科胃の主人公が、末期がん患者との触れ合いの中で、本物の医療とは何かと自問自答してい ...
2011年09月15日(木)15時57分 受信
神様のカルテ from だらだら無気力ブログ!
日本ドラマ    * * * * * * * *長野県在住の現役医師のデビュー小説にして2010年の本屋大賞にもノミネートされた同名ベストセラーを、「ハチミツとクローバー」「ヤッターマン」の櫻井翔と「ソラニン」「オカ...
2011年09月24日(土)23時42分 受信
■映画『神様のカルテ』 from Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
嵐の櫻井翔と宮崎あおいがほんわか夫婦を演じる映画『神様のカルテ』。地域医療に真摯に取り組む青年医師・イチを櫻井翔が、そのイチを支える風景写真家の妻・ハルを宮崎あおいが演じています。ある種の理想的な医師...
2011年10月06日(木)02時29分 受信
神様のカルテ from C'est joli〜ここちいい毎日を〜
神様のカルテ'11:日本◆監督:深川栄洋「洋菓子コアンドル」「白夜行」◆出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳◆STORY◆勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、 ...
2011年10月24日(月)16時38分 受信
映画『神様のカルテ』を観て from kintyre's Diary 新館
11-57.神様のカルテ■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■入場料:0円(招待券)□監督:深川栄洋□原作:夏川草介□脚本:後藤法子□撮...
2011年11月06日(日)22時07分 受信
映画「神様のカルテ」批評 ラストは泣けます(p´□`q)゜o。。 from ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て
神様のカルテ観ましたよー(◎´∀`)ノ 本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベスト
2012年02月26日(日)00時02分 受信

コメント一覧

投稿者:サクラ 2011年08月31日(水)20時02分 編集・削除

嵐、櫻井翔の神様のカルテを見て、とてもすばらしい作品出した。友達も感動で泣いてしまいました。
とてもお進めデス!ぜひ見て下さいネ!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー