記事一覧

聖闘士星矢がミュージカル化

聖闘士星矢がミュージカル化されるそうです。
元となる作品は1987年公開映画「聖闘士星矢 邪神エリス」であることも併せて発表され、7月28日~31日に全労済ホール/スペース・ゼロにて上演されるとのことです。

http://www.cinematoday.jp/page/N0032329

聖闘士星矢は、以前にも海王ポセイドン編をベースにSMAPによって舞台化されたことがあります。
SMAPにとっては黒歴史も良いところだったようですが(苦笑)。
ミュージカル版の出来は果たしてどんなものになるのでしょうか?

「邪神エリス」に限らず、聖闘士星矢の映画版は、ファンならば誰もが知る黄金聖闘士12宮の戦いや冥王ハーデス編などに比べると、知名度という点ではかなりマイナーなイメージが否めませんね。
原作とアニメ版はともかく、映画版はほとんど観ていないこともあって「どんな話なのか?」ということすら分からない始末ですし。
私も聖闘士星矢は昔からファンだったクチで、最近まで週刊少年チャンピオンで連載していた「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」と、同雑誌で車田正美本人が連載している「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」なども、単行本を全部揃えていたりします。
ただ、「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」の方は、休載が長すぎるため(一度の休載で3~4ヶ月以上話が止まる)、連載物としては正直どうかと言わざるをえないレベルなのですが。

東京の劇場で公演されるのでは私が観に行くことはまずありませんが、ミュージカル版は是非成功して欲しいものですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/364

コメント一覧

投稿者:葵猫 2011年05月19日(木)23時23分 編集・削除

こんばんは、SMAP版星矢ですか!
バラエティ番組のお宝映像wで見ましたが、あれは
確かに黒歴史でしょう!
悪いけど演技力とか歌唱力とかいうレベルではなかっ
たです。
あんな状態のタレントに舞台やらせる主催者側の方に
問題アリだと思いました。
今回の主役は鎌苅君なんですね。
きゃしゃで少年ぽい雰囲気ですからいいかもしれませ
んね。
スペースゼロはこじんまりとした劇場ですが、どんな
演出にするのか興味深い所です。
とはいえ、今年はレミゼで予想外の散財をしてしまい
、他の舞台にも行きまくる予定なので多分ゆきませ
んが。
まあ地震直後、長く東京に住まう身で、夕方には真
暗になる新宿を初め見た時、限りない不安を覚えま
したし、劇場に通えるのは幸せな事ではあります。
このご時世ですが、レ・ミゼラブルは一昨年よりかな
り入りが良いんです。
おそらく今の日本人に力をくれる内容というのもある
思います。初演版演出最後の公演というのもあるとは
思いますが。
そういえば、管理人様はハッピーエンドがお好きでし
たね。
一度ミュージカルレミゼを観ていただいて感想をお聞き
したいものです。
いきなり刑務所からはじまり失業者の群れ、場末の娼婦宿、スラム街など暗い場面が多く、最終的に登場人物の殆どが死んでしまう話ですが、終演後皆励まされ、明日も生きてゆこう、と思える作品です。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年05月20日(金)01時00分 編集・削除

> バラエティ番組のお宝映像wで見ましたが、あれは
> 確かに黒歴史でしょう!
> 悪いけど演技力とか歌唱力とかいうレベルではなかっ
> たです。
> あんな状態のタレントに舞台やらせる主催者側の方に
> 問題アリだと思いました。

私も記憶が少し曖昧なのですが、バラエティ番組でSMAPのお宝映像として聖闘士星矢の舞台が紹介されていた番組は見た覚えがあります。
私の感想は「衣装が微妙だなぁ」と「何か色々と無理難題言われているよなぁ」くらいでしたが(^^;;)。

> スペースゼロはこじんまりとした劇場ですが、どんな
> 演出にするのか興味深い所です。
> とはいえ、今年はレミゼで予想外の散財をしてしまい
> 、他の舞台にも行きまくる予定なので多分ゆきませ
> んが。

う~む、残念。
観に行かれるならその際に感想でも聞こうかなぁと考えていたのですが(^^;;)。

> そういえば、管理人様はハッピーエンドがお好きでし
> たね。
> 一度ミュージカルレミゼを観ていただいて感想をお聞き
> したいものです。

熊本って劇場自体が少ない上に、演劇をやっていないことの方が多いくらいですからねぇ(T_T)。
映画はシネコンの台頭で熊本でもかなり身近なものになりましたが、演劇は上京でもしないと観覧すら無理そうです(-_-;;)。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:S.K 2011年05月20日(金)23時22分 編集・削除

動く「聖闘士星矢」だと、どうしても必殺技の
前フリが「ふしぎなおどり」になってしまう
のが辛い所です(アレでキグナス氷河はすっかり
ネタキャラ化しましたし)。
まあ今ならアイドルを殺す気でガン=カタ
アクションあたりを覚えさせれば格好はつくかと。
ちなみに映画版は大体「悪い魔神が強い手下を
連れて蘇り、激闘の果て星矢が射手座の黄金聖衣
を纏って矢を放ちラスボスを倒して人質のアテナ
=城戸沙織を助け出す」で4作共通です(演出や
オリジナルキャラクターの魅力や強さで1作目と
3作目は良いんですが「敵が『悪魔』」の4作目
は流石にちょっと……)。
「必ず倒されて一輝に助けてもらう瞬」とか
笑い所は多いですね。
でも「邪神エリス編」結構良いですよ。
「杏馬パパのごとく神話時代の恨みに燃える
復讐神エリスが星矢の孤児院の少女に憑依し
転生、城戸沙織を人質に歴代最強と言われた
白銀聖闘士を『幽霊聖闘士』として復活させ
使役、地上の平和を混乱させるべく戦いを
挑む」と言うもので、星矢対強い矢座、氷河
がサザンクロス座と南北十字対決、紫龍は
『最強の盾』の覇権を賭けて盾座と戦い、
瞬&一輝兄弟の相手は原作やアニメにも
数度スピンオフされた琴座のオルフェウス、
そして作中最強の一輝を実力で叩きのめした
数少ない戦士にして最強最後の壁オリオン座
のジャガーとかかなり燃えるバトルです。
いささかネタバレですが20年前の作品という
事で平にご容赦の程。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年05月21日(土)19時40分 編集・削除

>S.Kさん
映画版の情報ありがとうございます。
映画版の出来自体はそんなに悪くはないみたいですね。
ただ、やはり知名度という点では少々微妙な気もしなくはありませんが。
まあだからといって、たとえば12宮の戦いなどは2時間程度の時間では再現のしようもないでしょうし、その辺りが限界だったのではあるのでしょうけど。

> 「杏馬パパのごとく神話時代の恨みに燃える復讐神エリスが星矢の孤児院の少女に憑依し転生、城戸沙織を人質に歴代最強と言われた白銀聖闘士を『幽霊聖闘士』として復活させ使役、地上の平和を混乱させるべく戦いを挑む」

案外、「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」に登場した杳馬の元ネタってこれなのかもしれませんね。
作者本人も「星矢世界ではかなり異質なキャラだったと思う」と述べてはいますが。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー