記事一覧

映画「シャンハイ」感想

ファイル 423-1.jpg

映画「シャンハイ」観に行ってきました。
1941年10月~12月の大東亜戦争(太平洋戦争)勃発前夜の上海(シャンハイ)を舞台に繰り広げられる、アメリカ・中国合作のサスペンス作品。
ハリウッド映画でしばしば登場する日本人俳優・渡辺謙が主演している映画でもあります。
渡辺謙が出演している映画を私が観るのは、映画「インセプション」以来になりますね。

物語の冒頭は、何故か拷問を受けている主人公の描写から始まります。
拷問を受けた主人公が部屋に呼び出され、女の所在を尋ねる日本軍情報部の軍人であるタナカ大佐の描写が、観客には何のことか分からぬまま映し出されます。
そしてその直後に物語は2ヶ月前の始まりのシーンまで巻き戻されることになります。
この辺りの構成は、実は冒頭の描写が終盤のそれと繋がることになる映画「インセプション」と全く同じ構図だったりするんですよね。
やはり同じ渡辺謙出演作品ということで意識されでもしたのでしょうか?

冒頭の描写に繋がる事件の発端は、1941年10月頃に、主人公ポール・ソームズが上海のアメリカ諜報員として赴任してきたことから始まります。
ポールは、同じ諜報員にして親友でもあるコナーと、カジノで落ち合う約束をしていました。
ところが肝心のコナーは、スミコという女性を逃がすための車に乗り込もうとした際に何者かによって殺害されてしまい、当然のごとくカジノに来ることはできなかったのです。
代わりにポールの元に現れたのは、ひとりの中国人女性。
ポールはその女性とポーカー勝負を行うことになるのですが、ポールの掛け金がコイン50枚だったのに対し、女性は10倍の500枚を提示します。
それを挑発と受け取り、持ち金全部を掛け金にしたポールはスリーカードの9で勝負をするのですが、女性の持ち札はスリーカードのクィーン、結局見事に惨敗してしまいます。
しかし女性はその1勝負をしただけであっさりと席を立ち、その場を去っていくのでした。
その後、アメリカ領事館からの迎えでポールは海軍諜報部へと向かうことになるのですが、そこで待っていたのは殺された友人コナーの変わり果てた姿でした。
上司であるリチャード・アスター大佐から、コナーは上海の日本租界で殺害されたこと、そしてコナーが上海三合会のボスであるアンソニー・ランティンの調査をしていたこと、そしてアンソニー・ランティンが日本軍と深い関係にあることを知らされるポール。
上海ヘラルドという新聞の記者としての偽りの身分を得、ポールはアンソニー・ランティンが出席するドイツ領事館のパーティに潜入することになります。
そして首尾良くアンソニー・ランティンと直接会話する機会を得ることに成功したポールは、アンソニー・ランティンから2人の人物を紹介されます。
ひとりはアンソニー・ランティンの友人である日本軍情報部のタナカ大佐。
そしてもうひとりはアンソニー・ランティンの妻で、何よりもカジノでポールとポーカー勝負を行い敗北させたアンナ。
この4人を中心に、以後の物語は動いていくことになります。

映画「シャンハイ」は、舞台がちょうど大東亜戦争(太平洋戦争)勃発前夜ということもあり、「あの」真珠湾攻撃絡みのネタも出てきます。
作中では、殺害されたアメリカ諜報員であるコナーが、上海の港に停泊していた空母「加賀」についても調べており、またポールが上海沖にいる日本艦隊の様子を観察し、「加賀」をはじめとする9隻の船がいなくなっているという事実を確認するシーンもあります。
空母「加賀」は1941年12月の真珠湾攻撃に参加しており、この攻撃の準備のために上海沖から秘密裏に姿を消していた、という筋書きに作中ではなっているわけですね。
ただ、これにはひとつ問題があって、実はポールが「加賀」がいないことを確認した際、同時に空母「赤城」がいることも一緒に確認しているんですよね。
実は「赤城」も「加賀」と同じく真珠湾攻撃に参加しているので、真珠湾攻撃が目的だったのであれば、上海から「加賀」だけがいなくなって「赤城」は健在、ということは本来ありえないのです。
何故こんなチグハグなことが起こっているのか、という方がむしろ私的には疑問でしたね。
もっとも、ポールが上海沖の日本艦隊を確認した時、艦隊の周囲には濃い霧がかかっていましたし、遠目からの観察とならざるをえなかったことから艦種を間違っていた、また日本側も偽装工作として遠目からは艦隊に見えるような工作を施していた、という可能性もなくはないのですが……。

映画「シャンハイ」を観ていて思ったのは「作中の男性達は皆女性に恵まれてないなぁ」でしたね。
主人公ポールは奥さんと別れた経歴を持っていますし、タナカ大佐も上海赴任直前に奥さんが男を作った挙句に駆け落ちで逃げられたと告白するシーンがあります。
そして、妻帯者であるはずのアンソニー・ランティンは、妻アンナのことを(少々ストーカーじみたところはあったにせよ)熱烈に愛し、かつそのために何でもするような献身的な人物であったにもかかわらず、肝心の妻には全く愛されておらず、それどころかポールと抱擁するシーンが披露されたりする始末。
妻の安全を優先するあまり、それまで良好な関係を築いてきたはずの日本軍に牙を向いたりしていたのに、そこまでやってもアンナの愛はアンソニーに向けられることはなかったのですから、正直哀れみを誘うものがありましたねぇ。
アンナにとって、アンソニーは自分の安全と利害を守るための道具でしかなかったと言わんばかりでしたし。
アンソニーはアンナに愛されていないという自覚は当然あったでしょうし、だからこそ「(アンナに)近づく男は殺す」みたいなことをやっていたのでしょうね。
カネもあれば愛人だって囲っていたりしているのに、アンソニーはアンナのどこがそんなに気に入っていたのでしょうか?

サスペンスがメインストーリーということもあってか、アクションシーンは控えめの映画ですね。
内容はかなり複雑で政治的要素も濃いので、良くも悪くも大人向けの作品と言えるでしょうね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/423
■『シャンハイ』■ from 〜青いそよ風が吹く街角〜
2010年:アメリカ映画、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、菊地凛子、渡辺謙出演。
2011年08月27日(土)04時39分 受信
劇場鑑賞「シャンハイ」 from 日々“是”精進! ver.A
日米開戦直前の愛憎劇詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108200004/ SO BEAST (初回限定盤A)(DVD付) posted with amazlet at 11.08.17BEAST ファー・イースタン・トライブ・レコーズ (2011-08-10)売
2011年08月27日(土)06時02分 受信
シャンハイ from あーうぃ だにぇっと
8月12日(金)@一ツ橋ホール。今日から夏の短期休暇。(笑)たまりに溜まったお仕事を片付け、夕方から一ツ橋ホールに出かけた。この時期の東京は人も車も少ない。他県ナンバーの車の比率が普段より高い。慣れて...
2011年08月27日(土)07時16分 受信
シャンハイ / SHANGHAI from 我想一個人映画美的女人blog
ランキングクリックしてね ←please clickジョン・キューザック×コン・リー×チョウ・ユンファ×渡辺謙 ジェニファー・アニストン×クライヴ・オーウェン主演の『すべてはその朝...
2011年08月27日(土)08時59分 受信
シャンハイ(2010) from 佐藤秀の徒然幻視録
隅っこのスミコ公式サイト。原題:SHANGHAI。ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、コン・リー、渡辺謙、チョウ・ユンファ、菊地凛子、ジェフリー・ディーン・モー ...
2011年08月27日(土)09時02分 受信
シャンハイ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
40年代の上海の猥雑な空気が伝わってくるような映像が魅力的。だが、サスペンスとラブストーリー、どちらも中途半端になってしまった。欧米各国や日本の思惑が入り乱れる1941年の中 ...
2011年08月27日(土)09時10分 受信
試写会「シャンハイ」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2011/8/8 一ツ橋ホール。第2次大戦開戦前夜の中国で、日米中が諜報部員の活躍によって、お互いの行動を探りながら、それでもなお戦争に突入してしまう緊迫の情報戦だと思い、実はかなり期待していた映画。ま...
2011年08月27日(土)09時46分 受信
シャンハイ from とりあえず、コメントです
太平洋戦争前夜の上海を舞台に、様々な想いと愛に動かされていく男女の姿を描いたサスペンスです。 話題のキャストと、1941年の上海がどんな状況だったのか興味があって気になっていました。 “魔都”と呼ばれた上海で...
2011年08月27日(土)11時41分 受信
映画 「シャンハイ」 from ようこそMr.G
映画 「シャンハイ」
2011年08月27日(土)12時45分 受信
シャンハイ from sailor's tale
Lady Double Dealer
2011年08月27日(土)14時00分 受信
シャンハイ from うろうろ日記
試写会で見ました。前説の三木(真理子)さん、すっごいステキでした。なんで、誰も褒
2011年08月27日(土)15時03分 受信
映画「シャンハイ」@ヤクルトホール from 新・辛口映画館
 試写会の主権はぴあさん。ぴあ恒例の3夜連続試写会の最終日で、休刊の決まったぴあ主権の最後の試写会だそうだ。映画上映前にはぴあ編集長からの挨拶があった。客入りは8割くらい、客年齢は高い。
2011年08月27日(土)17時20分 受信
『シャンハイ』 ('11初鑑賞114・劇場) from みはいる・BのB
☆☆★-- (10段階評価で 5)8月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。
2011年08月27日(土)20時11分 受信
『シャンハイ』 from こねたみっくす
太平洋戦争開戦前夜、東洋の魔都・上海。そこで繰り広げられる国家ではなく5人の男女関係だけを揺り動かす、別に1941年の上海が舞台じゃなくてもいいやん!な物語。ジョン・キュ ...
2011年08月27日(土)21時20分 受信
シャンハイ    SHANGHAI from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
上海出身の映画製作者マイク・メダヴォイが企画して、太平洋戦争勃発直前の上海を舞台にして入り乱れた租界に暮らす男女の様子を描いたサスペンスだ。登場人物が下の者に指揮しているうちは重厚的だったけど、現場で...
2011年08月27日(土)21時24分 受信
シャンハイ from 象のロケット
1941年、太平洋戦争勃発前夜の上海に降り立った米国諜報部員ポールは、親友だった同僚コナーの死の真相究明に奔走する。 コナーには行方不明になっている日本人の愛人スミコがいた。 日本人と取引している犯罪組織...
2011年08月27日(土)21時29分 受信
シャンハイ from はるみのひとり言
シャンハイ 試写会で見て来ました。見てから一週間くらい経つので、すでに記憶が薄れてかけてるんですが・・・太平洋戦争開戦前夜の魔都・上海。米国諜報員のポールは同僚で親友コナーの死の真相を突き止めるため上...
2011年08月27日(土)21時50分 受信
シャンハイ(試写会) SHANGHAI from まてぃの徒然映画+雑記
チョウ・ユンファ周潤發やコン・リー鞏俐、渡辺謙などアジアのスターが結集したサスペンスドラマ。1941年、上海はアメリカやイギリス、フランス、ドイツそして日本といった列強の租界となっていて、抗日ゲリラが暗躍...
2011年08月27日(土)22時10分 受信
「シャンハイ」みた。 from たいむのひとりごと
アジアのスター勢ぞろいともなれば、観るしかないじゃないか!な気分で鑑賞。舞台は第2次世界大戦前後の”上海”。各国や個人の様々な思惑が交差し入り乱れた”魔都”と呼ばれる地で起こった米国人諜報員の殺害。サ
2011年08月27日(土)22時33分 受信
『シャンハイ』 from ・*・ etoile ・*・
'11.08.11 『シャンハイ』(試写会)@明治安田生命ホールyaplog!で当選。いつもありがとうございます! これは予告を見て気になってた。ジョン・キューザック好きだし☆*ネタバレあり、ごめんなさい!辛口です(涙)「日米...
2011年08月28日(日)05時19分 受信
『シャンハイ』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト「シャンハイ」□監督 ミカエル・ハフストローム□脚本 ホセイン・アミニ□キャスト ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、渡辺 謙、菊地凛子、デビッド・モース■鑑賞...
2011年08月28日(日)10時31分 受信
シャンハイ from 青いblog
解説 監督: ミカエル・ハフストローム - 出演者: 渡辺謙, 菊地凛子, チョウ・ユンファ, ジョン・キューザック, コン・リー - : 米俳優のジョン・キューザック、香港出身のチョウ・ユンファ、日本...
2011年08月28日(日)12時27分 受信
[映画『シャンハイ』を観た(短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆試写会が当たりました^^ 渡辺謙と菊池凛子とミカエル・ハフストローム監督(トルシエ似)の舞台挨拶もありまして、私は、あまり、かような派手な試写会は経験なかったので嬉しかったです。 ・・・へーっ、舞台...
2011年08月28日(日)21時15分 受信
*シャンハイ* from Cartouche
               ***STORY***                  2010年  アメリカ=中国 1941年の上海には、イギリス、アメリカ、日本など列強各国が租界を...
2011年08月28日(日)22時13分 受信
シャンハイ from 新・映画鑑賞★日記・・・
【SHANGHAI】 2011/08/20公開 アメリカ PG12 105分監督:ミカエル・ハフストローム出演:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、フランカ・ポテンテ、ジェフリー・ディーン・モーガン、菊地凛子、ベネディクト...
2011年08月28日(日)23時33分 受信
シャンハイ from miaのmovie★DIARY
【Shanghai】2010年 アメリカ・中国・日本1941年、太平洋戦争勃発前夜の上海。日本軍占領下の混沌としたこの街に、米国諜報部員ポール(ジョン・キューザック)が降り立つ。彼の目的は、親...
2011年08月29日(月)16時08分 受信
「シャンハイ」感想 from 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
 太平洋戦争直前の1941年。列強犇めき合う上海を舞台に、ある殺人事件の裏に隠された巨大な陰謀に挑むアメリカ人諜報部員の姿を描く。  構想10年、制作費約50000000ドル、ジョン・キューザック、チョウ・ユン...
2011年08月29日(月)19時07分 受信
シャンハイ from 風に吹かれて
男は女に勝てない 公式サイト http://shanghai.gaga.ne.jp監督: ミカエル・ハフストローム  「1408号室」1941年の上海。いくつもの国がその都市を分け合い、睨み合っていた
2011年08月30日(火)09時42分 受信
『シャンハイ』 半分の満足 from Days of Books, Films
Shanghai(film review) 『シャンハイ(原題:Shanghai
2011年08月31日(水)13時24分 受信
シャンハイ from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に、米国、日本、中国など各国の人々が己の信念をかけて生き抜こうとする物語を、スウェーデン出身で「1408号室」のミカエル・ハフストローム ...
2011年08月31日(水)14時35分 受信
シャンハイ from そーれりぽーと
観たいと言うのでノーマークだった『シャンハイ』を観てきました。★★★★日本、中国、アメリカのそれぞれがまだ混沌とした中で均衡を保っていた太平洋戦争開戦前夜の上海が舞台。中国寄りなシチュエーションの為、...
2011年09月01日(木)00時15分 受信
シャンハイ 戦史ものでありスパイものであり恋愛ものであり・・・上海租界さながらに複雑〜 from 労組書記長社労士のブログ
 今日は先日購入した製本機(なんと40万円もするねんで!)を使って、明後日のうちの労組の一つ上のローカルセンターとしての位置づけの労組連合会の、定期大会の議案書を作った。86ページの冊子、コツがわからず10冊...
2011年09月01日(木)12時17分 受信
シャンハイ☆独り言 from 黒猫のうたた寝
ジョン・キューザックに渡辺謙、コン・リーにチョウ・ユンファと菊池凛子。豪華なキャスティングで太平洋戦争前夜の上海を舞台にしたアメリカと中国と日本の微妙な思惑を含んだ関係。いつ崩れるかもわからない均衡・...
2011年09月03日(土)09時41分 受信
シャンハイ from Diarydiary!
《シャンハイ》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - SHANGHAI 194
2011年09月03日(土)21時19分 受信
シャンハイ from 映画的・絵画的・音楽的
 『シャンハイ』を渋谷シネパレスで見てきました。(1)終戦記念日の後で、時期的にはある意味でふさわしいのではないかと思い、映画館に出かけてきました。 映画は太平洋戦争直前(1941年)の上海を舞台としています...
2011年09月04日(日)08時06分 受信
■映画『シャンハイ』 from Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
太平洋戦争勃発前夜の上海を舞台に、アメリカ人スパイのジョン・キューザック、日本軍人の渡辺謙、上海の裏社会のドン、チョウ・ユンファと、その妻、コン・リー、そして謎の日本人女性、菊地凛子が交錯する映画、『...
2011年09月08日(木)10時13分 受信
シャンハイ from 迷宮映画館
いろいろともったいない感じもしたが、上海の雰囲気は出てたんで、○
2011年09月08日(木)20時13分 受信
映画『シャンハイ』 from よくばりアンテナ
今日、2本目の観賞。ワーナーマイカルでふたりデイ(2人で2000円)っていいですねv太平洋戦争勃発直前の上海を舞台に、アメリカ・中国合作のサスペンス。事前に情報を見ることなく、戦争直前...
2011年09月09日(金)16時48分 受信
シャンハイ from こんな映画見ました〜
『シャンハイ』---SHANGHAI---2010年(アメリカ)監督:ミカエル・ハフストローム出演:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ 、ジェフリー・ディーン・モーガン 、菊地凛子 、デヴィッド・モース、渡辺謙 19...
2011年09月23日(金)14時36分 受信
映画:シャンハイ from よしなしごと
 シャンハイを見てきました。
2011年10月16日(日)11時04分 受信
映画レビュー 「シャンハイ」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)
シャンハイ  原題:Shanghai【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】日米開戦前のシャンハイを舞台にし、複雑に絡み合った人間模様を描くヒューマンストーリー。ジョン・キューザック、コ...
2011年11月24日(木)00時59分 受信

コメント一覧

投稿者:KGR 2011年08月27日(土)09時51分 編集・削除

こういう映画を見るとやっぱり映画の出来はストーリー(脚本)だなと思います。
豪華なセットを作り、うまい俳優をキャスティングしても中身が薄っぺらでは面白くない気がします。

>皆女性に恵まれてないなぁ
これは私も思いました。
アンソニーもポールもですが、私が一番思ったのはタナカ。
妻に逃げられ、娼婦に入れあげ、嫉妬の末に(その時点ではスパイと知らなかった)アメリカ人を軍部を使って射殺。
日本軍を擁護するわけではありませんが、帝国軍人として情けなくないでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/thiroi/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年08月27日(土)11時04分 編集・削除

>KGRさん
仕事一筋の男が家庭を顧みず、それ故に家庭内で問題を抱えているという構図自体は現実でも結構あります。
作中の男性達は皆社会的には一定の成功を収めているわけですし、奥さんとの関係が微妙だったのはそういう部分もあったのではないかなぁ、と。

あと、タナカ大佐が諜報員を殺害した件については、仮にタナカ大佐がそのことを事前に知っていたとしても、やはり同じく「私は知らなかった」と言うしかなかったのではないでしょうか?
一国の要人が他国の要人の殺害に関与していた、ということになれば、下手すれば宣戦布告の口実にもなりかねないのですし。
あの当時の日本は開戦直前までアメリカとの戦争を回避したがっていましたし、自分が殺させたのが実はアメリカ領事館の関係者だと知った時、タナカ大佐が内心青ざめていたであろうことは想像に難くありません。
何故ターゲットの男性がスミコにこだわったのか、殺害する前にもう少し背景事情を調べろよ、とは思いましたが。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー