記事一覧

映画「ツリー・オブ・ライフ」感想

ファイル 420-1.jpg

映画「ツリー・オブ・ライフ」観に行ってきました。
……しかしいきなりで何なのですが、この映画、製作者達が一体何をテーマにしたかったのかすらも意味不明な作品構成です。
一応公式サイト等の紹介によれば、1950年代のとある家族にスポットを当てた物語とのことなのですが、作中では何故か数十億年前の地球&生物の誕生、および進化の過程や恐竜などが描かれていたりします。
作中の登場人物がしゃべるセリフも非常に少なく、モノローグによる進行がメインだったりします。

この映画のストーリーはとにかく支離滅裂。
作中の冒頭は「(主人公の弟で)家族の次男が(不慮の事故か何かで)死んだ」という話から始まり、そこからしばらくは次男のものと思しき部屋や悲嘆に暮れる両親のシーンが描かれます。
そして、同じく悲報に接した壮年の男性ジャックが、高層ビルのエレベータに乗りながら昔を回想し始め、幼き日の思い出が映し出される……はずだったのですが、そこから始まったのは、この記事の冒頭で言及した数十億年前の地球&生物の誕生、および進化の過程や恐竜などだったりするわけです。
弟の死と地球創生に一体何の関係があるのかと目を皿のようにして注意深く映画を観賞していたのですが、その関連性は最後まで全く明らかになりませんでした。
もちろん、あれらの地球創生絡みの描写が、この後にメインで描写されることになる家族の話の伏線だったりキーワードだったりすることもありません。
この意味不明な描写の数々は物語終盤にも大量に盛り込まれていて、正直「何故こんな描写を入れなければならないのか?」と考えずにはいられませんでしたね。
作中では何度も聖書の文言がモノローグとして語られていましたし、おそらくはキリスト教絡みの神性を強調する意図でもあったのかとは思うのですが、それにしても抽象的かつ物語的な意味が無さ過ぎます。

しかも、その意味不明の描写を経てようやく始まった家族話自体、「次男の死」から始まっているにもかかわらず、肝心の次男についてのエピソードが圧倒的に少なく、メインの扱いには全然なっていないんですよね。
今では使用が禁止されている農薬・DDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の屋外散布が象徴している1950年代のテキサス州を舞台に繰り広げられる家族話は、長男である主人公が生まれてから、父親の都合で他所へ引っ越すまでのエピソードが描かれているのですが、メインとなっているのは「何かと子供達に厳しく当たる父親との確執」だったりします。
しかも最後を締めるエピソードも「父親が子供達に厳しく接した理由の告白」と「父親との和解」みたいなシロモノでしたし。
これでは次男の死から回想を始めなければならない必然性自体がないとすら言えます。
冒頭の描写は、次男ではなく父親が死んだということにしていた方が、回想エピソードとの整合性が取れたのではないでしょうか?
しかも、物語を構成する各エピソードがあまりにも飛び飛び過ぎて、物語の全体像というものが非常に把握しにくい構成になっています。
まあ製作者的には「子供に厳しい父親」「それに耐える子供達」という構図を表現することを至上命題としていたのでしょうが、起承転結というものがまるでなっていないというか……。
ブラッド・ピットをはじめとする俳優さん達の演技そのものは決して悪いものではなかったのですが、意味不明な演出の数々とストーリーの支離滅裂ぶりは評価のしようがありませんね。

映画「ツリー・オブ・ライフ」は、カンヌ国際映画祭で最高の賞となるパルム・ドール賞を受賞しているとのことです。
しかし、作品としてのストーリーが全く成り立っていない感すらあったあの作品構成の一体どこに賞に値するものがあったというのか、個人的にははなはだ疑問に思わざるをえませんでしたね。
国際的な映画の評価基準というのは一体何をベースにしているのか、そもそもそういう評価自体本当に信用に値するものなのか、とすら考えてしまいましたし。

久々に「盛大にハズレている」映画を観てしまった、というのが率直な感想ですね。
私的に他人にオススメできる映画とは到底言えたものではありません。
今年観賞する映画どころか、これまでの映画観賞歴の中でもワーストクラスに数えられるであろう駄作とすら言えますね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/420
生命の不思議。『ツリー・オブ・ライフ』 from 水曜日のシネマ日記
第64回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した作品です。
2011年08月16日(火)22時53分 受信
ツリー・オブ・ライフ/ブラッド・ピット、ショーン・ペン from カノンな日々
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『ニュー・ワールド』のテレンス・マリック監督の作品です。予告編を観ると壮大なドラマという感じなんですけど、そのお話の中身は複雑そ ...
2011年08月16日(火)22時56分 受信
*『ツリー・オブ・ライフ』* from 〜青いそよ風が吹く街角〜
2011年:アメリカ映画、テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン、フィオナ・ショウ、 ハンター・マクケラン出演。
2011年08月16日(火)22時58分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 佐藤秀の徒然幻視録
宇宙の一生と人間の一生公式サイト。原題:THE TREE OF LIFE。テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ ...
2011年08月16日(火)22時59分 受信
地球誕生と輪廻。 【映画】ツリー・オブ・ライフ from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら
【映画】ツリー・オブ・ライフ『シン・レッド・ライン』テレンス・マリック監督ブラッド・ピットとショーン・ペンを迎えた壮大な家族物語【あらすじ】1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小...
2011年08月16日(火)23時05分 受信
ツリー・オブ・ライフ from LOVE Cinemas 調布
本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペンのハリウッドを代表するスター...
2011年08月16日(火)23時08分 受信
テレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』Nature : Grace、FATHER : MOTHER、Micro : Macro… from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容に触れています。『地獄の逃避行』『天国の日々』『シン・レッド・ライン』『ニュー・ワールド』と全作品が挙げられるぐらい寡作テレンス・マリック監督の最新作『ツリー・オブ・ライフ』。出演はブラッド・
2011年08月16日(火)23時17分 受信
映画レビュー「ツリー・オブ・ライフ」 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack)◆プチレビュー◆伝説の監督テレンス・マリックの世界観が炸裂する映像詩。家族とその存在意義を地球の起源まで遡って問いかける。 【70点 ...
2011年08月16日(火)23時55分 受信
[映画『ツリー・オブ・ライフ』を観た(短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆正直、きつかったなぁ。 最初の30分間くらい、延々と「宇宙/地球/生命創造」のイメージ画像が続く。 「物語」で進んでくれているわけじゃないので、退屈なことこの上ない。 でも、恐竜時代のトコでは、妙にC...
2011年08月17日(水)00時20分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★【3点】(10)眠い!とにかく眠くなった(爆)
2011年08月17日(水)02時28分 受信
劇場鑑賞「ツリー・オブ・ライフ」 from 日々“是”精進! ver.A
人生を、見つめ直しませんか・・・詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108120004/ The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack) posted with amazlet at 11.08.09Tree of Life Lakeshore Records
2011年08月17日(水)05時13分 受信
ツリー・オブ・ライフ from あーうぃ だにぇっと
7月25日(月)@よみうりホール。いよいよ公開が近づいてきた問題作(笑)。
2011年08月17日(水)05時34分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyaz...
2011年08月17日(水)08時15分 受信
ツリー・オブ・ライフ from とりあえず、コメントです
『シン・レッド・ライン』のテレンス・マリック監督最新作です。 実は『シン・レッド・ライン』も『天国の日々』未見で、この監督さんの作品を観るのは初めてです。 噂通りの映像美と、何でも感じられるようでいて答...
2011年08月17日(水)08時56分 受信
ツリー・オブ・ライフ from Akira's VOICE
天地創造。生々流転。 
2011年08月17日(水)10時42分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 ('11初鑑賞109・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7)8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 12:50の回を鑑賞。
2011年08月17日(水)10時54分 受信
試写会「ツリー・オブ・ライフ」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2011/7/28、よみうりホール。   ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン*頑固、亭主関白な親父(ブラッド・ピット)、優しくて寛容な母親(ジェシカ・チャステイン)には、3人の息子...
2011年08月17日(水)11時18分 受信
*ツリー・オブ・ライフ* from Cartouche
    1950年代半ばの中央テキサスの小さな田舎町。幸せな結婚生活を送るオブライエン夫妻と、彼らの子供である3人の兄弟。父は、信仰に厚く、男が成功するためには“力”が必要だと考えている厳格な男。母は...
2011年08月17日(水)11時33分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 from まいふぇいばりっと ゆる日記
   「The Tree of Life」ブラッド・ピット×ショーン・ペン×テレンス・マリック。それ聞いただけでもワクワクするのに、さらにカンヌ映画祭でパルムドール ときたらもう絶対観たーい!ありがたいことに 東京独女スタイ...
2011年08月17日(水)15時24分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 from こねたみっくす
この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ...
2011年08月17日(水)17時14分 受信
「ツリー・オブ・ライフ」みた。 from たいむのひとりごと
まるで芸術作品のような映画。この映画は、感想としてわかったような事を書きたくないと思う作品。ただひたすら自分が感じたことをモヤモヤと考えるだけで、その考えが纏まらないから書けないとも言える。とても簡単
2011年08月17日(水)17時42分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 象のロケット
成功した実業家ジャックは、少年時代を回想する。 1950年代のアメリカ・テキサス州。 厳格な父が家長として全てを取り仕切る家の中で、育ち盛りの3兄弟は、父のいないところでしか自由に伸び伸びと振る舞えない。 ...
2011年08月17日(水)20時05分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 小部屋日記
The Tree of Life(2011/アメリカ)【劇場公開】監督・脚本: テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット/ショーン・ペン/ジェシカ・チャステイン 父さん、その時あなたは、僕に何を求めたのだろう・・・?三か月ぶりの...
2011年08月17日(水)20時19分 受信
初日は金曜日 from まぜごはん
先週は日曜日(7日)に働いたのでその代休を金曜日(12日)にもらいました。朝イチに歯医者さんへ行きクリーニングしてもらい、その後映画に行くことに。金曜日と言えば「上映最終日」初日は土曜日というイメージ...
2011年08月17日(水)20時22分 受信
ツリー・オブ・ライフ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
名匠テレンス・マリックが脚本・監督を担当した、旧約聖書の創世記の世界感と1950年代の強権的父親を持った家族の物語が融合された映画だ。説明的セリフが一切ないので、映像から伝わってくる事象を理解しながら物語...
2011年08月18日(木)00時01分 受信
ツリー・オブ・ライフ from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
ブラッド・ピットとショーン・ペンというハリウッドを代表する2大演技派スターが初共演を果たし、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた話題作!監督を務めるのは ...
2011年08月18日(木)10時59分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 新・映画鑑賞★日記・・・
【THE TREE OF LIFE】2011/08/12公開 アメリカ 138分監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェ...
2011年08月18日(木)11時19分 受信
ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ… from 労組書記長社労士のブログ
 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い! かつ...
2011年08月18日(木)12時42分 受信
映画「ツリー・オブ・ライフ」善き人であろうと、もがきながら生きている from soramove
「ツリー・オブ・ライフ」★★★★ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン出演テレンス・マリック監督138分、2011年8月12日より公開,2010,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:...
2011年08月18日(木)21時27分 受信
「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期 from ノルウェー暮らし・イン・原宿
ロンドンで最後にできたフリーな1日。貴重な1日をどう過ごそうか?勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね~貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」はてさて...
2011年08月18日(木)22時14分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 from ラムの大通り
(原題:The Tree of Life)----この映画、スゴくヒットしてるとか。でも、途中で退席する人も多いんだって?「うん。どうやらカンヌでパルム・ドール賞受賞ということと、ブラッド・ピット、ショーン・ペンというふたつの要...
2011年08月18日(木)22時22分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 悠雅的生活
神の創造。生命の繋がり。魂の帰るところ。
2011年08月18日(木)23時28分 受信
★ツリー・オブ・ライフ(2011)★ from Cinema Collection 2
涼しい風をポチッTHE TREE OF LIFE <タイトルの「ツリーオブライフ」とは、旧約聖書の創世記にある「生命の樹」になぞらえたもののようです>父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった…上映時間 138分 製作国 アメリカ 公...
2011年08月19日(金)13時58分 受信
ツリー・オブ・ライフ from ダイターンクラッシュ!!
2011年8月17日(水) 20:45~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:未確認 『ツリー・オブ・ライフ』公式サイト そもそも2時間20分くらいと長尺なのだが、体感時間は4時間くらいだ。 ...
2011年08月19日(金)15時12分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 from ・*・ etoile ・*・
'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホールyaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写...
2011年08月20日(土)04時33分 受信
ツリー・オブ・ライフ from sailor's tale
Watcher Of The Skies
2011年08月20日(土)13時02分 受信
ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE from 我想一個人映画美的女人blog
ランキングクリックしてね ←please clickカンヌ映画祭で、パルムドール受賞「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本×ブラッド・ピット×ショーン・ペンブラピは製作にも参加。maru...
2011年08月20日(土)16時58分 受信
ツリー・オブ・ライフ from そーれりぽーと
ブラピ×ショーン・ペン『ツリー・オブ・ライフ』を観てきました。★無駄に壮大過ぎて、ついていけなかった。父と息子の人間関係だけに絞ってくれたらかなり面白いヒューマンドラマだったんだけど、どうでも良いシー...
2011年08月22日(月)11時42分 受信
ツリー・オブ・ライフ☆独り言 from 黒猫のうたた寝
109シネマズ名古屋のエグゼクティブシートで初日に鑑賞してきました。予告で観た時から、寝る系統の作品であることはあらかじめ予想していたんですが・・・でも果敢に挑む自分を褒めてあげたい(どこが?) 寝そうな...
2011年08月23日(火)23時11分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 The Tree of Life from かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
テレンス・マリックの前作『ニュー・ワールド』のラスト・カットの木がとてもとても印象的で心に残るものだったから、その次の監督作が『ツリー・オブ・ライフ』であるということにまず肯かずにはいられなかった。そ...
2011年08月24日(水)00時27分 受信
ツリ―・オブ・ライフ(2011)■□THE TREE OF LIFE from 銅版画制作の日々
父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった…8月16日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた、あのテレンス・マリック監督作品です。テレンス・マリック作品...
2011年08月24日(水)23時25分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 迷宮映画館
テレンス・マリック節、全開!
2011年08月25日(木)11時40分 受信
ツリー・オブ・ライフ from こんな映画見ました〜
『ツリー・オブ・ライフ』---THE TREE OF LIFE---2010年(アメリカ)監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャステイン 、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エッ...
2011年08月25日(木)21時57分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 風に吹かれて
地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ
2011年08月26日(金)10時13分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 映画の話でコーヒーブレイク
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。カンヌ映画祭で賞を獲得した作品って・・・いま一つよくわからない難解なものが多くって。本作はどうなんかなぁ?と思いつつ、鑑賞。隣に座った母娘がうるさくって・・...
2011年08月26日(金)12時06分 受信
【ツリー・オブ・ライフ】 from 日々のつぶやき
監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン 父さん、あの頃の僕は、あなたが嫌いだった「仕事で成功しているジャック、中年と言われる年代になり、過去の自分を振り返る。のどかな田舎で弟二...
2011年08月26日(金)18時10分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 Godとの対話 from Days of Books, Films
The Tree of Life(film review) テレンス・マリックの
2011年08月27日(土)13時01分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 from beatitude
若い頃に弟に死なれたジャック(ショーン・ペン)は、仕事で成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。1950年代半ば、中央テキサスの田舎町で暮らしていた10代のジャック。夢のように美しい...
2011年08月28日(日)03時00分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 映画的・絵画的・音楽的
 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。(1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムド...
2011年08月28日(日)21時17分 受信
「ツリー・オブ・ライフ」 from てんびんthe LIFE
「ツリー・オブ・ライフ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞2011-059騙されたとか騙されないとかそんなレベルではなく、好きか嫌いか?又は受け入れられるかできないか。そういった受け入れ方を左右される作品でした。キリ...
2011年08月28日(日)23時55分 受信
唯一無二の from 笑う学生の生活
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。ブラット・ピット、ショーン・ペンカンヌ パルムドール受賞作と 話題作ですが・・・何より テレンス・マリック監督の新作ということまさに、監督色が...
2011年08月29日(月)22時30分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか? from 映画のブログ
 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。 一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。 『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...
2011年08月29日(月)23時53分 受信
ツリー・オブ・ライフ from Diarydiary!
《ツリー・オブ・ライフ》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - THE TRE
2011年08月30日(火)20時47分 受信
「ツリー・オブ・ライフ」感想 from 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。 ブラッド・ピット×ショーン・ペンの2大ハリウッドスタ...
2011年08月31日(水)19時30分 受信
「ツリー・オブ・ライフ」 from 【映画がはねたら、都バスに乗って】
テレンス・マリック、いつかこういう映画をつくるんじゃないかと思ってた。“こういう”って?自然とか神とか精神的なものにググッと寄った、ある意味宗教的な映画。でも、50年代アメリカの父子の葛藤の物語よ。そ...
2011年09月17日(土)23時42分 受信
映画レビュー 「ツリー・オブ・ライフ」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)
ツリー・オブ・ライフ  原題:The Tree Of Life【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】シン・レッド・ラインのテレンス・マリックが放つ、50年代のアメリカの家族を題材にし、訴えかける...
2011年09月19日(月)01時11分 受信
映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗)オ...
2011年09月26日(月)21時08分 受信
■映画『ツリー・オブ・ライフ』 from Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
太古の昔、宇宙の始まりから連綿と続く、いのちの営みを、美しい映像で描き出した唯一無二の映画『ツリー・オブ・ライフ』。ブラッド・ピットとショーン・ペンという二大俳優が出演している本作ですが、この作品は俳...
2011年09月27日(火)17時24分 受信
『ツリー・オブ・ライフ』 映画レビュー from さも観たかのような映画レビュー
『 ツリー・オブ・ライフ 』 (2011)  監  督 :テレンス・マリックキャスト :ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショー、ハンター・マクラケン、ララミー・エ...
2011年10月22日(土)14時53分 受信
映画『ツリー・オブ・ライフ』を観て from kintyre's Diary 新館
11-53.ツリー・オブ・ライフ■原題:The Tree Of Life■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:8月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本:テレンス・マリ...
2011年10月30日(日)11時34分 受信
【映画】ツリー・オブ・ライフ from 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
JUGEMテーマ:洋画 久々にエンターテイメント性のない映画を見ましたね。 正直、この映画は表現、音楽に関してはとても良いです。 ただストーリーのメッセージは何が本線なの?? ってなります。 途中でマグマ...
2011年11月26日(土)13時44分 受信
ツリー・オブ・ライフ from 銀幕大帝α
THE TREE OF LIFE/11年/米/138分/ドラマ/劇場公開−監督−テレンス・マリック−製作−ブラッド・ピット−脚本−テレンス・マリック−出演−◆ブラッド・ピット…オブライエン過去出演作:『イングロリアス・バ...
2012年03月07日(水)22時24分 受信
ツリー・オブ・ライフ from いやいやえん
苦痛・難解というより睡魔との闘い。父息子の葛藤と生命の繋がりを同一哲学視し、要するに難解すぎて意味が解らないといったような作品^;観る人を選ぶよ〜気をつけよう。前半のドキュメンタリー映像(生命誕生から...
2012年03月13日(火)14時04分 受信
【映画】ツリー・オブ・ライフ…前半5分で寝て安眠を楽しむ…みたいな映画なのかもな。 from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
昨日、2012年9月29日(土曜日)は、アップルストアで新型のipod touchを予約本当はもっと前に予約する筈だったのですが、刻印で悩み続けて昨日まで…悩んだ結果の刻印は名前と生年月日だけだったりもするんですけどね本日...
2012年09月30日(日)18時24分 受信

コメント一覧

投稿者:KGR 2011年08月17日(水)11時24分 編集・削除

私にとっても何を言いたいのかよく判らない映画でした。

現在のショーン・ペンの葛藤が何かわからないし、そこから次男の死、少年時代の兄弟の挙動に結びつくものは感じられませんでした。

少年時代のエピにしてもなんであそこまであの時代にだけこだわるのかよく判らないし、
ラストの浜辺っぽい死者たち(?)との出会いの場面も意味不明。

判る人だけ判ればよい、そういう感じでした。

http://blog.goo.ne.jp/thiroi/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年08月17日(水)19時34分 編集・削除

宗教観たっぷりの地球創生関連ネタと家族話、2つの全く異なる物語を無理矢理一緒くたに詰め込んだ感がありありな作品でしたね。
どちらか一方に集中していればそれなりの作品になったでしょうに。
何故こんな作品がカンヌの賞なんて受賞したのか、全くもって理解に苦しみます。
カンヌで賞を受賞した作品、と聞いたことがこの映画を観るきっかけとなっただけに、詐欺にでも遭ったような気分にさせられましたよ。
あまりの「前衛芸術」ぶりが評価でもされたのでしょうかねぇ……。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:smoky 2011年08月19日(金)19時19分 編集・削除

久々にものすごい映画を見たと思いました。
嫁と見に行ったので泣かないように我慢していましたが、最後のヒマワリ畑のシーンあたりでもう涙が止まらなかったです。
テーマはおそらく「小さな愛の偉大さ」みたいなものなんじゃないでしょうか?
生々しい少年期の回想と、全く対照的な地球の歴史や宇宙の映像などが、最後のシーンで見事に完全に融合していて、ストーリーというより映像と音楽で力強くテーマを表現しきっていると感じました。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年08月19日(金)22時08分 編集・削除

>smokyさん
確かに映像自体はよく出来ていましたし、登場人物達の演技なども悪くはなかったのですが、必要最低限の起承転結すら全くなっていないという作品構成が私には全く馴染めなかったですね。
カンヌでも「ツリー・オブ・ライフ」は拍手喝采とブーイングの両極端な評価に分かれたそうですが、私は確実にブーイング派です。
「観る」ことよりも「感じる」ことに重点を置いている映画なのでしょうが、「感じ方」なんて人それぞれですからねぇ。
極端に「人を選ぶ」映画であると言えそうです。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:N 2011年09月13日(火)23時44分 編集・削除

今年見た映画の中でも圧倒的に素晴らしい映画でした。
ところどころで涙があふれてきて胸が苦しくなりました。
決して難解な映画ではないです。
映画を見慣れていて、キリスト教についての基礎的なことがわかっていれば理解できるはずの映画です。

「観る」ことよりも「感じる」ことに重点を置いている映画ではありません。明確にストーリーは存在し、伝えたいテーマもあります。恐竜が出てくるのにも意味があります。
キリスト教(特に福音派)について学んだ上で考えながら見てほしい映画です。

感じるんじゃない。考えろ!

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年09月14日(水)22時41分 編集・削除

いや、映画を見るためにそんな知識を事前に仕入れておかなければならないという時点でアウトなのではないかと。
キリスト教、ましてや福音派なんて、大多数の日本人にはすくなくとも欧米人よりは馴染みがないものですし、そもそもカンヌでさえ拍手喝采とブーイングの評価に分かれたことを考えれば、キリスト教信仰が当たり前であるはずの当の欧米人ですら全員が理解できるものでなかったことは確実でしょう。
同じ宗教的な世界観を披露する作品でも、「死後の世界」「人の死」をテーマにしていた「ヒアアフター」などは良く出来ていた映画だったのですけどねぇ…。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:kabumasa 2011年12月11日(日)17時21分 編集・削除

初めまして。「タンタンの冒険」のことにちょっと触れた
ブログ記事にトラックバックがあったので、覗いてみて、
少し記事を読んでみました。で、ちょっとコメント。

「ツリー・オブ・ライフ」確かに今年の駄作の1本ですね。
カンヌのパルム・ドール作品ってクズ作品が意外に多いんですよね。
カンヌということで審査員(米人も多い)が気取ってその手の作品を
選んでしまうのかな。テレンス・マリック作品なんてその典型。
初期の「地獄の逃避行」「天国の日々」は確かに出来が良いし、
「シン・レッド・ライン」はかなりいける。
しかし、「ニューワールド」「ツリー・オブ・ライフ」は
ただただ自己満足だけの「おれってこんなに深い哲学的な
映像が作れるんだよな」(実は全く浅薄なお笑いでしかない
妄想なんだが)的な映画でうんざり。監督は「シン・レッド・ライン」
で止めていれば晩節を穢さなかったのにね。映像で語る監督って
言われるけど、間違い。映像で語れないから無駄に饒舌なナレーション
を入れてしまって説明してしまう映画監督失格者。

http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年12月11日(日)18時22分 編集・削除

>kabumasaさん
こちらこそはじめまして。
トラックバック承認、ありがとうございます。

「ツリー・オブ・ライフ」は観賞が終わった直後に「今年一番の駄作映画はこれで決まったな」と考えてしまったレベルのシロモノでしたからねぇ。
私がこの作品を観に行ったのは今年の8月で、その後も20本以上の新作映画を観賞しているのですが、その評価は未だに不動のままです(苦笑)。
おかしな地球創生絡みのシーンが延々と披露されていた箇所などは、観賞を続けること自体に退屈感どころか苦痛すら覚えたほどでしたし、あの辺りで席を立ってスクリーンから出て行った人も少なくはなかったでしょうね。

> カンヌのパルム・ドール作品ってクズ作品が意外に多いんですよね。
> カンヌということで審査員(米人も多い)が気取ってその手の作品を
> 選んでしまうのかな。テレンス・マリック作品なんてその典型。

「ツリー・オブ・ライフ」は作品自身のみならずパルム・ドール賞自体の評価をも確実に下げたでしょうね。
私の場合はさらに「そんな名のある賞を受賞したのならそこそこ良い映画だろう」と考えたのが観賞動機にもなったのですから、その期待が裏切られたダメージは小さくありませんでしたし(T_T)。
せめて「パルム・ドール賞は哲学的かつ前衛芸術な作品を高く評価します」という事実が周知されていれば、まだ警戒もできたのでしょうけどね。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー