記事一覧

映画「GANTZ」感想

ファイル 257-1.jpg

映画「GANTZ」観に行ってきました。
集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。
映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された作品です。
作中では「肉体や血が飛び散る」的スプラッタな描写が満載のため、この作品はPG-12指定されています。

二宮和也が演じる主人公のひとり・玄野計は、地下鉄の駅ホームで、松山ケンイチが扮するもうひとりの主人公・加藤勝の姿を見かけます。
玄野計と加藤勝は小学生時代の幼馴染で、前者は就職内定がもらえない大学生、後者は弟を守るために父親を殺して少年院に入っていたという設定です。
加藤勝は、駅ホームで線路に転げ落ちた酔っ払いを助けようと線路に飛び込み、酔っ払いをホームに退避させますが、ちょうどその時快速電車が迫ってきます。
玄野計は加藤勝を助けようと手を差し伸べるのですが、逆に線路内に引っ張られてしまい、結果、2人共々電車に轢かれることになってしまいます。
しかし次の瞬間、光に巻き込まれた2人は、東京タワーが見えるとあるマンションの一室に出現することになります。
部屋から外に出ることはできず、また部屋の中には数人の人間と黒い球体がひとつ。
呆然とする2人の前で、黒い球体が放つ青い光によって裸の女性が構築されていき、周囲の人間が「お前達もこうして出てきたんだ」と教えてくれます。
その直後、黒い球体から60年代を想起させるような音程の音楽が流れ、音楽が終了すると、黒い球体に文字が浮かび上がり、ねぎ星人という名の存在と戦うよう命じられます。
それと共に黒い球体が開き、黒い球体からこれまた黒ずくめな武器とスーツが出現。
戸惑いながらも武器やスーツを手にする中、突然部屋の外にワープさせられる部屋の人間達。
ここから、主人公と星人達との戦いが始まることになります。

最初のねぎ星人が殺され、ミッションクリアを達成した後に、黒い球体が「GANTZ」と呼ばれていることが判明します。
作中に登場する星人達は、ねぎ星人・田中星人・おこりんぼう星人の3種類。
ただし、最後のおこりんぼう星人の際には、ターゲットのおこりんぼう星人以外にも千手観音と巨大大仏がおり、これも倒さないとミッションクリアになりませんでした。
幼稚園児レベルのネーミングセンスとは裏腹に、星人達は超絶的な戦闘力と残虐性を秘めており、GANTZの召喚メンバー達を次々と虐殺していきます。
GANTZの召喚メンバー達は老若男女問わず選出の対象にされており、老婆と子供の組み合わせまで召喚されている上、それでも作中では容赦なく虐殺されていたりします。
その一方で、ミッションクリアまでにとりあえず生存さえしていれば、どんなに重傷を負っていても、ミッションクリア後に完治状態で最初の部屋に戻ってくることができます。
ミッションクリアになると、GANTZがメンバー達を採点していくことになるのですが、その採点基準は「直接星人を殺したメンバーに点数が与えられる」のみ。
採点の際、0点の人には何故か「びびりすぎ」だの「存在感なさすぎ」「いたの?」だのといった、人を小馬鹿にしているような一言評価がくっついていたりします。
ネタとしか思えない評価が出される度に、スクリーン内では笑い声があちこちから漏れていましたね。

星人を倒して100点になると、そのメンバーは「GANTZから解放される」か「好きな人間を生き返らせる」かの2択を選ぶことができます。
原作では他にも「強力な武器が得られる」という選択肢があったようなのですが、映画版では削除されているようですね。

作中に登場する武器は、トリガーを押して光が発射されてから数秒後に内側から破裂させるショットガンもどきな銃(小型と大型の2種類)がメインに使用されていますが、他に獲物をグルグル巻きにして捕獲する銃と伸縮自在のソードが登場します。
一方、個々人の名前が書かれているアタッシュケースに収納されているスーツは、身体能力と防御能力を飛躍的に上昇させてスーパーマンのごとき人間になれる夢のようなスーツで、作中でもこのスーツを身に纏い、高台からジャンプして有頂天になる玄野計の姿が描かれています。
黒一色で洗練されたデザインといい、その驚異的な性能といい、この間観賞した映画「グリーン・ホーネット」に登場した発明品の数々が霞んでしまうほどに、いかにも未来感溢れる道具と言えますね。
玄野計の有頂天な描写も、ああいうスーツがあったら確かにああなるだろうなぁ、というものでしたし。

作品的な雰囲気としては、以前に観賞したことのある映画「トロン:レガシー」に近いものがありましたね。
アレも未来兵器的な武器が登場しますし、何よりも夜の舞台をバックに黒ずくめなスーツを着用して活動していましたから(苦笑)。
アクション系の描写も、本場ハリウッドには及ばないにしても、日本映画としては十分頑張っている部類に入るのではないかと。

映画「GANTZ」は2部作構成とのことで、後編となる次回作品は2011年4月23日に公開予定とのこと。
エンドロール後に後編の予告がありますので、映画を観賞される際には最後まで席を離れないことをオススメしておきます。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/257
GANTZ from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。奥浩哉原作、佐藤信介監督、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之。「DEATH N ...
2011年01月30日(日)22時41分 受信
佐藤信介監督 「GANTZ」 from 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?
公開初日の今日、仕事帰りに観てきました。公式サイト⇒http://gantz-movie.com/index.htmlふ、不思議な客層でした。若い女の子とオタクっぽい男子が入り乱れてて…これは原作が好きで気になって観にきてる原作ファンと…嵐の二...
2011年01月30日(日)22時45分 受信
GANTZ from LOVE Cinemas 調布
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也...
2011年01月30日(日)22時59分 受信
「GANTZ」試写会(舞台挨拶あり) from またり、すばるくん。
今日は、「GANTZ」の試写会に、TOHOシネマズ梅田へ行って来ました。
2011年01月30日(日)23時19分 受信
[映画『GANTZ』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆さて、朝一で観てきましたよ^^ 原作もいちお読み込んでいる作品なので、邦画のSF表現技術の限界ゆえに、各シーンに、独特の世界観を再現するのにちゃちさが感じられるであろうことはしょうがないと覚悟しつつ...
2011年01月30日(日)23時42分 受信
「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[GANTZ] ブログ村キーワード 週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きま...
2011年01月31日(月)01時18分 受信
劇場鑑賞「GANTZ」 from 日々“是”精進!
「GANTZ」を鑑賞してきました独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也...
2011年01月31日(月)06時00分 受信
GANTZ from 映画情報良いとこ撮り!
GANTZ就活中の幼馴染玄野と加藤は、駅で酔っ払いがホームから落ちたのを助けるために線路へ。しかし、彼らは、電車に轢かれたしまったのだ。2人は、ふと気づくと、見たことも無い場所に居た。そこは、GANTZと呼ばれる球...
2011年01月31日(月)06時05分 受信
映画感想 GANTZ 65点 前半の満足度は高いけど 後半の失速ぐあいが墜落級 from 姫子さんのゲーム天守閣!
映画 GANTZ(ガンツ) 感想です。漫画は最新刊まで全部読みました!キャストがなかなかいい感じだったので期待してみにいったよ主人公たちが 高校生から大学生に変更されていたり 登場人
2011年01月31日(月)07時16分 受信
GANTZ from 映画鑑賞★日記・・・
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ...
2011年01月31日(月)12時52分 受信
GANTZ 前編 from Akira's VOICE
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!! 
2011年01月31日(月)17時16分 受信
『GANTZ』('11初鑑賞13・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7)1月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
2011年01月31日(月)21時35分 受信
GANTZ from うろうろ日記
試写会で見ました。死にそうになったニノとマツケンが、なぜか生き残っていて、GAN
2011年01月31日(月)22時03分 受信
映画『GANTZ』試写会にて鑑賞。 from ほし★とママのめたぼうな日々♪
本日公開の映画、3作も[E:sign03]試写会に当選しました。 「どんだけ、欲張り」って、話ですよね…[E:colds
2011年01月31日(月)23時06分 受信
「GANTZ  PART1」死にかけて召喚された先に待っていた謎めいた果てしない戦いの連続 from オールマイティにコメンテート
29日公開の映画「GANTZ  PART1」を鑑賞した。この映画は奥浩哉の人気コミック「GANTZ」を実写化した作品で死んだはずの人間がGANTZによって召喚され、そこである星人と戦って10 ...
2011年02月01日(火)06時15分 受信
『GANTZ』 このスーツを見よ! from 映画のブログ
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。 エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...
2011年02月01日(火)23時57分 受信
GANTZ    上映時間が長すぎないか from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
死んだはずの人間が「GANTZ(ガンツ)」という謎の球体によって、呼び出されてなんとか星人という謎の怪物と殺し合いをさせられる。2部作の前半であるこの作品を見ても、仕組みはわからない。わてが気になったのは、130...
2011年02月02日(水)00時20分 受信
★GANTZ(2010)★ from CinemaCollection
なぜ、戦うのか──。上映時間130分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2011/01/29ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】独創的にして謎に満ちたストーリー展開...
2011年02月02日(水)00時25分 受信
★ 『GANTZ』 from 映画の感想文日記
2011年。奥浩哉/集英社/2011『GANTZ』FILM PARTNERS。  佐藤信介監督。奥浩哉原作。渡辺雄介脚本。 原作のマンガを読んでいないので、どういった物語なのか気にしていなかったが、予告編が意外に良くできていた(見たいと...
2011年02月02日(水)01時43分 受信
『GANTZ』(2011)/日本 from NiceOne!!
監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜公式サイトはこちら。原作未読。 これ、どうしよっかなーと思ってたんですけど、「意外とおもしろかった...
2011年02月02日(水)04時05分 受信
『GANTZ』 from こねたみっくす
俳優・二宮和也の百面相を見るだけでも十分な映画でした。原作が持っているエログロな雰囲気は後半には完全失速、人間ドラマも薄っぺらいなどマイナス要素が満載でも、アクショ ...
2011年02月02日(水)17時00分 受信
GANTZ パート1 from ぷち てんてん
寒い、寒い!しかし天気予報を見るとこの寒さもあともう少し我慢すれば…と言っている。今年の冬はホントに寒いから暖かいのが待ち遠しいわ(でも花粉も飛んでくるけど)その寒さの...
2011年02月02日(水)18時27分 受信
「GANTZ」みた。 from たいむのひとりごと
これは原作が凄く良く作り込まれているんだろうなぁ、という印象。原作を読んだことはなく、実は松山くんと二宮くんを観に行ったようなものなのだけど、思いの外内容に引き込まれてしまい観ている内から「これは続き
2011年02月02日(水)19時13分 受信
『GANTZ』 from ラムの大通り
※『PART2』の大胆予測もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。----あらら。これもコミックの映画化だ。「残された最後のカリスマ漫画」。また、大きく出たもんだニャあ…。「う...
2011年02月02日(水)22時44分 受信
GANTZ (ガンツ) from 象のロケット
就職活動中の大学生・玄野と幼馴染の加藤は、地下鉄で線路上に転落した酔っ払いを助けようとして、電車に轢かれてしまう。 次の瞬間、2人は見慣れぬマンションの一室にいた。 そこに集められた死んだはずの人々に...
2011年02月03日(木)20時09分 受信
『GANTZ』 映画レビュー from さも観たかのような映画レビュー
『 GANTZ 』 (2011)  監  督 :佐藤信介キャスト :二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、落合扶樹、土平...
2011年02月04日(金)01時40分 受信
『GANTZ』 | 松山ケンイチの傑出した存在感と演技力。 from 23:30の雑記帳
松山ケンイチにとって日本というフィールドはすでに狭すぎるようです。他の共演者がかすんで見えるほど、その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって見る者に迫ってきま ...
2011年02月05日(土)00時15分 受信
GANTZ from to Heart
製作年度 2010年上映時間 130分 PG12原作 奥浩哉脚本 渡辺雄介音楽 川井憲次 監督 佐藤信介 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人...
2011年02月05日(土)08時16分 受信
【GANTZ】 from 日々のつぶやき
監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多 生き残るために星人と戦い、そして殺すこと「大学四年の玄野は地下鉄のホームで小学校の時の同級生加藤と再会した。加藤は酔っ払って線路に落ち...
2011年02月05日(土)18時18分 受信
『GANTZ』 from だらだら無気力ブログ
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝...
2011年02月06日(日)08時33分 受信
GANTZ from とりあえず、コメントです
人気コミックを二宮和也さん&松山ケンイチさん主演で映画化した作品です。 やっぱりこの二人がどんな演技を見せてくれるのか観てみたいなあと楽しみにしていました。 コミック未読のままチャレンジした物語は、とて...
2011年02月06日(日)12時32分 受信
GANTZ from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
“GANTZ”に召還され、“星人”と戦うことになるという独創的な設定でカリスマ的な人気を誇る「GANTZ」は、週刊ヤングジャンプで2000年7月から連載開始し、コミックスも累計 ...
2011年02月07日(月)12時27分 受信
映画:GANTZ from よしなしごと
 原作は知らないのですが、松山ケンイチと二宮和也というキャスティングに惹かれて観ることに。僕が男性俳優に惹かれて観ることにしたという映画はこれが初めてかも。GANTZです。
2011年02月07日(月)23時38分 受信
GANTZ from そーれりぽーと
奥浩哉の原作は彼のコミックの世界観の集大成で超面白い『GANTZ』を観てきました。★★多恵ちゃんが可愛すぎるのがおかしい!それもそうだけど…。主人公達幼なじみ二人の年齢設定が高校生から大学生レベルになってい...
2011年02月09日(水)01時58分 受信
シネトーク51『GANTZ』●もっと“ガツン”とやってほちかったデつ from
映画バカコンビてるお と たくおのぶっちゃけシネトーク映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトークシアター51/『GANTZ』の回 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 脚本:渡辺雄介 音楽:川井...
2011年02月09日(水)03時45分 受信
GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ from 労組書記長社労士のブログ
【=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん〜(ノ_<。)ビェェン日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、...
2011年02月09日(水)10時00分 受信
GANTZ (前編) from シネマDVD・映画情報館
GANTZ (前編)スタッフ 監督: 佐藤信介 原作: 奥浩哉 キャスト 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 白石隼也 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之 劇場公開日:2011-1-29
2011年02月11日(金)07時51分 受信
GANTZ Part1 from 萬歳楽の酒飲み日記
公式サイト  http://gantz-movie.com/原作の累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックは未読。1年ほど前、同僚にお勧めのマンガを聞いたら『GANTZ』と即答された。でも、絵が好みじゃなかったので遠慮し...
2011年02月12日(土)06時43分 受信
映画「GANTZ」 感想と採点 ※ネタバレあります from ディレクターの目線blog
映画『GANTZ』(公式)を、初日(1/29)鑑賞。昼過ぎの回で観客は130名ほど。女子高生が3割ほどで、あとは老若男女満遍なくと言った客層。『白夜行』で撃沈した後で、少々疲れ気味での鑑賞となった…最初にお断りしてお...
2011年02月12日(土)07時31分 受信
映画「GANTZ」(2月5日) from Flour of Life
ニノとケンイチさんの夢の共演映画、「GANTZ」を見てきました。
2011年02月12日(土)09時58分 受信
ロボコン、0点 from 宇宙のめいぐると
「GANTZ」
2011年02月12日(土)11時25分 受信
GANTZ from 食はすべての源なり。
GANTZ★★★★☆(★4つ)面白かった~ホント楽しかったです。満足!!原作は知らないし、デスノートみたいに設定は突飛だけど、楽しめる!二宮君は「普通の男の子」をやらせたらピカイチだね。すごいわ。びびりつつ...
2011年02月12日(土)12時17分 受信
GANTZ  監督/佐藤 信介 from 西京極 紫の館
【出演】 二宮 和也 松山ケンイチ 吉高 由里子 夏菜【ストーリー】就職活動中の大学生・玄野計は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが...
2011年02月12日(土)13時09分 受信
GANTZ from 迷宮映画館
はーー、こういうお話だったのですね。いろいろと勉強になります、はい。
2011年02月12日(土)13時32分 受信
「GANTZ」見に行ってきました。 from みやさとの感想文と(時々)感想絵
GANTZVISUALBOOK映画『GANTZ』オフィシャル写真集(書籍)[集英社]《在庫切れ》価格:1,470円(税込、送料別)(こちらも売り切れ・・・すみません、最近売り切れな画像ばかり貼ってしまって...
2011年02月12日(土)14時45分 受信
GANTZ観に行ってきました~~~~ from 徒然”腐”日記
面白かったですよ~~~~GANTZ原作の漫画は未読GANTZ公式サイトも覗かずに観に行ってきましたーぶっちゃけニノと松ケン見たさにwwwえーーーとネタバレって程ではありませんが内容...
2011年02月12日(土)15時36分 受信
映画「GANTZ」 from FREE TIME
話題の映画「GANTZ」を鑑賞しました。
2011年02月13日(日)00時12分 受信
「GANTZ」 from 大吉!
<木曜日>(11年2月9日・TOHOシネマズ・10時〜・130分)就活中の大学生・玄野(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤(松山ケンイチ)を見かける。正義感の強い加藤は線路に転落した酔っ払いを助け...
2011年02月13日(日)00時19分 受信
★「GANTZ」 from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
今週の平日休みは2/1ファーストデーだったので、1本1000円で映画が観れました。3本観たうちの1本目。
2011年02月13日(日)03時24分 受信
映画レビュー 「GANTZ」 from No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)
GANTZ【公式サイト】  【allcinema】ご存じ、奥浩哉原作のコミックスの映画化。2部構成の今回は1部目。就職活動中の玄野計(二宮和也)は、小学校の同級生だった加藤勝(松山ケンイチ)を地下鉄...
2011年02月15日(火)01時34分 受信
千切れ飛ぶ手足!爆裂する人体!そして揺れまくる巨大なおっぱい!こんなとんでもない漫画が実写映画化された!『GANTZ(ガンツ)』 from ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
■ストーリー『何事にも無気力な就活中の大学生・玄野計と正義感の強い青年・加藤勝。幼なじみの2人は地下鉄のホームで再会して間もなく、通過する電車にはねられ命を落とすこと ...
2011年02月15日(火)18時52分 受信
映画『GANTZ』 from 新たなる渡り鳥ロディ
Sound of GANTZクチコミを見るだったら一緒に生きて帰ろう。今更ですが、映画『GANTZ』を見てきました。(あらすじ)就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴 ...
2011年02月16日(水)17時51分 受信
今どき人気コミックの主流?『GANTZ』 from 水曜日のシネマ日記
人気コミックを前・後編の2部作で実写版映像化したSFアクション映画です。
2011年02月19日(土)11時06分 受信
No.238 GANTZ from 気ままな映画生活
【ストーリー】累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ...
2011年02月22日(火)02時26分 受信
映画「GANTZ」前半絶好調、でも後半に大失速 from soramove
「GANTZ」★★★二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ出演佐藤信介監督、121分、2011年1月29日公開2010,日本,東宝(原作:原題:GANTZ)    ...
2011年03月01日(火)07時45分 受信
GANTZ from 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba
なぜ、戦うのか──。奥浩哉の人気コミック「GANTZ」の実写映画化。就職活動中の玄野は、偶然地下鉄のホームで再会した幼馴染の加藤と線路に落ちた酔っ払い
2011年04月04日(月)22時10分 受信
映画「GANTZ」    松山ケンイチが薄いが結構よい from 珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~
「GANTZ」を観た。ムービーウォーカーによれば、結構いいという人と、ダメと言い切る人に分かれるようだ。原作との兼ね合いをどう捉えるかだろう。原作コミックを一巻しか読んでいない自分としてはよかった。緊...
2011年04月27日(水)22時38分 受信
GANTZ from 銀幕大帝α
10年/日本/130分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開監督:佐藤信介原作:奥浩哉出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之<ストーリー>地下鉄のホーム...
2011年07月14日(木)01時10分 受信
GANTZ : 観たいなぁ、ハリウッド版(1) from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 昨日は、お騒がせして申し訳ありませんでした。今後は、気をつけて運営していきます。では、本日紹介する作品はこちらになります。【題名】GANTZ【製作年】2011年【製作
2012年07月12日(木)19時27分 受信
映画 GANTZ from VAIOちゃんのよもやまブログ
地上波で2週連続放送されていた映画「GANTZ」。いつものようにX95で録画し、PSPに転送して鑑賞しました。‘み’は全てではないものの原作漫画をそれなりに読んでいて予備知識はあった ...
2012年10月21日(日)20時52分 受信

コメント一覧

投稿者:シムウナ 2011年02月22日(火)02時17分 編集・削除

TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。

http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51865193.html

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2011年02月23日(水)19時55分 編集・削除

TB返しありがとうございます。
私も原作未読での映画観賞だったのですが、演出や迫力がハリウッドと比べても遜色ない出来で、ストーリー共々楽しめました。
後編の「GANTZ PERFECT ANSWER」は私も観に行く予定ですが、果たしてどんな結末を用意してくれるのか、私も楽しみにしています。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー