記事一覧

映画「白夜行」感想

ファイル 263-1.jpg

映画「白夜行」観に行ってきました。
東野圭吾原作のサスペンス小説映画版。
質屋の殺人事件から始まる、被害者の息子、容疑者の娘、そして18年もの歳月をかけ真相に迫る刑事の視点で綴られる心理描写ミステリー作品です。
ちなみに私は、原作未読のまま映画を観に行っています。

物語最初の舞台は1980年(昭和55年)、廃ビルで質屋の店主だった桐原洋介が、廃ビルで遊んでいた子供達に発見されることから始まります。
事件発覚後、まずは被害者の妻である桐原弥生子と、質屋の従業員である松浦勇が警察に事情聴取されます。
その際、両者の事情聴取に当たっていた刑事・笹垣潤三は、質屋の2階にいた被害者の息子である桐原亮司からの話を聞くことになります。
この時のアリバイ証言である「テレビを見ていた」に関する裏づけとして行われた「クイズダービーではらたいらが竹下景子に敗れた」という説明は、当時の時代を象徴していて何とも懐かしい気分にさせられましたね(苦笑)。
その後の警察の調査で、被害者は西本文代という女性の家に足繁く通っていたことが判明。
彼女とその愛人である寺崎忠夫が容疑者として浮上したため、笹垣潤三は相棒の古賀久志と共に西本文代の自宅を訪問します。
その際に留守だった西本文代に代わって応対したのが、西本文代の娘で当時小学生だった西本雪穂。
被疑者である西本文代を待つ間、ハードカバー本?の「風と共に去りぬ」を黙々と読んでいる西本雪穂に、笹垣潤三は強い印象を抱くことになります。
やがて帰宅した西本文代に、笹垣潤三は事情聴取を行っていくのですが、彼女には事件当時「公園でブランコをこいでいた」というアリバイが出てきます。
決定的な証拠も出ないまま捜査が難航する中、西本文代はガス中毒で、寺崎忠夫は交通事故でそれぞれ死亡してしまいます。
有力な容疑者が死亡してしまったことに加え、警察上層部のひとりの出世問題が切迫していたという事情が重なったことも相まって、結局事件はそのまま被疑者死亡ということで表面的には決着することになります。
しかし、笹垣潤三はこの決着に納得がいかず、自らの出世を棒に振ってまで独自に調査を進めていき、事件の被害者の息子である桐原亮司と、容疑者の娘である西本雪穂も、それぞれの人生を歩んでいくことに……。
という形で、以後、1985年(昭和60年)、1988年(昭和63年)、1989年(平成元年)にそれぞれエピソードが語られていき、最終的には1998年(平成10年)で事件の真相が明らかになります。

映画「白夜行」では、作中における年を表す描写として、その時代を象徴するキーワードが出てくるのが面白かったですね。
1980年は前述のクイズダービーの話、1985年は本田美奈子のコンサート、1989年は社交ダンス関連の話が出てくることで、それぞれの年が表現されています。
まあ、この3つの中で私がピンと来たのはクイズダービーだけで、社交ダンスは1996年公開映画「Shall we ダンス?」からの連想で少し時代がズレていましたし、本田美奈子に至っては存在すら知らなかったというのが実態だったりするのですが(^^;;)。

作中のストーリーは、最初から最後までとにかく「暗い」の一言に尽きますね。
殺人、冷たい家族関係、学校内でのイジメ、報われない愛、レイプ・性的虐待と、暗い話が目白押しに続きますし。
ところどころに「明るさ」を感じさせてくれるエピソードもあるにはあるのですが、それもほとんどは後半で不幸のどん底に突き落とすための伏線だったりします。
さすが元々がミステリー小説なこともあってか、物語終盤で全ての真相が明らかになる描写の運び方は上手いものがありましたが、最終的な結末も「何故そこでそんな選択を…!?」と言わんばかりのバッドエンドな終わり方をしていますし。
映画の宣伝ポスターで謳われている「二番目に殺したのは、心」というキャッチコピーに良くも悪くも偽りはなし、ですね。

ハリウッド映画にありがちな「爽快感を伴うハッピーエンド」的なものは全く期待できませんので、そういう作品を観たいという方にはあまりオススメできない作品ですね。
あくまでもミステリー好きのための映画、といったところでしょうか。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/263
白夜行 from LOVE Cinemas 調布
今までにテレビドラマや舞台になってきた東野圭吾の同名人気小説を映画化。ある事件の容疑者の娘と被害者の息子が辿る数奇な運命を、事件を担当した刑事の目線で追う。主演は『誰かが私にキスをした』の堀北真希。共...
2011年02月05日(土)02時32分 受信
映画『白夜行』 | 東野圭吾ワールドを完璧に再現。 from 23:30の雑記帳
数年前に原作を読みました。(私の中では『容疑者Xの献身』と並ぶ大傑作!)そのせいもあるでしょうが、事件の概要がとても分かりやすく整理されていたと思います。あ ...
2011年02月05日(土)03時54分 受信
映画「白夜行」 感想と採点 ※ネタバレあります from ディレクターの目線blog
映画『白夜行』(公式)を、初日(1/29)鑑賞。第一回目で観客は30名ほど。30歳代の女性同士や、50歳代の夫婦らしき人が多め。最初に言っておきますが、原作小説・演劇・テレビドラマ等は一切見ていません。予告編以上...
2011年02月05日(土)04時19分 受信
白夜行 from あーうぃ だにぇっと
(C) 2011 映画「白夜行」製作委員会製作年: 2010年 製作国: 日本 日本公開: 2011年1月29日
2011年02月05日(土)06時08分 受信
白夜行 from 勝手に映画評
19年前に起きた、殺人事件。交わるはずのない被害者の息子と容疑者の娘の人生は、深く・複雑に絡み合っていた・・・。う〜ん、評価に困ります。恐らく、小説としては一級品です。間違い無く面白いと思います。ですが...
2011年02月05日(土)08時10分 受信
白夜行 from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。東野圭吾原作、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史織、中村久美、黒部進、小池彩夢。 ...
2011年02月05日(土)08時16分 受信
白夜行 from 花ごよみ
 主演は堀北真希。監督は深川栄洋。高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、中村久美、田中哲司、姜暢雄等が共演。東野圭吾の原作小説を映画化。本も過去に読んでいます。綾瀬はるか、山田孝之の、テレビの連続ドラマも見...
2011年02月05日(土)08時28分 受信
『白夜行』 TV版と映画版、その出来の違いを考えてみる… で、どっちが良い?! from ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー
『白夜行』 (C)2011 映画「白夜行」製作委員会監督:深川栄洋原作:東野圭吾出演:堀北真希/高良健吾/船越英一郎/戸田恵子/田中哲司/姜暢雄/緑友利恵/中村久美/粟田麗/今井悠貴/福本史織/山下容莉枝原作は東...
2011年02月05日(土)08時28分 受信
日本のクムジャさん。『白夜行』 from 水曜日のシネマ日記
東野圭吾の人気小説を映画化した作品です。
2011年02月05日(土)08時37分 受信
★ 『白夜行』 from 映画の感想文日記
2011年。映画「白夜行」製作委員会。  深川栄洋監督・脚本。東野圭吾原作。 原作は読んでいない(苦手な作家なので)ので、これがアンファン・テリブル(恐るべき子供たち)ものの映画だとは意外だった。アンファン...
2011年02月05日(土)08時41分 受信
■『白夜行』■ ※ネタバレ有 from 〜青いそよ風が吹く街角〜
2011年:日本映画、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司出演。
2011年02月05日(土)18時42分 受信
白夜行 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
公式サイト加害者の娘と被害者の息子。長い年月をかけて育んだ、2人だけが理解できる“愛”は、あまりにも悲しいものだ。感情を殺すことでしか生きられなかった男女の運命 ...
2011年02月05日(土)23時26分 受信
白夜行 from うろうろ日記
試写会で見ました。幼い時に、父を殺された息子とその容疑者の娘に奇妙な繋がりがある
2011年02月06日(日)00時06分 受信
東京国際映画祭・特別招待作品『白夜行』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ from |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーらしい「ホマキ」「まきまき」を押しのけ、wikipediaに載る ...
2011年02月06日(日)14時23分 受信
映画「白夜行」 from FREE TIME
映画「白夜行」を鑑賞しました。
2011年02月06日(日)19時22分 受信
白夜行 from voy's room
 密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は容疑者の死亡によって一応解決を見る。しかし、担当刑事の笹垣だけは腑に落ちない。加害者の娘で、子供とは思えない美しさを...
2011年02月07日(月)06時39分 受信
映画「白夜行」を観ました!!(2011-02) from 馬球1964
映画「白夜行」を観ました!!
2011年02月07日(月)14時26分 受信
その献身に泣く〜『白夜行』 from 真紅のthinkingdays
 昭和55年。廃墟となったビルで、男の死体が発見される。担当刑事の笹垣(船越英一郎)は、被害者の息子・亮司と、加害者の娘・雪穂の幼い姿に、妙な胸騒ぎを覚える。 大人気作家・東野圭吾の代表...
2011年02月07日(月)20時08分 受信
白夜行 from ケントのたそがれ劇場
★★★☆  東野圭吾の原作も読んでないし、TVドラマも観ていない。全くの白紙の状態で観たため、それらとの比較は出来ないが、長編にもかかわらず最後まで飽きずに楽しむことが出来たのは嬉しい。  また主役の堀...
2011年02月07日(月)20時56分 受信
白夜行 びゃくやこう(2011-007) from 単館系
東野圭吾さん原作の小説を映画化。例によって原作は読んでいません。過去にTBSで早瀬はるかさんと山田孝之さんで連続ドタマ化されているので記憶にある方も多いのでは?ドラマとちょっと比較...
2011年02月07日(月)23時47分 受信
「白夜行」事件の真相に辿り着いた先にみた壮絶な運命を背負わされた2人の見えない絆 from オールマイティにコメンテート
1月29日公開の映画「白夜行」を鑑賞した。この映画は東野圭吾原作の「白夜行」を映画化した作品で、昭和55年に起きた殺人事件が発端となり、その周りに関わった容疑者の少 ...
2011年02月08日(火)01時27分 受信
白夜行 from 象のロケット
密室の廃ビルで質屋の店主が殺され、決定的な証拠がないまま事件は容疑者死亡によって一応の解決を見る。 しかし担当刑事の笹垣は、加害者の娘・西本雪穂と、被害者の息子・桐原亮司、共に暗い目をした10歳の子ども...
2011年02月08日(火)23時14分 受信
『白夜行』 from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容に触れています。既にテレビドラマ、韓国版映画、舞台と映像・舞台化されている東野圭吾の人気小説『白夜行』を『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の深川栄洋監督が映画化。文庫で850ページに
2011年02月09日(水)22時23分 受信
白夜行☆独り言 from 黒猫のうたた寝
映画化されると聞いて、実はその前に原作は読了。最近WOWOWでは『幻夜』がドラマ化されて放送されていました。こっちもドラマの開始の前に読了。なんか東野圭吾づいてる今日この頃ですが(笑)でも映画化で一番楽しみ...
2011年02月10日(木)00時50分 受信
映画「白夜行」私はいつも夜だった・・・でも不幸ではなかった from soramove
「白夜行」★★★☆堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司出演深川栄洋監督、107分、2011年1月29日公開2010,日本,ギャガ(原作:原題:白夜行)                     →  ★映画のブ...
2011年02月11日(金)10時15分 受信
白夜行 from シネマDVD・映画情報館
白夜行スタッフ 監督・脚本: 深川栄洋 キャスト 堀北真希 高良健吾 船越英一郎 姜暢雄 緑友利恵 粟田麗 今井悠貴 福本史織 中村久美 田中哲司 戸田恵子 劇場公開日:2011-1-29
2011年02月11日(金)10時48分 受信
映画「白夜行」に満足できない理由 from 再出発日記
原作は昭和48年から平成4年にかけての、いわば昭和後期を描ききった大河ドラマだった。もちろんひとつの質屋の店主殺人事件を巡る主人公二人の闇の19年を描くのが縦糸だったか...
2011年02月12日(土)11時40分 受信
白夜行 from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
東野圭吾の同名小説を原作に「半分の月がのぼる空」の深川栄洋監督が映画化。幼い頃にある殺人事件に関わった男女の宿命を描く。出演は「大奥」の堀北真希、「おにいちゃんのハナ ...
2011年02月12日(土)11時59分 受信
白夜行 from 迷宮映画館
わかっていてても見せた。やっぱ高良君でしょう!
2011年02月12日(土)13時31分 受信
白夜行 from 映画的・絵画的・音楽的
 『白夜行』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。(1)この映画は、冒頭で少年・亮司の父親が殺され、その殺害事件の犯人は誰なのかを巡る事件の真相が物語の展開の中で明らかにされるミステリー物といえるのでし...
2011年02月19日(土)06時28分 受信
[映画『第9地区』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆母親が暇そうだったので、一緒に観に行ったのだが、70歳近い母親なれど、かなり夢中で観ていました。 私も、「こりゃ、傑作だなあ^^」などと思いつつ、興味深く見た。 この作品の魅力は何なんだろう? 先ず...
2011年02月27日(日)07時19分 受信
白夜行 from りらの感想日記♪
【白夜行】 ★★★★  映画(9)ストーリー 昭和55年。密室となった廃ビルで質屋の店主が殺される事件が発生する。決定的な証拠のないまま、や
2011年02月27日(日)21時29分 受信
白夜行 from pure\'s movie review
2010年 日本作品 149分 GAGA配給STAFF監督:深川栄洋脚本:深川栄洋 入江信吾 山本あかり 原作:東野圭吾『白夜行』CAST堀北真希 高良健吾 姜暢雄 緑友利恵 今井悠貴 福本史織 戸田恵子 船越英一郎この映画を観る...
2011年02月28日(月)15時12分 受信
白夜行 from Yuhiの読書日記+α
東野圭吾の同名小説を映画化したもの。幼い頃にある殺人事件に関わった男女の宿命を描く。監督は深川栄洋、キャストは堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司他。<あらすじ>昭和55年、廃ビルの中で質...
2011年03月05日(土)23時41分 受信
■映画『白夜行』 from Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
東野圭吾好きの友人から薦められてちょっとハマってしまい、小説、ドラマとチェックしてきた「白夜行」が映画になりました。この「白夜行」、もともとがベストセラー小説ですし、ドラマ化もされていて、ストーリーを...
2011年03月06日(日)11時36分 受信
映画「白夜行」 from itchy1976の日記
白夜行 - goo 映画白夜行(映画.com)「白夜行」オフィシャルサイト白夜行@ぴあ映画生活白夜行-Wikipedia○作品データ(goo映画)監督 深川栄洋 エグゼクティブプロデューサー 石垣裕之 小竹里美 菅井敦 阿久根裕行 プロデュー...
2011年03月16日(水)19時02分 受信
映画:白夜行 from よしなしごと
 ドラマ版がマジ泣きしてしまった東野圭吾原作の白夜行。今回は映画版を観てきました。
2011年03月24日(木)03時32分 受信
白夜行 from 映画、言いたい放題!
ブログネタ:1人でいるとき何してる? 参加中ああ、夏も終わってしまいますね。(T^T)テレビはあまり見ないので、家に一人でいる時は、やっぱり映画を観てしまいますね。後は読書とか。東野圭吾の同名小説が原作で、面...
2011年08月31日(水)22時44分 受信
【映画】白夜行…携帯電話に騙されそうな感覚 from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
以前の記事でも書いた大晦日の携帯水没事故について追記。(サブタイトルの携帯電話云々はこの話ではなくて、下のほうの映画鑑賞記録のほうね)…直ぐに書こうかと思っていたのですが、すでに一月以上前の出来事です...
2012年02月07日(火)21時34分 受信

コメント一覧

投稿者:葵猫 2011年02月05日(土)15時41分 編集・削除

こんにちは、白夜行見られたんですね。
私はかなり以前原作を買って読み、翌日古本屋に売りました。
確かに良く出来たミステリーではありましたがいかんせん、後味が悪すぎました。
私の好きな作家恩田陸さんはこの小説を洗練された都会的な犯罪小説と絶賛してまして、確かにそういう側面はあるとは思うのですが。
同じ年同じミステリー作家の天道荒太氏が「永遠の仔」を発表、アダルトチルドレンものとして、白夜行とこの作品は何かと比較され、話題になりました。
どちらもテレビドラマになったので尚更ですね。
永遠の仔も悲惨極まりない話で悲劇的結末を迎えますが、救済を求めてゆこうとする話であるのに対し、白夜行はそもそも主人公達は救われようと思ってませんよね。殺したのは心とは上手いコピーです。
映画を見てないのであくまでも私自身のイメージですが、雪穂はテレビ版の綾瀬はるかのほうが合っているように思えます。
近年東野氏は幻夜という作品を発表、最近WOWOWで深田恭子主演でドラマ化されました。
阪神淡路大震災の中で起こった殺人事件を発端とする物語、最初無関係と思われた白夜行と繋がっていることがだんだんわかってきます。
どうやらあと一作は続きがあるようで、後味が悪いと言いつつ、気になっています。
やはり物語としては巧みなのでしょうね。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年02月05日(土)19時25分 編集・削除

>葵猫さん
 確かに「白夜行」の結末はバッドエンドもいいところで後味が悪いものでしたからねぇ(-_-;;)。
 主犯格である2人共、笹垣潤三が差し伸べた救いの手を完全に拒否してしまっていましたし。

> 映画を見てないのであくまでも私自身のイメージですが、雪穂はテレビ版の綾瀬はるかのほうが合っているように思えます。

 映画版における西本(唐沢)雪穂は、顔立ちは綺麗なのですが感情の起伏に乏しく、しかし「女性」という武器を徹底的に生かして手段を問わず確実に欲しいものを手に入れる傾向にある人物として描かれており、一言で言えば「私利私欲に満ちたアンネローゼ」に近いものがありましたね。
 ラストでは「全ての犯行は桐原亮司が自主的にやっていた」ということになってしまい、雪穂は結局何のお咎めも受けなさそうな雰囲気でしたし。
 ただ、作中でレイプされ傷心&茫然自失状態の篠塚美佳に裸で覆いかぶさり、自らの心の闇を語るシーンはそれなりに迫力がありましたが。

> やはり物語としては巧みなのでしょうね。

 映画「白夜行」も、「物語の終わり方」というものにこだわらない人であれば充分に楽しめる作品であることは確かです。
 ミステリー的なまとめ方も秀逸でしたし。
 ただ、私はどちらかといえばハッピーエンドで終わってくれた方が良いと考える人間なので、その点ではやはり個人的にマイナスかなぁ、と。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:シムウナ 2011年03月06日(日)18時01分 編集・削除

TB有難うございました。
以前、ドラマ化されて評判を
聞いていましたが今回の映画で
白夜行を体験しました。
ラストに交錯する各々想いを
考えると未だに答えが見つかりません。
何度も考えてしまいます。
エンディング曲は久しぶり、物語に
マッチしていると思いました。

http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51865508.html

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年03月06日(日)22時38分 編集・削除

お世辞にも「明るいハッピーエンド」とは言い難い作品でしたが、ミステリーとしての出来は秀逸だと私も思います>映画「白夜行」。
西本(唐沢)雪穂の最後の一言は「冷酷非道な悪女」を印象付けるに充分なものがありましたが、果たして本心はどんな心境だったのやら。
エンディングテーマは確かに作品の雰囲気とも合致していましたね。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー