3代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ6 (No.131 - No.157)

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.131

Re: なんだかなー

投稿者:優馬
2000年12月07日(木) 19時59分

> 初めてみたけど、みんな「なんだかんだいって田中芳樹が好き」なんですなー。
> あんなヘボ小説のどこがいいんだか…。
>
> 銀英伝のキャラ名とかそらで言える時点で、「批判」なんつっても説得力ない。
> もっといい小説を読んだ方がいいと思います。

ふうん、そういう貴方は、なんでわざわざ「批判」サイトに来ておられるの?
批判サイトにわざわざ来て、書き込みまでしている方に、偉そうなこと言われてもあんまり「説得力ない」んですけどね。(笑)

田中芳樹は私にとっては「宇宙戦艦ヤマト」なんだな。昔、ハマっちまったことが、後から考えると恥ずかしくて仕方がないけど、ある意味愛しい。
ここのサイトの人たちは、「もっといい小説」も読んで、論理的に「田中批判」が出来るようになったから批評という「遊び」をしているわけ。単に「本を読む」という受動的な営為を超えて能動的に遊んでいるのです。この知的遊戯の面白さがおわかりにならないようですから、貴殿とは「孺子、共に語るに足りず」ですな。「もっといい小説」をしっかり読んで、当サイトの面白さがわかるようになったら、またいらっしゃいね。
では。

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.134

悪いか~!

投稿者:S.Inoue
2000年12月08日(金) 14時08分

> 初めてみたけど、みんな「なんだかんだいって田中芳樹が好き」なんですなー。
> あんなヘボ小説のどこがいいんだか…。

> 銀英伝のキャラ名とかそらで言える時点で、「批判」なんつっても説得力ない。

> もっといい小説を読んだ方がいいと思います。

拙者はミリタリーSFが大好きなんだ~い!
ミリタリーSFが大好きで悪いか~!
だから、宇宙の戦士も読むし、銀河お騒がせ中隊も読むし、オナー・ハリントンシリーズも読むし、ニック・シーフォートシリーズも読むし、レギオンも読むし、無責任艦長タイラーも読むし、星界シリーズも読むし、銀河英雄伝説も読みます。

ほかに面白いミリタリーSFがあったら拙者に教えて下さい。(但し,日本語版)

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.135

追伸: 悪いか~!

投稿者:S.Inoue
2000年12月08日(金) 14時12分

拙者はレンズマンも読むし、スコーリア戦史を読んでる最中です。

board3 - No.136

『反創竜伝』ってのはアリですか?

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月08日(金) 20時54分

 はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています。といっても、
ごく最近からですけど。さっきザ・ベストをちょこちょこと覗いてたんで
すが、ツボにはまる話題が多いです。
「田中芳樹のエンターティメント性」の特集で、させゆうさんの『竜堂四
姉妹』には参りました。(笑)確かにこれはイケてますな。ちょっとこの
ネタで妄想をふくらせてみました。

      へっぽこ実験小説企画 『反創竜伝』
1、主人公は「竜堂四姉妹」
  竜堂始(23):共和学院の新米女教師。知的で優しい年上美人
  竜堂続(19):敬語で喋る毒舌家の女子大生(あんま変わんないや)
  竜堂終(15):活発でボーイッシュなロリキャラ。自分のことを
          「ボク」というのはお約束(笑)
  竜堂余(13):素直でおとなしい正統派(笑)ロリキャラ。
 これだけいればどれかは必ず当たる!!・・・かな?(爆)
2、創竜伝に社会批評ははずせません。『反』なので、おもいっきり保守寄りの社会批評を展開し、左翼、進歩派、共産勢力を口を極めて罵倒します。当然中共は最大の批判対象です。(笑)
3、日本は異常に左傾化しており、左翼色の強い「毎朝新聞」(仮名)がトップのシェアを誇っています。当然「3K新聞」(仮名)など影も形もありません。革命が起こってないのが不思議なくらいです。
4、敵のボスは戦後日本左翼界の黒幕、船津忠義!! 日本にプロレタリア革命を起こすために竜種の力を欲しています。

 ・・・いやー、なんか止まりませんな。なんつーか、書いてるうちに自分
で書いてでも見たくなってきました、保守で愛国者の始さんしかも女!!!(爆笑)バカ話ですいません。

board3 - No.137

2ページ目で挫折した創竜伝

投稿者:新参者ですが
2000年12月09日(土) 14時23分

銀英伝が面白かったので創竜伝を読んでみたのですが
2ページ目で挫折しました。
1巻2ページ目2行目の
”いくら予報がはずれても倒産しない気象庁のおかげ…”
この一文に、筆舌に尽くしがたい嫌悪感を覚えました。
私は学籍にあったのは理系の学部ですが、
たまに文系で何も分かってないくせに対して調べもせずに
実験動物の虐待反対だとか原子力発電所の建設反対だとか
医歯薬系や物理系研究に安易に絡めて貶める人たちが居まして
その人たちに感じた嫌悪感に似た感情を抱きました。
もっとはっきり言うと、いくら読んでも役に立たない物を書いている
田中芳樹氏の何倍も広く世の中の役に立っている気象庁の仕事に対して
なんちゅういちゃもんつけとんじゃ、という痛憤です。
だいたい、あの地の文は、どういう視点で書いているのでしょうか?
いっそのこと、登場人物の誰かの視点で書かれていれば、
ああ、そういうキャラクターなのだなと判断できますが、
創竜伝の地の文は田中芳樹の主観で描いているように思いました。
もう一つ。
銀英伝なのですが、シェーンコップの台詞に
”精神的糖尿病”という表現があって、ん?と引っかかりましたが
創竜伝では、はっきり地の文に糖尿病云々と書いてますよね。
確か詰めが甘い、楽観的の言う意味の代用で使っておられるようですが
これはかなり糖尿病患者に失礼だと思うし、
そもそもこういう表現を使う田中氏の人間性を疑います。
新参者ですが長文失礼いたしました。

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.138

これは読みたい!

投稿者:小村損三郎
2000年12月09日(土) 15時37分

>
>       へっぽこ実験小説企画 『反創竜伝』
> 1、主人公は「竜堂四姉妹」
>   竜堂始(23):共和学院の新米女教師。知的で優しい年上美人
>   竜堂続(19):敬語で喋る毒舌家の女子大生(あんま変わんないや)
>   竜堂終(15):活発でボーイッシュなロリキャラ。自分のことを
>           「ボク」というのはお約束(笑)
>   竜堂余(13):素直でおとなしい正統派(笑)ロリキャラ。
>  これだけいればどれかは必ず当たる!!・・・かな?(爆)
> 2、創竜伝に社会批評ははずせません。『反』なので、おもいっきり保守寄りの社会批評を展開し、左翼、進歩派、共産勢力を口を極めて罵倒します。当然中共は最大の批判対象です。(笑)
> 3、日本は異常に左傾化しており、左翼色の強い「毎朝新聞」(仮名)がトップのシェアを誇っています。当然「3K新聞」(仮名)など影も形もありません。革命が起こってないのが不思議なくらいです。
> 4、敵のボスは戦後日本左翼界の黒幕、船津忠義!! 日本にプロレタリア革命を起こすために竜種の力を欲しています。
>

クラスのみんなの面前で自衛官の子弟に
「この子のお父さんの職業は人殺しです!」
と言い放つ教師とか、

「史上最低最悪の犯罪民族である日本人は中国共産党・朝鮮労働党のキャッシュディスペンサーとしてのみ地上に棲息することを許されるのよ!」
とかやたらとデカイ声で喚きたてる
「戦う人民ボート」
出身の電波代議士とか、

極左暴力集団の集会に堂々と参加し、テレビではひたすらテロリストと犯罪者の擁護に血道を上げ続ける
「自称社会民主主義政党」
所属の女性弁護士とかも登場させて。

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.139

Re: 追伸: 悪いか~!

投稿者:チャバティー中山
2000年12月09日(土) 16時23分

佐藤大輔の地球連邦の興亡は読まれましたか?
同じく遥かなる星もお勧めです
いずれも徳間ノベルズです

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.141

Re: 『反創竜伝』ってのはアリですか?

投稿者:モトラ
2000年12月10日(日) 07時07分

アリアリ、おおアリ! 実現したら、私のようなタイプのオタク層への浸透度はゴー宣以上でしょうなぁ。うおおお、余子ちゃんは俺のもんじゃぁ~!!!(ぉぃ^^;

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.142

へっぽこ実験小説『反創竜伝』

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月10日(日) 10時24分

 (注)以下の小説は『反』の実験です。登場人物は竜堂四『姉妹』に置き換えて読んで下さい。

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.143

Re: 姉妹なら

投稿者:モトラ
2000年12月10日(日) 14時25分

>  (注)以下の小説は『反』の実験です。登場人物は竜堂四『姉妹』に置き換えて読んで下さい。

だとすると、名前は変えないとまずいのでは。日本の伝統的な情緒を感じさせる名前…「花鳥風月」から

華子(はなこ。花子はあんまりなので)
鳥子(とりこ)
風子(ふうこ)
月子(つきこ)

なんてのはどうでしょう。ダサい? オリジナルの名前だって最初は大笑いモノ。物語の中で読者のハートをくすぐれば問題無し(^^)

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.144

レンズマン(想像)

投稿者:新Q太郎
2000年12月10日(日) 16時31分

> 拙者はレンズマンも読むし、

私は小学生の時、筒井康隆の「SF教室」で一行だけ「レンズマンシリーズ」とかいてあったので、レンズパワーで変身して頭がレンズの、

 レンズビーム! ◎三 三 三 三☆(+.+;)ギャッ!!
        /▼―
        人

こんな奴を想像したまま大人になったのですが、大体あってるでしょうか?

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.145

Re: レンズマン(想像)

投稿者:Merkatz
2000年12月10日(日) 19時35分

> > 拙者はレンズマンも読むし、
>
> 私は小学生の時、筒井康隆の「SF教室」で一行だけ「レンズマンシリーズ」とかいてあったので、レンズパワーで変身して頭がレンズの、
>
>  レンズビーム! ◎三 三 三 三☆(+.+;)ギャッ!!
>         /▼―
>         人
>
> こんな奴を想像したまま大人になったのですが、大体あってるでしょうか?

うわあ、ベタベタですな(笑)。
まるでキン肉マンに出てきたプリズムマンみたいですな。

かなり古いですが、アニメにもなって放送してましたね、レンズマン。
私はそれを見た記憶があります。
主人公の名前はキム何とかだったような・・・。

board3 - No.146

へっぽこ実験小説『反創竜伝』

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月10日(日) 22時20分

>  (注)以下の小説は『反創竜伝』の実験です。登場人物は竜堂四『姉妹』に置き換えて読んで下さい。

「共和学院の校訓が変わったんですって?」
四人分の紅茶をお盆にのせてリビングに入ってきた続が始に尋ねた。
「ええ、我らが靖一郎叔父さまのお達しでね。『自律、自制、自省』ですって。あ、ありがと。」
受け取った紅茶をひと口すすって、始は続けた。
「何でも最近読んだ本に書いてあったんだって。いわく『自律、自制、自省、いずれも人間にとって最も難しいものだ』だそうよ。」
「おやまあ、ずいぶんと易しい目標になったものですね。」
続は冷笑した。『自律、自制、自省』など、社会生活を送る上で当然備えていなければならないものである。自律のできない者は、後先考えず高価な品を買い漁り、破産するまで己の愚かさに気づかない。自制の効かない者が、抵抗のできない少女を欲望のままに襲ったり、『ムシャクシャしたから』といって、見知らぬ人を簡単に手にかけたりする。通り掛かりの罪もない母娘に襲いかかり幼い命を無惨に奪っておきながら、雑誌に顔写真を掲載されたことに『プライバシーの侵害だ』とわめきたて訴訟をおこす『少年』など自省などひと欠片も抱いているまい。大体その程度の常識もわきまえていないような輩は猿にも劣る存在であり、そもそも人間社会に住むべきではない・・・辛辣極まる続の意見だった。
「で・・・でもまあ、確かに大切なことではあるんだけどね。」
続の言葉があまりに容赦ないので、つい弁護がましいことを始は口にした。
「けどねえ・・・せめて今までの校訓も残しておいて欲しかったなあ・・・」
散々両訓並立を主張してついに容れられることはなかった理事会の臨時会議を思い出して、始はため息をついた。同意してくれたのは、叔母の鳥羽冴子のほか、2人だけであった。
「校訓ってあれでしょ。『異質への理解と寛容』だったっけ。」
紅茶よりもお茶菓子の方に熱心に取りかかっていた三女が口を挟んだ。隣では末妹がいつのまにか軽い寝息を立てている。
「へえ、よく覚えてるじゃない。」
「へっへー、こう見えても記憶力には自信あるんだ♪、ボクってば。」
「そう、じゃあその記憶力とやらでさっき食べたお菓子の数を教えてくれないかなあ?全くもう、一人でぱくぱくと!」
「わあっ!始姉、かんべん!!」
終は脱兎の如く長女のげんこつの射程距離から脱出した。始は苦笑して手を下ろしたが、一方で終の口にした『元』校訓のことを考えずにいられなかった。元々あの言葉は共和学院の創立者である祖父、竜堂司の座右の銘であったからである。かつて司は、高校生の始にこう語ったことがある。
『異質への理解と寛容、こいつは人間にとって最も難しいことだろうな。人はどうしても自分と異なる立場の者を認めたがらんものだからな。自分の欲しい言葉だけを聞きたがり、異なる立場からの意見に耳を塞ぐ。時には反対意見を喋る口の方を塞ごうとする。こいつは突き詰めれば感情に根ざしたものだから始末が悪い。だが、この種の排他感情に無自覚に流されていたらどうなるか、歴史が証明しておる。正義という名の排除の論理にどれほどの血が流されてきたことやら・・・』どうすれば正しいのか、自分はどうすべきなのか・・・今にして思うと拙速極まりない孫娘の問いに、司はこう答えた。『ふむ、難しいな。正解と呼べるかどうかわからんが・・・。相手には相手の立場があるってことを認識することかな。といっても、相手の立場になって考える、というのとはちと違う。相手の言うことを鵜呑みにしたり、唯々諾々と従ったりするのは理解でも寛容でもない、単なる思考停止した奴隷に過ぎない。大切なのは、まず相手を安易に否定せず、相手の立場を認め、次に己との立場の違いをしっかり見極める。それからどう対応するか考えるといい。肯定するなり否定するなり、賛同するなり批判するなり・・・な。最も、こうして偉そうに語っておるわし自身、ちゃんと実践できておるか怪しいものだがな。』そう言って豪快に笑っていたが・・・。
 正論だ、と始は思う。しかし何と難しい『正論』であろうか。何よりも自分自身を常に疑ってなければならないのだから。それでも独り善がりの正義に身を委ねないためには、出来る限り意識しておかなければならないことであろう。特に、竜堂姉妹の持つ『力』は、尋常ではないのだから・・・。
 「・・・姉さん、お茶、淹れなおしましょうか?」
続の声に始はふと我にかえった。気づくと手にした紅茶はすっかり冷めてしまっている。
「え?ああ・・・、うん、お願い。」
と、残りの紅茶をくっと飲み干し、空のカップを続に手渡した。
「あれ、始姉ってば寝てたんじゃなかったの?余みたく。」
目を開けたまま眠れるとは器用なことだ・・・ムシンケイな論評をする妹にぽかりと一発くらわせていると、余がゆっくりと目を覚ました。
「あ、余、起こしちゃった?ごめんね。」
「と、当方も謝罪を切に要求いたしますが・・・」
額を押さえつつ小さく手を挙げる終は当然無視する。
「えっとね・・・、夢をみたの。みんなが一緒の夢・・・」
余が、眠そうな声で話し始めた。もしかしてまだ半分くらいは夢の中なのかもしれない。
「へえ、どんな夢です?前のと同じ昔の中国風みたいなやつですか?」
紅茶を淹れなおして戻ってきた続が興味深そうに聞いた。
「ううん、そういうんじゃなくって・・・現代なんだけど、何故だかみんな・・・」
余は夢の内容を話し始めた。どうやら夢の中の環境は現実とあまり変わらなかったらしい。ただ、何故か姉妹は全員男になっている。つまり、竜堂四姉妹はそっくり、『竜堂四兄弟』になっているということだった。それだけでも結構面白そうであったが、話はどんどんエスカレートしていく。権力者の黒幕みたいな組織に狙われた4人は、捕まらないようあちこち移動しながら、行く先々で刺客や警察や機動隊、果ては自衛隊や在日米軍とも戦い、ことごとく蹴散らしていく。パトカーや戦車を乗っ取ったりもしたらしい。もの凄い波乱万丈の物語である。余がうとうとしていたのはほんの10分ほどだったはずだが、いつのまにそんな壮大な夢をみたのだろう、と始は思った。そういえば、起きた時に覚えている夢は、目が覚める5秒前くらいに脳が一気に見る、とどこかで聞いたような気がするが、ホントかどうかは分からないし、実際どうでもいいことではある。
「それでね、最後はみんなで竜に変身して空を飛んだの!すっごく気持ち良かった気がする・・・」
話し終わる頃には、興奮して余の眠気はすっかり吹っ飛んだようだ。
「あはははは、すごく面白そう!!ボクも見たいな、その夢♪」
終は余の夢をすっかり気に入ってはしゃいでいる。戦車を乗っ取るあたりのくだりが特にお気に入りらしい。
「何無邪気に喜んでるんですか、終さん。この夢もあなたが余さんにB級アクション映画を観せすぎたせいじゃないですか?」
「何いってんの。妹の感性を磨いてあげたいっていう麗しい姉心だよ。」
「磨き方に相当な偏りがあるようですけど。」
「芸術に偏見を持ちこまれたら、かなしいなあ。」
いつもの他愛ない姉妹漫才を見ながら、始は誰にいうともなく呟いた。
「ま、どんな荒唐無稽なことが起きても、4人一緒なら平気でしょ。」
             (了)

 本日の実験・・・・・・・・レス次第!!(汗)

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.147

Re^2: 姉妹なら

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月10日(日) 22時33分

>
> だとすると、名前は変えないとまずいのでは。日本の伝統的な情緒を感じさせる名前…「花鳥風月」から
>
> 華子(はなこ。花子はあんまりなので)
> 鳥子(とりこ)
> 風子(ふうこ)
> 月子(つきこ)
>
> なんてのはどうでしょう。ダサい? オリジナルの名前だって最初は大笑い
モノ。物語の中で読者のハートをくすぐれば問題無し(^^)

 面白いですね。4つで1セットのものって探せばいっぱいあるだろうし、いいのがあったら結構迷うかも。ちなみに私は彼女達を、始(はじめ)、続(つづき)、終(おわり)、余(あまり)と呼んでました。
「わかるかー!わかんねーだろー!!漢字でかくとおんなじだからなー!!!」・・・・・・ダメっすか?

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.148

Re: 『反創竜伝』ってのはアリですか?

投稿者:優馬
2000年12月11日(月) 07時37分

優馬です。
私も、「あり!!」に一票。是非続きを書いてください。

さて、四姉妹のネーミングですが、オリジナルが「始続終」+「余」という構成になっているので、私としては
雪月花(華でも可)+雅
または
松竹梅+幽or艶 などはいかがか、と思います。
あるいは五行説の四季から「青龍」「朱雀」「白虎」「玄武」で中国っぽく。
ここはしっかり格好良く優雅な名前を考えてくださいね。
全員、美人なんだから、名前もそれらしくなくちゃ!

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.150

Re136:「反創竜伝」のキャラクター&ストーリー設定

投稿者:冒険風ライダー
2000年12月11日(月) 11時45分

 竜堂4姉妹による「反創竜伝」とはなかなか面白い企画ですね。私もちょっと考えてみました。

1.キャラクター設定

 ここ最近発売された創竜伝11巻の文庫本をちょっと立ち読みしてみたのですが、その中の和田慎二との対談の中で、何と我らが偉大なる御大はちゃんと竜堂4兄弟と対抗する「4姉妹」の名前を考えていたのだそうです(笑)。さすがに「竜堂4姉妹」ではないようなのですけどね。
 それによると「4姉妹」の名前は次の通りになるそうです。

長女 ―→ ウラミ
次女 ―→ ソネミ
三女 ―→ ネタミ
四女 ―→ ヒガミ

で、これらを漢字変換してみると次のような文字が出力されてきます。

ウラミ ―→ 怨み・恨み・憾み
ソネミ ―→ 嫉み
ネタミ ―→ 嫉み・妬み
ヒガミ ―→ 僻み

「ネタミ」と「ソネミ」は、漢字変換すると「嫉み」という同じ文字が出てくるので「ソネミ=嫉み」「ネタミ=妬み」として考え、これに女性的な漢字を当てれば、原作者自身も推奨する理想的な「竜堂4姉妹」が完成するのではないでしょうか(笑)。
 ちなみにこれに基づいて私が作成した竜堂4姉妹の名前は次のようになります。

竜堂4姉妹
長女 ―→ 「怨美」(ウラミ)
次女 ―→ 「嫉美」(ソネミ)
三女 ―→ 「妬美」(ネタミ)
四女 ―→ 「僻美」(ヒガミ)

 1文字だけだと男性か女性かの区別がつきませんし、そもそもどこかの陰陽道やカルト宗教あたりが呪殺などに使う呪文や御札のような悪しきイメージがありますので、後ろに「美(ミ)」をつけて女性的な名前にしてみました。まあ元の名前がそもそもアレですのであまりフォローになってはいないでしょうが(笑)。
 それと竜堂4姉妹に欠かせない設定として「姉妹間の名前の呼び方」も忘れてはいけません。原作の創竜伝でもこの設定は重要なものとなっていますから。
 原作の設定(「竜堂家の食卓」参照)に基づいて作成すると、

竜堂怨美(うらみ)
 ―→怨美:「わたし」、目上の人間と会話する時は「わたくし」
 ―→嫉美:「嫉美」
 ―→妬美:「妬美」
 ―→僻美:「僻美」

竜堂嫉美(そねみ)
 ―→怨美:「姉さん」もしくは「怨美姉さん」
 ―→嫉美:「わたくし」
 ―→妬美:「妬美さん」
 ―→僻美:「僻美さん」

竜堂妬美(ねたみ)
 ―→怨美:「怨美姉貴」
 ―→嫉美:「嫉美姉貴」
 ―→妬美:「ボク」(←ここお約束です(笑))
 ―→僻美:「僻美」

竜堂僻美(ひがみ)
 ―→怨美:「怨美姉さん」
 ―→嫉美:「嫉美姉さん」
 ―→妬美:「妬美姉さん」
 ―→僻美:「わたし」

と、こんな感じになるでしょうか。
 あと問題となるのが、本来女性キャラクターであるはずの鳥羽茉理ですね。ストーリー展開を考慮すると当然男性になってもらわなければ困るわけですが、どんな名前がふさわしいでしょうか? いっそ女性の立場をそのまま続行させて竜堂4姉妹長女の怨美と「レズ」的な関係になってもらうという路線も考えられますけど(爆)。

2.ストーリー設定

 「反創竜伝」は基本的に以下のようなストーリー進行で進められていきます。

(1)最初の敵は戦後日本左翼界の黒幕・船津忠義。
 戦前から某極左政党の工作員として活躍し、日本や満州における様々な反政府活動を裏から指揮、左翼陣営のカリスマとして名を馳せる。
 日本が敗戦するや否やGHQに擦り寄り、GHQの日本弱体化政策に乗じて、日本のマスメディアと教育分野における支配体制を確立。しかし朝鮮戦争勃発・サンフランシスコ平和条約締結を契機にアメリカと対立、以後は中国共産党およびソ連との提携を模索するようになる。
 アメリカの政治力を背景にしている保守党とはしばしば対立するが、自分の支配力が浸透しているマスメディアと教育分野を駆使して日本の世論全体を左傾化させることに成功し、保守党内部にも左傾論調に同調してくるものが現れる。
 1960~70年代の全盛期には完璧な左翼支配体制を確立するも、月日の経過と共に自分の支配力の低下と日本の世論全体の右傾化傾向を敏感に感じ取るようになり、竜種の力を使って共産革命を行うことで、日本における左翼支配体制の再構築を画策するが、竜堂4姉妹の返り討ちにあって死亡する。

(2)竜堂4姉妹を狙ってくる次なる敵
 船津忠義の死去に伴い、それまで抑えられていた左翼陣営内の対立が激化。内部分裂抗争の中で、竜堂4姉妹の力を狙う「左翼教育組合の幹部教師」や「革新政党の代議士」などの手先が4姉妹に襲いかかる。竜堂4姉妹は保守的な社会評論を交えつつ(笑)一方的に撃退。
 そして自らの財力と影響力を駆使して密かにアジア支配を画策する華僑勢力、およびその華僑勢力を背後から操っている中国共産党が、竜堂4姉妹の次なる敵として立ちふさがる。日本の左翼支配体制の黒幕であると同時に中国共産党の傀儡でもあった船津忠義を殺されたことによって日本の支配体制が磐石になることを恐れた中国共産党や華僑勢力は、中国国内に鬱積している政治的・経済的不満を外にそらす意図もあり、日本政府と竜堂4姉妹に対する接触を開始する。
 中国共産党や華僑勢力はことあるごとに「先の戦争に対する謝罪」と「誠意ある補償」を要求し、竜堂4姉妹に対してまでそれを盾に一方的な服従と隷属を迫ったため、立腹した竜堂4姉妹は中国共産党と華僑勢力に対して宣戦布告。ここに両者は完全に対立する。

(3)真の黒幕・仙界の西王母と天界の玉皇大帝
 20世紀の戦争の大半を引き起こし、ヒトラーやスターリン・毛沢東などの独裁者を輩出し、今現在中国共産党を影から操っている真の黒幕とは、仙界の西王母と天界の玉皇大帝であった。病的な中華思想に基づいた異常なまでの特権意識を持つ彼らは、自分達の領土である中国支配だけでは飽き足らず、全世界に全体主義思想に基づいた極彩的な支配体制を確立するため、3000年もの昔から全てを画策していたのである。
 しかし民主主義勢力の台頭という予想外な展開によって、彼らの手駒として動くべきそれらの全体主義・共産主義政権はその大半が崩壊してしまい、彼らの支配体制確立作業は遅々として進まない。業を煮やした彼らはついに恐るべき計画を発動する。人類50億人抹殺計画・通称「染血の夢」がそれである。
 この計画は海外の華僑勢力と中国国内にいる漢民族以外の人間を全て抹殺するという、病的な中華思想に基づくウルトラナショナリズムから生まれた計画であり、この計画発動によって世界中に内戦・戦争・難民流出・金融危機・世界恐慌などの様々な政治的混乱が発生する。日本・アメリカ・EUなどの諸国も大打撃を受け、ひとりだけダメージを受けずに恫喝外交ばかり展開する中国に対して、次第に不信感と敵対意識を向けるようになる。
 仙界と天界の狂った陰謀と、それに操られる中国共産党・華僑勢力に対して、竜堂4姉妹はどのように立ち向かうのであろうか!?

 あとはこの流れに「ストーリーを破壊しない範囲内」で保守的な社会評論を大量にぶちこんでいくだけですね。竜堂4姉妹に敵対する立場として登場する華僑勢力陣営の中心的な人物としては、本編の毛沢東礼賛論者にして抗日戦線(といってもゲリラ戦でしかないですけど)の英雄である黄老と、弟の中国礼賛論者にして華僑勢力のボス・黄大人あたりが適役ですね。彼らに対する竜堂4姉妹の「保守的な」毒舌は見てみたいところです(笑)。
 しかしこの「反創竜伝」、田中芳樹には絶対に書けないシロモノでしょうね。保守的な論評もさることながら、田中芳樹には「女性描写が致命的なまでに下手くそ」というとんでもない欠陥がありますから。特に最近の女性描写ときたら「ジャイアンの歌」並にひどすぎる上に作品構成を破壊しているので、あまり女性描写を中心に描くような作家になどなってほしくはないのですけど。

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.151

男のままはナシですか?

投稿者:NNG
2000年12月11日(月) 14時47分

『反創竜伝』姉妹で左翼というのが定説になって来てますが……

1:兄弟のまま
2:思想は語らせない
3:ソ連は最初から崩壊しているor崩壊しない
4:魅力的な敵を作る
5:敵の策謀は暴力だけでなくて策略も使用して跳ね除ける
6:公務員だからと言って無闇に膝を砕かない(笑)

といった現在の創竜伝を正す形での『反創竜伝』ってのはダメですかね?

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.152

Re: 男のままはナシですか?

投稿者:モトラ
2000年12月11日(月) 17時00分

> 『反創竜伝』姉妹で左翼というのが定説になって来てますが……
>
> 1:兄弟のまま
> 2:思想は語らせない
> 3:ソ連は最初から崩壊しているor崩壊しない
> 4:魅力的な敵を作る
> 5:敵の策謀は暴力だけでなくて策略も使用して跳ね除ける
> 6:公務員だからと言って無闇に膝を砕かない(笑)
>
> といった現在の創竜伝を正す形での『反創竜伝』ってのはダメですかね?

圧倒的多数の女性ファンを獲得した「創竜伝」に対して、数多くの男性ファンを虜にする「反創竜伝」ってことで4姉妹…どうでしょう。2~6については、アリかもしれませんね。でも、全然別物の作品になってしまいそうです。

ついでに作者は必要以上にそのテの同人活動に干渉しないと(ぉぃ)

親記事No.146スレッドの返信投稿
board3 - No.153

Re: へっぽこ実験小説『反創竜伝』

投稿者:日傘
2000年12月12日(火) 05時39分

思わず本棚の奥から創竜伝一巻引っ張り出しました。
右傾化した竜堂兄弟って、新鮮味が全く無いんですね。結局、創竜伝の社会評論の説得力って、田中氏の筆力にまるっきり依存してる事を再確認した次第です、ハイ。

ここでリクエスト。
『反薬師寺涼子の事件簿』
ってのもありですか?

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.154

『反創竜伝』はパロディですから……

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月12日(火) 08時32分

> 『反創竜伝』姉妹で左翼というのが定説になって来てますが……
>
> 1:兄弟のまま
> 2:思想は語らせない
> 3:ソ連は最初から崩壊しているor崩壊しない
> 4:魅力的な敵を作る
> 5:敵の策謀は暴力だけでなくて策略も使用して跳ね除ける
> 6:公務員だからと言って無闇に膝を砕かない(笑)
>
> といった現在の創竜伝を正す形での『反創竜伝』ってのはダメですかね?

 う~ん、自分の認識では『反創竜伝』は、あくまで『創竜伝』を元ネタにしたパロディですから、過剰に職分を侵すのはマズいんじゃないかなぁ、と思ってます。「主人公を女性に」とか「思想は保守寄り」「敵は左翼にあり!」ってのも、「この辺の創竜伝のスタンスを逆にしたら面白そう」以上のものではないですし。創竜伝の持つトンデモ部分を改めた『竜童兄弟もの』を書いて、「これが創竜伝の正しい姿だ!」なんて畏れ多くて出来ません。まあ、こうやってパロディやって遊べるのも、愛すべき元ネタ『創竜伝』あってのことですから。(私の創竜伝への立場は、例えるなら『アンチ巨人も巨人ファンのうち』です。)でもほかの方がやる分には楽しみですね。「反創竜伝なら姉妹!」という『定説』なんて気にしないで頑張っていただきたいです。
2>思想や社会批評が無くなったらそれは既に『創竜伝』ではありません。(えらい偏見ですけど)『社会批評無しで面白い伝奇アクション小説』なんて、パロディとして腐らせるのはもったいないです。是非とも主人公の名前変えて、オリジナル作品として発表していただきたいものです。
3>同感です。大体まだソ連が存在していたら、グラドス人が攻めてくるでしょう。(わかんない人スイマセン (^^;))
6>まったくその通りですね。痛いんだ、あれは…じゃなくって(笑)職務として出動してきた警察の皆さんに、「因果な商売だな、立派に成し遂げろ、公僕…っ!」と問答無用でそういったえげつない攻撃をしないくらいの配慮はあって然るべきですね。強いんだから。

親記事No.125スレッドの返信投稿
board3 - No.155

Re^2: なんだかなー

投稿者:kuma
2000年12月12日(火) 09時18分

その通りだと思います。
作品を読んでいない人の批判は批判ではないと思います。

親記事No.136スレッドの返信投稿
board3 - No.156

Re^2: 『反創竜伝』ってのはアリですか?

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月12日(火) 10時03分

> > さて、四姉妹のネーミングですが、オリジナルが「始続終」+「余」という構成になっているので、私としては
> 雪月花(華でも可)+雅
> または
> 松竹梅+幽or艶 などはいかがか、と思います。
> あるいは五行説の四季から「青龍」「朱雀」「白虎」「玄武」で中国っぽく。
> ここはしっかり格好良く優雅な名前を考えてくださいね。
> 全員、美人なんだから、名前もそれらしくなくちゃ!

 う~む、どうも『改名』を提案される方が多いようですね。ってゆーより『護名派がいない』というほうが正確か…。あまりちゃんじゃだめかぁ…(悲)とゆーわけで真面目に名前を考えてみました。

 青、赤、白、黒の色絡みで
『深空(みそら)、朱理(しゅり)、雪葉(ゆきは)、真夜(まや)』
 春夏秋冬にあてはめ
『春果(はるか)、夏樹(なつき)、秋音(あきね)、冬野(ふゆの)』
(何げに語尾で五段活用順に木火土金水を対応させてたりして…)
>雪月花+雅 に地水火風おりまぜて
『雪野(ゆきの)、火月(かづき)、風花(ふうか)、雅水(まさみ)』

……どうでしょうか?色々出てはきますけど、何にすればいいやら、てんで確信がありません。(泣)ほかの方のアイディアも伺いたいです。
 とりあえず私が今のところ突発的(発作的?)に書く「へっぽこ実験小説」
は暫定的に現状維持、決まったら変えるとゆーことで……

P・S>関係ないですけど、「松竹梅」といえば「まつざか三姉妹」ですよね。(失礼^^:))

親記事No.146スレッドの返信投稿
board3 - No.157

Re^2: へっぽこ実験小説『反創竜伝』

投稿者:画聖マニの再来(自称)
2000年12月12日(火) 10時37分

> 思わず本棚の奥から創竜伝一巻引っ張り出しました。
> 右傾化した竜堂兄弟って、新鮮味が全く無いんですね。結局、創竜伝の社会評論の説得力って、田中氏の筆力にまるっきり依存してる事を再確認した次第です、ハイ。
>
 あううぅ~、すみませぬ~。駄文を長々とのせてしまいまして。<O>
何せ私、小説書いたの初めてだったもので。やっぱり見よう見真似じゃ上手くいかないものです。でも『反』というネタそのものは結構いい感じだと思ってます。頭が良くて文才のある人がものしたものならきっと面白いのではないでしょうか。誰か一口乗りません?われこそはって。

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加