記事一覧

「髑髏城の花嫁」、ついに脱稿!

田中芳樹がついに「髑髏城の花嫁」の原稿を書き終わったとのことです↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/66401376212746240
<午前中、田中芳樹さんが事務所に顔を出した。『髑髏城の花嫁』の原稿、のこり数枚までいったそうだ。なんとか明日中に片付けて、日曜日は泥のように眠りたいとのこと。果たしてどうなることやら。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/66403255424524288
<田中さんの新作原稿、土曜日のうちに終わらせるという話だったのだけど、つい先ほど電話があって「終わった〜」とのこと。いやはや、ずいぶん長く掛かっちゃったけど、何より。「今日だけは、ゆっくりお休みください」と言っておきました。>

去年の晩秋には完成する予定だったものが、半年以上も遅れてようやく上がったわけです。
これまでの田中芳樹の遅筆ぶりは、シリーズ作品を多く抱え込みすぎていることが主な原因で、執筆ペースそのものは標準とされていたのですが、今回は1作品書くだけで非常に長い時間をかける羽目になっています。
前に刊行された田中芳樹の新刊は文藝春秋社から出た「蘭陵王」となるのですが、これは2009年9月の話ですし、しかも「蘭陵王」が脱稿したのは同年5月↓

「蘭陵王」の脱稿
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2009/05/post-bf1c.html

そこから数えるとゆうに2年近い執筆時間があったはずなのですが、その間田中芳樹は一体何をしていたというのでしょうか?
まあ、2009年後半は田中芳樹が体調不良を訴えていたと社長氏が公式発表していましたから、その分の時間は仕方がないにしても、すくなくとも2010年冒頭付近からは「髑髏城の花嫁」の執筆に田中芳樹は集中できていたはずなんですよね。
2010年4月には、編集者への最初の原稿渡しとなる「初荷」も行われているわけですし。

「髑髏城の花嫁」の初荷
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/04/post-d541.html

で、小説のアイデア出しと執筆に苦戦しているのかと思えば、一方ではこんな実態が浮かび上がってくる始末だったり↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/64824234060423168
<田中芳樹さんいわく、「作家というのは、人が休んでいるときにも仕事をしているのだ」。いやいや、あなたの場合、人が働いているときに休んでいるほうが多いでしょう。まあ、連休明けの9日が締切なので、今回の大型連休は真面目に執筆していると思いますが。そう信じますが。>

……こんな惨状で遅筆ぶりを披露されてもねぇ(-_-;;)。
まあ実のところ、田中芳樹の「人が働いているときに休んでいるほうが多い」実情については、田中芳樹に強く出ない社長氏にも大いに責任があるはずなのですけどね。
田中芳樹の執筆スケジュールを管理しているのは社長氏なわけですし、それを公式発表しているのもまた社長氏自身なのですから。
田中芳樹よりも15年半ほど年少(社長氏の生年月日は1968年4月18日)なことや、秘書という立場的な弱さなども影響しているのかもしれませんが、もう少し「読者&編集者代表」として田中芳樹相手に強気に出たとしてもバチは当たらないのではないかと、外部の人間としては思わなくもないのですけどね。

さて、「髑髏城の花嫁」が完結した後の執筆予定は、薬師寺シリーズの新刊、そして次にいよいよタイタニアということになるようです↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/66404642757681152
<「薬師寺」のあとが「タイタニア」ですわ。RT @tamako29: 創竜伝は?アルスラーンは?・・・マダデスカ(´・ω・`)RT @adachi_hiro: この『髑髏城の花嫁』が終わったら、つぎは「薬師寺涼子の怪奇事件簿」に取りかかる予定なんだよね。>

タイタニアの続巻執筆って、私が知る限りでは一昨年の3月から話があったはずなのですが、こんな調子では年内に執筆開始できるかどうかすらも疑わしい限りとしか言いようがないのですけどね(-_-;;)。
作者曰く「個人的なストレス解消のための道具」でしかない薬師寺シリーズの新刊などより、そちらを優先的に書いて欲しいものなのですが。
まあアメリカ同時多発テロ事件の首謀者がアメリカの諜報機関に殺害された件もあるわけですし、潤沢なネタの宝庫である民主党絡みの話は全部スルーしてそちらを重点的に書く方向で、薬師寺シリーズの新刊についてはチャッチャと書き殴って下さることでしょう(苦笑)。
まさか「ストレス解消」に今回と同等以上の時間をかける、などということはないと思いたいところではあるのですが(爆)。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/355

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー