記事一覧

熊本の地震情報&福岡県西方沖地震の思い出話

2010年8月29日21時31分頃、熊本県熊本市を中心に震度1~3の地震が発生しました。
震源の深さは10㎞で、マグニチュードは3.4、地震による津波の心配はなし。
地震が起こる直前、前兆となる振動音がどこからともなく聞こえ始めたので「もしや地震か?」と身構えていたら、その直後に「ドーン!」という音と共に揺れ始め、15秒ほどで収まりました。
大した地震でなくて幸いでした。

私のこれまでの人生で一番大きな地震に遭遇したのは、2005年3月20日10時53分頃に発生した福岡県西方沖地震。
当時の私は福岡に在住していた上、当日は所用で福岡市の中心地にいたため、震度5強~6弱クラスの地震に遭遇する羽目になったわけです。
あの時は私の周囲だけでも、建物の壁にヒビ割れが入ったり、携帯電話が不通になったり、西鉄が全線ストップしたりと、地震の脅威の片鱗をまざまざと感じざるをえないトラブルが頻発したものでした。
しかもその1ヶ月後の4月20日の朝には再び震度5強の余震に見舞われ、交通機関がまたしても麻痺するという事態に直面していたりします。
福岡県西方沖地震が起きるまでは、福岡をはじめとする九州北部は「地震がほとんど起こらない地域」とさえ言われていたくらいですし、あの地震ほど「大地震はいつ起こるか分からない」と痛感させられたことはなかったですね。

この福岡県西方沖地震以降、地震というものについてかなり敏感になってしまったものです。
あれ以上の揺れを感じる地震には、今後もできれば遭遇したくはないものですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/130

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー