記事一覧

映画「プリンセストヨトミ」感想

ファイル 371-1.jpg

映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。
作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品です。
TVドラマ&映画版「SP 警視庁警備部警護課第四係」シリーズで好演した堤真一が主人公だったことが、今作をチョイスした最大の理由となりました。

このことは誰も知らない。
2011年7月8日金曜日 午後4時のことである。
大阪が全停止した。

こんなキャッチフレーズから始まる物語冒頭。
各所にひょうたんが掲げられた状態で誰もいなくなった大阪の街を、ひとりの女性が驚愕の表情を浮かべながら歩いている光景が映し出されます。
かくのごとき衝撃的な事態にまで至ったそもそもの遠因は、7月8日から遡ること4日前の7月4日月曜日に、東京の会計検査院から3人の人物がやってきたことにあります。
今作の主人公にして「鬼の松平」の異名を取る会計検査院第六局副長・松平元(まつだいらはじめ)。
冒頭にあった無人の大阪の街を歩いていた会計検査院第六局所属の女性・ミラクル鳥居こと鳥居忠子。
そして、今回の大阪出張が会計検査院第六局としての初仕事になるらしい、日本人とフランス人のハーフの男性・旭ゲーンズブール。
会計検査院とは、国および国の出資する政府関係機関の決算・独立行政法人および国が補助金等の財政援助を与えている地方公共団体の会計などに関する検査を行い、会計検査院法第29条の規定に基づく決算検査報告を作成することを主要な任務としている組織です。
簡単に言えば、公的機関の決算や会計で無駄や不正が行われていないかをチェックするのを仕事とする組織ですね。
法律上は行政機関となるのですが、内閣に対し独立した地位を有していることが日本国憲法第90条第2項および会計検査院法第1条で定められており、国の公的な機関でありながら、立法・行政・司法の三権いずれからも独立しているという非常に特殊な組織でもあります。
会計検査院所属の3人は、大阪の各公的組織の決算・会計を調査するため、東京から大阪へやってきたわけですね。

大阪各所にある公的機関は、緊張の面持ちで会計検査院の面々を迎えます。
もちろんその理由は、陰で色々な不正や無駄などをやらかしているため、それがバレることに戦々恐々としていることにあるのですが。
しかし、最初の調査対象機関である大阪府庁では旭ゲーンズブールによって30万前後の不正支出が、次の空堀中学校ではミラクル鳥居の「怪我の功名」によって事務がらみの不正がそれぞれ暴かれていきます。
大阪府庁と空堀中学校のチェックを終えた会計検査院の一行は、次の調査対象である財団法人OJO(大阪城址整備機構)がある長浜ビルへと向かいます。
この時の調査は何事もなく終わるのですが、ミラクル鳥居の駄々こねで長浜ビルの正面に位置しているお好み焼き屋「太閤」で食事をすることになった際、松平元がOJOに携帯電話を忘れたことから、事態が意外な方向へと動き出します。
「鬼の松平」が携帯を忘れる、という描写は作品冒頭にもあるのですが、この辺りは何となくSPシリーズの「いつも手錠を忘れる」主人公のことを想起せずにはいられませんでしたね(苦笑)。

それはさておき、携帯を取りに再びOJOに行くと、さっきまで働いていた職員達の姿が全くありません。
OJOに電話をかけても目の前にある電話は全く鳴ることがなく、デスクの引き出しの中も空っぽの状態。
不審に思った松平元は、翌日再びOJOを訪ね、昨日の件についての説明を求めるのですが、OJOの経理担当である長宗我部はのらりくらりと質問をかわし、なかなかボロが出てきません。
大阪中の人間に片っ端から電話をかけまくり調査するという手段に打って出ても不正の証拠は何も出てくることがなく、松平元以外の2人は半ば諦めムード。
しかし、OJOの表向きの管理対象である大阪城について調べていった結果、大阪城の緊急脱出用の抜け穴がOJOに通じており、そこから職員が出入りしているのではないかという仮説を、松平元は導き出します。
そして、OJOの長浜ビルのロビーにあった、曰くありげな扉がその出入り口ではないかと踏んだ松平元は、OJOに乗り込み長宗我部に扉を開いて中を見せるよう要求するのですが、長宗我部は頑強にこれを拒否。
業を煮やした松平元がさらに強硬に要求しようとした時、突如後ろから「私がご案内致します」という声がかけられます。
松平元が振り返ると、そこにいたのは何とお好み焼き屋「太閤」の店主・真田幸一。
扉の中は長い廊下が続いており、その先にあったのは国会議事堂モドキな光景。
半ば呆然とする松平元に対し「ここは大阪国議事堂です」と説明をする真田幸一。
そして「大阪国?」と訝しがる松平元に対し、真田幸一は高らかに宣言するのです。
「私は、大阪国総理大臣・真田幸一です」と。

映画「プリンセストヨトミ」で「大阪国」なるものが建国されるに至った起源は、1615年の大坂夏の陣まで遡ります。
この戦いによる当時の大坂城陥落の際、豊臣家の血筋は絶えたとされているのですが、実は豊臣秀頼の幼い息子だった国松が難を逃れ、その血筋は細々ながらも続いていたのでした。
豊臣家は当時の大坂の民から親しまれていたこと、またその後に莫大なカネをかけて大坂城を再建し威勢を誇った徳川家に対する反発も手伝って、国松および豊臣家の血筋を守り抜くことを目的に、大坂城の地下に寄り合い所が作られたのが「大阪国」の起源であるとされています。
その後、明治維新の際に資金不足に陥っていた当時の明治政府が、資金調達を目的に「大阪国」を正式に国として承認する条約を「大阪国」と締結します。
条約では「大阪国はその存在を外部に公表してはならない」とも定められており、またその条約締結の際の文書には、大久保利通や西郷隆盛などといった明治の元勲達の署名もはっきり記されていたりします。
つまり「大阪国」とは日本国という主権国家から承認を受けているれっきとした「国」であるわけですね。
財団法人OJOも、「国」として公に出来ない「大阪国」の隠れ蓑ないしは出先機関であり、また「大阪城址整備機構」なる略称自体も実は全くの偽りで、その読み方もローマ字読みで「オージョ」、つまり「王女=プリンセス」という、映画のタイトルにもなっている「大阪国」が守るべき対象そのものを指す名称だったのです。
まさかそんな読み方をするとは思わなかったので、この辺は結構良い意味で意表を突かれましたね(苦笑)。

ただ、この話だとある疑問が出てきます。
それは、いくら国家の三権から独立した存在だとはいえ、会計検査院に「大阪国」を好き勝手に処分する権限があるのか、という点です。
先にも述べたように、「大阪国」は明治時代に当時の日本政府から国家としての承認を受けている「外国」であり、その領域は日本国の主権が及ぶところではありません。
会計検査院の調査対象はあくまでも「国内限定」であり、「外国」が調査対象、ましてや「取り潰し」の権限まで行使することは本来ありえないのです。
作中で財団法人OJOが調査対象になっているのは、実は「大阪国」の人間で、会計検査院を利用して「大阪国」の存在を外部に知らしめようとしていた旭ゲーンズブールの画策であることが明らかになっているのですが、実際問題、会計検査院ができるのってここまでが限界なはずなんですよね。
「外国」である「大阪国」でどんな不正や会計が行われていようが、そこに「日本国」の会計検査院が口を出したら、それは「他国に対する内政干渉」になってしまうのですから。
唯一、会計検査院が干渉できるところがあるとすれば、それはすくなくとも表面的な法理論上では「日本国の財団法人」として登録されているOJOだけしかないのですが、作中の松平元は明らかに「大阪国」を攻撃の対象にしています。
真田幸一をはじめとする「大阪国」の面々と対峙していた松平元は、一官僚の立場をわきまえずに日本国代表としての「他国に対する宣戦布告」を無断でやっているも同然だったわけで、これってかなり大問題になるんじゃないのかなぁ、と思えてならないのですけどね。
一方の「大阪国」の面々も、自分達が「正規の条約に基づいて日本国から正式に国家承認されている国である」という事実の強みをもっと大々的に主張すべきだったのではないかと。
「国の重み」というのは、たかだか会計検査院程度の組織くらい黙らせられる力を持つものなのですけどね、小なりといえども。

あと、作中における「大阪国」の人間って、物凄く宗教的かつ国家総動員的な体質を持っていますね。
大多数の人間にとっては一度も見たことがないばかりか正体すらも不明な「プリンセストヨトミ(豊臣家の末裔)」のために、あそこまでの総動員が短時間のうちにかけられ、しかもそのことに誰も疑問を持たないときているのですから。
物語のラストで真田幸一が大衆に向かって笑顔を見せた時も、皆熱狂的に歓喜の雄叫びを上げていましたし(苦笑)。
見様によっては、「アメリカ万歳主義」などとしばしば見当違いな揶揄をされるハリウッド映画が裸足で逃げ出してしまうほどの「右翼的」かつ「愛国心礼賛」な作品ですよね、これって。
まあ、作品および作者的にはそういう意図を込めてはいないのでしょうけど。

作品設定的には色々とツッコミどころが満載ですし、派手なアクションシーンやラブロマンスの類も全くありませんが、主演である堤真一・綾瀬はるか・岡田将生の3人の演技で結構点を稼いでいる映画でもありますね。
俳優さん目当てで映画を観る、という人にはオススメの作品かもしれません。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/371
プリンセストヨトミ☆独り言 from 黒猫のうたた寝
映画が公開になると去年知って、即座に原作読んでしまいました。ちなみに読書後の感想はこちらそこで映画のキャスティング確認したら・・・ミラクル鳥居と旭ゲンズブールの性別が逆転してるじゃないですか^^;えー...
2011年05月30日(月)01時08分 受信
プリンセス トヨトミ from LOVE Cinemas 調布
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メイ...
2011年05月30日(月)01時08分 受信
プリンセス トヨトミ from ダイターンクラッシュ!!
2011年5月29日(日) 18:50~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学...
2011年05月30日(月)01時54分 受信
劇場鑑賞「プリンセス トヨトミ」 from 日々“是”精進! ver.A
大阪国が独立宣言・・・詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105280003/ プリンセス・トヨトミ (文春文庫) posted with amazlet at 11.05.24万城目 学 文藝春秋 (2011-04-08)売り上げランキング: 47Ama
2011年05月30日(月)06時06分 受信
『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は? from 映画のブログ
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。 『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...
2011年05月30日(月)07時43分 受信
プリンセス トヨトミ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
(仮)映画オリジナル・サウンドトラック「PRINCESS TOYOTOMI」荒唐無稽で壮大なホラ話系エンタテインメントだが、父と子の絆が謎解きの鍵。中井貴一の存在感が ...
2011年05月30日(月)08時50分 受信
プリンセス トヨトミ from 佐藤秀の徒然幻視録
大阪国八百長説公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...
2011年05月30日(月)08時51分 受信
映画『プリンセス トヨトミ』(お薦め度★★) from erabu
監督、鈴木雅之。脚本、相沢友子。原作、万城目学。2011年日本。ファンタジー映画
2011年05月30日(月)12時33分 受信
プリンセストヨトミ from 新・映画鑑賞★日記・・・
2011/05/28公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。会計検査院の調査官である松平...
2011年05月30日(月)13時00分 受信
プリンセス・トヨトミ from Akira's VOICE
面白味に欠けるドラマが退屈・・・。
2011年05月30日(月)17時46分 受信
プリンセス トヨトミ from ぷち てん てん
☆プリンセス トヨトミ☆(2011)鈴木雅之監督堤真一 綾瀬はるか 岡田将生 沢木ルカ中井貴一 笹野高史〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜う〜〜ん・・・・・かったるい119分の映画が長く感じる。尻つぼみ後半、ここぞという山場...
2011年05月30日(月)18時00分 受信
「プリンセストヨトミ」感想 from 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
 万城目学原作の長編小説を映画化。実地調査のために大阪を訪れた会計検査院の3人は、歴史の闇に隠された、重大な秘密を目の当たりにする。  アイディアは面白い。「なるほど」と唸る部分も多々ある。特に終盤の...
2011年05月30日(月)18時47分 受信
プリンセス トヨトミ from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★☆【2,5点】(10)天然度数Maxの綾瀬さんが見られただけでOKとしておこう。
2011年05月30日(月)21時35分 受信
映画「プリンセス トヨトミ」 from FREE TIME
映画「プリンセス トヨトミ」を鑑賞。
2011年05月30日(月)22時47分 受信
≪プリンセス トヨトミ≫ from 烏飛兎走
   ・・・・・そうだ、                     大 阪 行 こ う 。    
2011年05月30日(月)23時55分 受信
プリンセス トヨトミ from うろうろ日記
試写会で観ました。大阪城 西の丸庭園で初(映画上映)だそうです。私、屋外って初め
2011年05月31日(火)00時08分 受信
プリンセス トヨトミ/PRINCESS TOYOTOMI from 継続は力なり!なのか?
派手さやインパクトのあるようなこともなく、会計検査院が検査先の企業を訪問し検査をしていくという、淡々としたストーリーが進んで行きますが、ある訪問先で奇妙な出来事が起こり、ストーリーが思いもよらない方向...
2011年05月31日(火)03時25分 受信
プリンセス トヨトミ(2011-035) from 単館系
万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。予告観ただけで楽しみにしてい...
2011年05月31日(火)22時39分 受信
映画:「プリンセス・トヨトミ」♪。 from ☆みぃみの日々徒然日記☆
平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)    ...
2011年06月01日(水)15時21分 受信
プリンセス トヨトミ from シネマDVD・映画情報館
プリンセス トヨトミ監督:鈴木雅之出演:堤真一/綾瀬はるか/岡田将生/沢木ルカ/森永悠希/和久井映見/中井貴一内容:このことは誰も知らない。7月8日の金曜日、午後4時のことである。大阪が全停止した。通常の...
2011年06月01日(水)18時42分 受信
プリンセス トヨトミ from とりあえず、コメントです
万城目学著の同名小説を映画化したミステリーです。 原作が文庫化になったので買っていたのですけど、映画を観るまでは…と読むのを我慢していました(^^ゞ 物語が佳境になった時、予告編で観たとおりの無人の世界が広...
2011年06月01日(水)23時31分 受信
プリンセス トヨトミ from 花ごよみ
大阪には豊臣秀吉の子孫がいた!!原作は万城目学の同名小説。かなり前に読んでいて記憶はうすれています。監督は 鈴木雅之。 国の会計検査院に所属する3人の調査員。松平(堤真一)鳥居(綾瀬はるか)旭ゲンズブール...
2011年06月01日(水)23時32分 受信
プリンセス トヨトミ from やっぱり最終的には自分じゃないの
国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の精鋭3人が、1615年の大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔が生きており、大阪の男たちが400年もの間、その秘密を守り抜いてきたという真実を知ってしまったこ...
2011年06月02日(木)08時32分 受信
プリンセストヨトミ from シネマ日記
試写会に行ってきました。この作品は原作を先に読んだ人とそうでない人でかなり感想が変わるようです。原作の人物の性別が映画とは逆だったり、後半の展開が大きく違っていることで原作ファンの期待を裏切る作品にな...
2011年06月02日(木)11時24分 受信
『プリンセス トヨトミ』 from こねたみっくす
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
2011年06月02日(木)20時53分 受信
プリンセス トヨトミ from 勝手に映画評
万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったの...
2011年06月02日(木)21時55分 受信
『プリンセス トヨトミ』('11初鑑賞74・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6)5月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:10の回を鑑賞。
2011年06月02日(木)22時00分 受信
「プリンセス トヨトミ」みた。 from たいむのひとりごと
原作は発売後直ぐに読了。(感想はこちら)読後感としては面白い作品だったが、「大阪全停止」なんて意味深な前置きに至るまでのグダグダにはイラっとするところもあって、特に好きという作品では無かったりする。逆
2011年06月02日(木)22時02分 受信
プリンセス トヨトミ from 象のロケット
7月8日金曜日、午前4時、大阪が全停止した。 …遡ること4日前の月曜日。 府庁をはじめとする各団体の実地調査のため、3人の会計検査院調査官が大阪を訪れる。 彼らは不審な社団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」を見...
2011年06月02日(木)22時56分 受信
プリンセス・トヨトミ from ★ Shaberiba 
大阪が全停止した。そこにある真実とは・・?
2011年06月03日(金)21時43分 受信
映画「プリンセストヨトミ」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2011/6/1、ファーストデーで、誰でも千円の109シネマズ木場。水曜日はレディスデーでいつも女性が多いのだが、心なしか年齢層は高目で男性が多い。*   万城目学(まきめまなぶ)の同名小説の映画化。堤...
2011年06月04日(土)17時46分 受信
プリンセス・トヨトミ from 迷宮映画館
本はあれほど面白くて、荒唐無稽で、ありえねえ・・・だったんですがね〜。
2011年06月04日(土)20時26分 受信
プリンセス トヨトミ from だらだら無気力ブログ
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地...
2011年06月05日(日)01時07分 受信
「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命 from オールマイティにコメンテート
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
2011年06月05日(日)02時25分 受信
映画「プリンセス トヨトミ」荒唐無稽でもワクワクするものが無い from soramove
「プリンセス トヨトミ」★★★堤真一、綾瀬はるか、岡田将生中井貴一、沢木ルカ出演鈴木雅之監督、119分 、2011年5月28日,2011,日本,東宝(原作:原題:プリンセス トヨトミ/万城目学)                 ...
2011年06月06日(月)00時26分 受信
大阪国国民、蜂起せよ〜『プリンセス・トヨトミ』 from 真紅のthinkingdays
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松平はある違和感に囚われる。 万城目学...
2011年06月06日(月)09時59分 受信
【プリンセス トヨトミ】を映画鑑賞! from じゅずじの旦那
父から子へ、代々受け継がれていくものとは!?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。...
2011年06月06日(月)19時28分 受信
『プリンセストヨトミ』を池袋ヒューマックスシネマズ4で観て、ゆっさゆっさの話題中心ふじき☆☆☆ from ふじき78の死屍累々映画日記
五つ星評価で【☆☆☆ゆっさゆっさはOKだ】ツイッター上で、映画はともかく「綾瀬はるかの胸揺れが凄い」と評判になった映画。評判通りであった。っつか、胸揺れみじけ ...
2011年06月06日(月)23時15分 受信
『プリンセス トヨトミ』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28...
2011年06月07日(火)12時27分 受信
プリンセス・トヨトミ レビュー(ネタばれあり) from 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-
 【ストーリー】方広寺の大仏殿に治める梵鐘に「国家安康」「君臣豊楽」の文字を刻んだ事を口実に、徳川家康は豊臣側に戦闘を仕掛けて和議に至る。だが、この時、大坂城の外堀を埋めるという約束に同意した豊臣に対...
2011年06月08日(水)00時56分 受信
プリンセストヨトミ from Diarydiary!
《プリンセストヨトミ》 2011年 日本映画 会計検査院調査官の鬼の松平、財団法
2011年06月08日(水)21時26分 受信
プリンセス トヨトミ from 風に吹かれて
大阪の男とは公式サイト http://www.princess-toyotomi.com万城目学の同名小説の映画化2011年7月8日金曜日、大阪が全停止した。4日前の月曜日、東京から会計検査院の松平元
2011年06月10日(金)10時53分 受信
プリンセス トヨトミ  監督/鈴木 雅之 from 西京極 紫の館
【出演】 堤 真一  綾瀬はるか 岡田 将生 中井貴一 【ストーリー】国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調に進めていく彼ら。...
2011年06月10日(金)21時00分 受信
詰めが甘い。【映画】プリンセス トヨトミ from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら
【映画】プリンセス トヨトミ人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を映画化。【あらすじ】会計検査院の調査官である松平元(堤真一)、鳥居忠子(綾瀬はるか)、旭ゲーンズブール(岡田将生)の3人が、府庁...
2011年06月12日(日)20時11分 受信
プリンセス トヨトミ from そーれりぽーと
大阪市内大フィーチャー!大阪市内のあちこちで撮影しまくった映画って意外と無いんよね。という訳で特に期待せず、いつもぶらついてる街がいつの間にか撮影されてた映画を観ようという感覚で『プリンセス トヨトミ...
2011年06月13日(月)01時57分 受信
プリンセス トヨトミ from 映画的・絵画的・音楽的
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。(1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反...
2011年06月13日(月)06時14分 受信
プリンセストヨトミ from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ...
2011年06月13日(月)21時22分 受信
プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ from 労組書記長社労士のブログ
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている...
2011年06月15日(水)11時39分 受信
プリンセス トヨトミ from だめ男のだめブログ
「プリンセス トヨトミ」監督 鈴木雅之 原作 万城目学 出演 堤真一(松平元) 綾瀬はるか(鳥居忠子) 岡田将生(旭ゲンズブール) 沢木ルカ(橋場茶子) 森永悠希(真田大輔) 笹野高史(長曽我部) ...
2011年06月18日(土)23時47分 受信
プリンセス トヨトミ from I LOVE 韓流
見てわかったこと。
2011年06月19日(日)20時14分 受信
プリンセス トヨトミ from ケントのたそがれ劇場
★★★  大阪夏の陣で滅亡したと伝えられている豊臣家の末裔が、今も大阪市内で生き永らえているらしい。そして明治維新の政府が、大阪国の存在を認め、その組織に対して国家予算の配分を約束したという。 会計検...
2011年06月21日(火)09時47分 受信
プリンセス トヨトミ from だめ男のだめブログ
「プリンセス トヨトミ」監督 鈴木雅之 原作 万城目学 出演 堤真一(松平元) 綾瀬はるか(鳥居忠子) 岡田将生(旭ゲンズブール) 沢木ルカ(橋場茶子) 森永悠希(真田大輔) 笹野高史(長曽我部) ...
2011年06月21日(火)10時30分 受信
プリンセス・トヨトミ from 充実した毎日を送るための独り言
・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助...
2011年06月26日(日)18時28分 受信
プリンセス トヨトミ from りらの感想日記♪
【プリンセス トヨトミ】 ★★★☆ 映画(31) エンドロールの最後まで観ることをオススメします[E:happy01]ストーリー 東京から大
2011年06月26日(日)22時32分 受信
★「プリンセス トヨトミ」 from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
今週の平日休みは、震災以来点検整備中だった「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。その1本目。
2011年06月28日(火)03時48分 受信
映画:プリンセス トヨトミ from よしなしごと
 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。
2011年07月23日(土)10時21分 受信
プリンセス トヨトミ from いやいやえん
プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ...
2011年11月23日(水)11時01分 受信
プリンセス トヨトミ from 食はすべての源なり。
プリンセス トヨトミ★★★☆☆(★3つ)大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんで...
2011年11月26日(土)14時38分 受信
大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。「プリンセス トヨトミ」 from Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2011年12月20日(火)23時35分 受信
別館の予備(プリンセス・トヨトミ 感想230作品目) from スポーツ瓦版
6月28日 プリンセス・トヨトミ(感想230作目)アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます当 ...
2012年06月28日(木)14時15分 受信
プリンセス トヨトミ 何だかなあ (-ω-;)ウーン from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 今日紹介するのは、この作品です。【題名】プリンセス トヨトミ【鑑賞手段】DVD【おすすめ度】だめだめ!【あらすじ】 会計検査院の松平元(堤真一)、鳥居忠
2012年07月11日(水)12時47分 受信
プリンセストヨトミ from とつぜんブログ
監督 鈴木雅之出演 堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一、笹野高史 原作は未読。読んだ人の話によれば万城目学の作品の中ではもひとつとのこと。また、映画もあまりいい評判は聞かない。 で、見た。いやあ、...
2014年10月22日(水)09時34分 受信

コメント一覧

投稿者:ふじき78 2011年06月06日(月)23時06分 編集・削除

こんちは。
そうかあ。なるほど。国なら手を出したら外交問題になるのですね。なら、そういうのをあまり気にしないキャラの蓮舫さんに出向いてもらって

「何で3億円なんですか、50万じゃダメなんですか」
とかやってもらえばいいかなあ。

http://blog.livedoor.jp/fjk78dead/archives/cat_8812.html

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年06月09日(木)21時22分 編集・削除

もし「鬼の松平」が本当に「大阪国」を潰したかったのであれば、訴える相手は「大阪国」ではなく、「大阪国」にカネを支給している日本国政府であるべきなんですよね。
無駄なODAを削減しろ、みたいな主張を国に対して行う、ということになるでしょうか。
それならば無理はなかったと思うのですけどね。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー