2代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ51 (No.893 - No.907)

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.893

Re: 神の国

投稿者:小村損三郎
2000年05月17日(水) 14時55分

優馬さんは書きました
>らいとすたっふの人たちも
>「創竜伝は、田中さんの『愚痴たれ小説』だから」と言って(あきらめて?)おられるそうです。

らいとすたっふでもそうなんですか。
大体、あの横山信義氏と同じ事務所ってのがよく分からんです(^^;;)。

> たびたびどうも、優馬です。
> すっかりこのサイトが気に入ってしまいました。
> さて、森首相の「神の国」発言。「創竜伝」がもし執筆中ならば、こんな感じになりますでしょうか。

12巻は現在鋭意執筆中だそうです。
ひょっとしてこのサイトが立ち上がってから初めての新刊なのかな?
でも、10・11巻の様子からして、又拍子抜けするほど社会評論が少ない可能性も考えられますが。

>
> 「『日本は神の国』と首相発言」という見出しの踊る新聞を置いて、始は溜め息をついた。その首相は、前任者の急病で急遽登板したばかりの政権党のタカ派の人物だった。
> 「兄さん、浮かない顔ですね。」と続。
> 「どうして、こう夜郎自大な政治家ばかりがこの国では偉くなるのかねえ。」
> 「ああ、凡人宰相が倒れた後をついだ『たなぼた』の人ですか。前首相が意識不明になったのをいいことに、官房長官が『すべてよろしく』とか言われたと言い張って、政権党の顔役が談合して勝手に決めた首相でしょ。」
> 「知ってる!鰯の漬け物を棺桶の上に置いて匂いをごまかすんだ!」と終が口を出す。
> 「終君、それは始皇帝が死んだときの話です。『冷めたピザ』さんを始皇帝と一緒にしては、兵馬俑が怒って地底から飛び出して来ますよ。」
> 「うへっ、学校、行かなくちゃ!」次兄の一喝に食パンをくわえたまま終は部屋を飛び出していった。
> 「ねぇ、日本って『神の国』なの?」と余が尋ねた。
> 「どんな国の国民も自分の国が一番、だと思いたがるのは自然なことなんだ、余君。しかし、他人を見下して自分だけが尊いと決めつけるのは、精神の貧困さの現れと言わなければならない。まして、世界有数の金持ち国家と自慢するのなら、それなりの風格というものがあってしかるべきなのだ。」
>
>  ・・・「本物」はもう少し毒々しくなるような気がしますが。
>
>  それにしても、森首相の「神の国」発言。内容のどうのこうの以前に、政治的センスが悪すぎます。こんなこと言えば、創価学会が腹を立てるに決まってるわけで、大事な大事な政治的「相棒」の公明党が、間に挟まれて非常に困った立場になるということに思いが至らないんですね、この人は。小渕さんは「気配り」があった分、まだ首相の器。自民党の選挙責任者であり「自公保」の推進役である野中幹事長の大渋面が目に浮かびます。

全くあのオッサンは何とかならんのでしょうか(--;)。
とにかく、あのガタイにも関わらず全身にどーしよーもない
“小物感”
が漂っていますね、あの人は。
ルックスは『デンジマン』に出てきたバンリキ魔王(←知ってる?)にソックリだし(笑)。

こうしてみると温顔の小渕さんの方がはるかに底の深さを感じさせるように思えるのはなんともはや・・・。
誰だこんなのを首相にしたのは(怒)。

>結局、森善朗という人は自分のイデオロギーの方が民意や政治的配慮に優先しちゃう人なんですね。そういう意味で、冷戦下の「55年体制」の「右翼のシッポ」を引きずっている。少年の凶悪犯罪に対して「便所掃除させればいい」とか言っていたらしいし、頭の中、カビが生えています。

カビが生えてるというより、悪い意味でコドモっぽい人なんでしょう。
「神の国」発言にしてもたいして深い意図があっての発言ではなくて、
要するに電車の中吊り広告なんかによくある

“神々の国 出雲路をゆく” (byJR西日本)

みたいな意味で言ったつもりだったんでしょうね。

しかし、それがもたらすであろう波紋と内外の勢力に利用される可能性にこれっぽっちも思い至らないんですから、やはり宰相としては全くの不適格者と言わざるをえません。
宮内庁の職員もハッキリ
「迷惑だ」
と言ってるそうですし。

でも、その一方で昨日今日の朝日新聞もスゴイことになってるような(笑)。
asahi.comの見出しの半分以上が森発言ネタで埋められていたり、便乗してか
「オランダで日本の戦争犯罪への抗議デモに協力する日本人留学生」
を持ち上げる記事を写真入りでかましてくれたり。
まるで10年以上前の紙面を見ているようだ(笑)。
「神の国」騒動を奇貨としてしゃにむに大反攻に転じたのでしょうか。
“バルジ大作戦”みたく(爆)。

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.894

神の国発言と新聞

投稿者:たまきち
2000年05月18日(木) 01時01分

 ずっとROMしていたのですが、新聞の話題が出ていたので、この問題の森総理に関して創竜伝と負けず劣らずの阿呆らしい状況があるので少々紹介させていただきたいと思います。

 私は森総理の地元である石川県在住です。何が阿呆らしいかというと、地元の新聞の森総理に関する記事の論調がおかしいのです。世間一般と論点がずれまくっているのです。この新聞社のワンマン社長は早稲田出身で、早稲田出身者は優遇するという社風なものですから、同じく早稲田出身の森氏を絶賛する方針なのです。
 今までの数々の失言等で問題になったときも、この新聞では曲解にちかいくらいの解釈をしてみせて反対に賞賛しています。しかも片隅に小さく載せるので、そんな事があったことすら気づかない人もいるくらいです。それでテレビなどを見て初めて「何それ?」ってなるんです。
 今回の「神の国発言」についても、昨日の新聞には1面に「発言を陳謝(5面に関連記事)」と陳謝発言の内容の列記だけで、5面には「広がる波紋(1面本記)」として野党の面々の発言の羅列だけです。今日の新聞でも、朝日でいえば天声人語にあたるところに「あの釈明では自分にすら詭弁に聞こえる。和魂洋才の和魂が衰弱して日本のよさが失われていると、きちんと言うべきだった。心配である」という話が書かれています。とにかく全体をとおして森氏に好意的な論調です。

 この新聞社は地元でも悪評高く、しかし田舎であるこの地方ではあらゆる分野に権力を伸ばしているので誰も表立って批判できないという、どうしようもない馬鹿馬鹿しい状態です。地元伝統芸能の世界の人事にまで口を挟んだり、学校も経営してるので他の学校の問題は学校名を挙げて大々的に報道してみたり、自分の会社が主催したイベントの記事はどんな大ニュースよりも優先されていたり…。あげくに主催したイベントのチケットを大量に地元企業に送りつけて法外な請求書を突きつけるなんてことも実際にやってます。また伝統芸能の一人者といわれるような人たちに取材して、ふつうなら謝礼を出すような場合でも逆に掲載料を請求したりしています。それに読んでいると知性を疑われそうな内容の月刊誌も発行しているのですが、詐欺まがいではなかろうかとも思える方法で売上部数をのばしている始末です。

 地元民の反応としては、男女を問わず会社勤めをしている人や主婦でも対外的な活動をしているような人たちは、新聞社には批判的で森氏については悪意はないけど器が足りないというのが多いです。今時通用しないような旧態然とした政治家の典型なんて言う人もあります。でも家にこもりっぱなしの人や70代80代くらいの年配の人たちは、新聞が誉めているのだから良い人だと本気で信じている人も少なくないようで、ここが恐い所です。もともと保守王国なんて言われていた地域でもありますし仕方のないことなのかもしれませんが、まさに洗脳状態ではなどと思ってしまいます。

 個人的には、森喜朗氏には「はずかしいから、しょうもない失言はもうしないでよ」くらいの思いしかありませんが(あえて投票したいとも思いませんが)、この新聞社については創竜伝に登場する新聞社とダブって見えて嫌いです。創竜伝ネタになりそうだとも思いますが、さすがの田中氏にしてもこんな地方紙など相手にしないでしょうね。

 もしよければ、この新聞社のホームページアドレスをご紹介します。ちなみに今日見たところ「神の国発言」に関した記事は1つも載っていませんでした。

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.895

神の国について(長文)

投稿者:新Q太郎
2000年05月18日(木) 04時36分

私が、他の場所に書いたものですが「神の国」が出てきたのでこちらにも。あちらでの名義は「明山」です。

「神」を持ち出すのは勝手(許容範囲)だが
URL 明山智隆 2000/05/17 03:41

「米国市民と世界の市民諸君、われわれが諸君に要求する大きな努力と献身の精神と同じものを、諸君の側からも私たちに要求していただきたい。確かな報いは良心のなぐさめだけであり、われわれのおこないを裁くのは歴史であることをわきまえて、愛するこの世界のために歩もうではないか。神の祝福と助けを求め、私たちの歩みは神の道であることを念じながら。」

無心論者もブディストもヒンドゥー教徒も、ゾロアスター教徒もいるアメリカ連邦の最高指導者が就任に際しおっしゃったお言葉。1961年。

さて、仮に森氏側にたって弁護するとしたら、こういう風なかたち、すなわち上記演説が神権政治をアメリカに敷く、という意味ではなく「神」に象徴される道徳的、良き政治を行いたい、という意味であるのと同様だ……といえば、別に問題はない。

しかし、私は神さんも仏さんもあんまり好きではないので、こういう言葉を為政者が口にするところほど遅れた野蛮なるクニである、という偏見をもっている。国家は道徳的な権威を持たず、価値中立的なところに存在すればするほど近代的だと思うからだ。
(金大中も、就任式で神を持ち出したような気がするが、そらどこのゴ宗旨だっての)

私は、上記演説と森発言が基本的に同じようなもんであると受け止める。
そして、そのどちらも、マヌケな発想(たかがヒトがやりやがる政治ごときを、神やホトケやテンノーヘイカで飾り立てるのが、俺の趣味に合わない)だと思う

--------------------------------
神の国から URL 明山智隆 2000/05/18 04:24

この問題、けっこう面白いというか論じかたによっては深くなると思うので続けてみましょう。

>「この国は神の国」と政治家が発言すれば、それが民主主義国家であれば、問題になる

私の記憶では「この国は神によって、偉大な使命と義務を授かった国である」みたいなレトリックは頻繁に合衆国、またドイツ、イギリス?などで使われていたと思いますが、資料がないのでこれは保留しておきましょう。

確実な資料があるのは、人権の総元締めたるアメリカ独立宣言。

 「我われは以下のことを、自明の真理と信ずる。すなわち、すべての人は平等に造られ、 造物主によって、奪うことのできない権利を与えられており、その権利には生命、自由、 および幸福の追求が含まれることである」

まこと”野蛮人”というのは困ったもので、人権を「造物主」を担保にして宣言したこ奴らの眼中には、無神論者もブディストも、陰陽の理で世界が生まれたとする朱子学者も、多くの精霊と共にあるネイティブ・アメリカンの存在もなかったのでしょう。

しかし、独立宣言が今なお有効とされるのは、それが”造物主”の存在を前提としていても、実際に宗教者が政治実権や特権を持つ神権政治、(公式な)「国教」を産まなかったから。「なんか超越的なものがあるよね、それは人間を超えた存在だよね」ということを(この宣言に限っては)表現したものであり、それ以上のものでなかったからでしょう。

森氏の弁明を要約すると、『自分の「神の国」も(独立宣言などと同様)政治的神権政治、絶対王政の主張ではない、もっと基本的な道徳的、超越的権威への敬意に過ぎないのだ』と今回主張している。
(もっともあの男はアタマ悪いので(笑)、こんなハッキリとは言えてないが)それ以上は攻め手がない、といえよう。

超越的価値という点では、フランス人権宣言において、同宣言は「至高存在(!)の面前で、かつその庇護下に」発せられたのである。「神の国」と「至高存在」、どちらも”オゴソカなるもの”を国の、もしくは「民主主義」の元締めとしたものである。
(「岩波文庫の『人権宣言集』は……人権思想の第一の特徴は形而上学的傾向であると、明快に解説されている……論証不可能な中格概念を持つイデオロギー……人権思想とは、宗教に等しいそういう妄想的なイデオロギーなのである」<呉智英『危険な思想家』より)

こういうものの存在すべてを否定するのか、そうでなく森の言う「神の国」(のみ)を否定するのか。そこから、否定論者も微妙に差が出てくる。 皆、その立脚点をどこにおくか興味深い。

宗教に対する認識に欠ける(デリカシーが無い)
>冒頭に「まさに天皇を・・」…
>「信教の自由だからどの宗教も、神も仏も大事にしようと…」
>いうことを、学校でも社会でも…」と発言する
>首相は神とGODと仏の違いが判っているのか?

ずばり言って森は分かってない(^0^;)。ちなみに彼の選挙区は浄土王国で、選挙運動中「火事の家から仏壇を運び出した」のが美談となり初当選したとか(笑)。だからこんなのまさに異安心なのだが、しかし日本のある考えを示していることも事実なのである。

この点については、少し話が続き論点が出ている
********
(>いっしょくたのところが日本人の宗教観の特色だ)
(>「この国はキリストの理想とした愛を・・・・」)etc。
*********

ので略すが、私なりの結論は「神とGODは違う!ちゃんと区別しろ!」という思想も「神も仏もありがたや、キリストさんも偉い方、みんなまとめてナンマイダ」という思想?も全く等価である、ということだ。
(典型的なのは天理教。カソリック神父が天理行きの列車に乗り合わせ、信者に宗旨を聞かれた。神父はカソリックと名乗ったとき、敵意や疎外感を覚悟したが「それはいいことです。どの神様でも、ご信仰は素晴らしいことです」とニコニコされ、非常に驚いたという)

実はこれは「自衛隊よ夫を返せ裁判」の重要な論点にもなっているので興味のあるかたはそちらの資料もご参照いただきたい

--------------------------

続:神の国から URL 明山智隆 2000/05/18 04:27

僕は、続きをつくるしか、なかったわけで。(「北の国から」風)

>スターリンを中心にしている共産主義の国
>池田先生を中心にしている創価学会の国

というのが、なぜ問題となるか。これは最初の話と重なってくるが、論証不可能なイデオロギーとして持ち出される点では同じで、単に、「スターリン・共産主義」「池田・創価学会」という固有名詞自体が支持を得られない、というだけなのです。私の前の書き方をすれば「趣味に合わない」というだけの話。

なぜなら、このような宗教・イデオロギーは、ごく抽象的、一般的な日常道徳――というレベルでも語られ得るし、その範囲で政治と交わる可能性(危険性)があるからである。

それは、逆にこの仮定をもっとソフトにしてみれば分かるだろう。

>キリストがかつて語った「愛の精神」に基づく政治を…
>自由と解放を求めて闘った人々の理想を胸に秘めた政治を…
>良寛さまのような、「慈悲」の心を忘れずに…
>フランス革命から続く精神を受け継ぎ…

「天皇」が「昭和ファシズム」、「神」が「国家神道」に結びつくなら、キリストは十字軍と異端審問に、「解放を求めた人々」は収容所群島に、「良寛様」は仏教国家に、フランス革命はジャコバン独裁とヴァンデ虐殺に結びつき得る。
私の「趣味」としては上2行は無論、下4行も全て政治家が口にするべきではないと思う。しかしまあ、一般的には下はたぶんOKなのでしょう。それは個人差というものだ。
森氏の発言も、各自の「趣味」にあうか、ということになる。

ttp://bbs2.otd.co.jp/mondou/bbs_tree

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.896

パロディお見事

投稿者:新Q太郎
2000年05月18日(木) 04時44分

> さて、森首相の「神の国」発言。「創竜伝」がもし執筆中ならば、こんな感じになりますでしょうか。
>
> 「『日本は神の国』と首相発言」という見出しの踊る新聞を置いて、始は・……

このパロディ(パスティシュ)、抜群に面白い!ゴーストライターが明日にでも務まる(笑)。

board2 - No.898

はじめまして、さっそく質問です。

投稿者:が・じん
2000年05月18日(木) 14時18分

初めて、書き込みさせて頂きます。
私が田中氏の作品(銀英伝)に触れたのは中学生の時でしたが、あまりの面白さに寝るのも忘れて没頭したものでした。さて、唐突ですが質問をします。
その1 ムライ(村井)中将は日系人なのか?名前はE方式ナノか?
    そもそもフルネームはなんなんだ。(アムリッツア会戦の
    トダ大尉でさえ、たしかフルネームが出ていたのに。影薄い
    よな。)

board2 - No.899

ネット切っちゃいました

投稿者:速水右近
2000年05月19日(金) 04時06分

霧島の「なっちゃん」との抗争に疲れて、回線切っちゃいました。そのせいか、仕事がはかどるはかどる。どこかのCMじゃないけど、テレビも捨てようかなあ。
反面、色々内部事情がばらせなくなったのは、つらいけど。

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.900

『森喜朗都市』

投稿者:小村損三郎
2000年05月19日(金) 14時24分

たまきちさんは書きました
>  私は森総理の地元である石川県在住です。何が阿呆らしいかというと、地元の新聞の森総理に関する記事の論調がおかしいのです。世間一般と論点がずれまくっているのです。この新聞社のワンマン社長は早稲田出身で、早稲田出身者は優遇するという社風なものですから、同じく早稲田出身の森氏を絶賛する方針なのです。
>  今までの数々の失言等で問題になったときも、この新聞では曲解にちかいくらいの解釈をしてみせて反対に賞賛しています。しかも片隅に小さく載せるので、そんな事があったことすら気づかない人もいるくらいです。それでテレビなどを見て初めて「何それ?」ってなるんです。
>  今回の「神の国発言」についても、昨日の新聞には1面に「発言を陳謝(5面に関連記事)」と陳謝発言の内容の列記だけで、5面には「広がる波紋(1面本記)」として野党の面々の発言の羅列だけです。今日の新聞でも、朝日でいえば天声人語にあたるところに「あの釈明では自分にすら詭弁に聞こえる。和魂洋才の和魂が衰弱して日本のよさが失われていると、きちんと言うべきだった。心配である」という話が書かれています。とにかく全体をとおして森氏に好意的な論調です。
>
>  この新聞社は地元でも悪評高く、しかし田舎であるこの地方ではあらゆる分野に権力を伸ばしているので誰も表立って批判できないという、どうしようもない馬鹿馬鹿しい状態です。地元伝統芸能の世界の人事にまで口を挟んだり、学校も経営してるので他の学校の問題は学校名を挙げて大々的に報道してみたり、自分の会社が主催したイベントの記事はどんな大ニュースよりも優先されていたり…。あげくに主催したイベントのチケットを大量に地元企業に送りつけて法外な請求書を突きつけるなんてことも実際にやってます。また伝統芸能の一人者といわれるような人たちに取材して、ふつうなら謝礼を出すような場合でも逆に掲載料を請求したりしています。それに読んでいると知性を疑われそうな内容の月刊誌も発行しているのですが、詐欺まがいではなかろうかとも思える方法で売上部数をのばしている始末です。
>
(中略)
>  個人的には、森喜朗氏には「はずかしいから、しょうもない失言はもうしないでよ」くらいの思いしかありませんが(あえて投票したいとも思いませんが)、この新聞社については創竜伝に登場する新聞社とダブって見えて嫌いです。創竜伝ネタになりそうだとも思いますが、さすがの田中氏にしてもこんな地方紙など相手にしないでしょうね。

↑ ひょっとして5巻?(『蜃気楼都市』)に登場した
「日本海側の地方都市」と、そこを支配する一族のモデルなんてことは・・・(^^;;)。
森サンも沖縄に文句付ける前に己の足元を見ましょー。

ところで、再来年のNHK大河ドラマが『利家とまつ』に決まったそうなんですが、大河ファンの間からも
「貧困な企画」
「七番・八番煎じ」
「『おんな太閤記』裏バージョン」
「なんで『葵』の放送中に同時代のネタを発表するんだ」
と非難囂々です。
で、一説によると森サンが
「前田利家を大河ドラマに」
というのを選挙公約に掲げたそうでして(爆死)。
観光都市・金沢の地盤沈下へのテコ入れの為無理矢理NHKにねじ込んだのでは、なんて邪推する声もあります。

まあ、来年の『北条時宗』の発表の時もガイドライン法案がらみで色々言われたらしいんですけどね(^^;;)。

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.901

「最高でーす!!」

投稿者:小村損三郎
2000年05月19日(金) 14時40分

新Q太郎さんは書きました
> このパロディ(パスティシュ)、抜群に面白い!ゴーストライターが明日にでも務まる(笑)。

「田中芳樹先生にしか聞こえないはずの
“天声”
が実は複数のゴーストライターの話し合いで決められていたことが分かった。」
(国民新聞)

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.902

Re: 『森喜朗都市』

投稿者:優馬
2000年05月20日(土) 00時52分

優馬です。

> ↑ ひょっとして5巻?(『蜃気楼都市』)に登場した
> 「日本海側の地方都市」と、そこを支配する一族のモデルなんてことは・・・(^^;;)。

政界で森首相と言えば、「存在感がない」ことで有名で、「もり・きろう」ではなくて「しんきろう」と呼ばれています。
そして、日本海側のご出身、と来れば、ひょっとしてひょっとすると、とも思いますが、5巻刊行時にはこの渾名はポピュラーではなかったと思いますので、偶然の一致でしょう。
(もし、意識して書いたのだったらけっこうスゴイぞ。)

親記事No.891スレッドの返信投稿
board2 - No.903

創竜伝は凡庸な「ウルフガイ」

投稿者:優馬
2000年05月20日(土) 01時20分

優馬です。

>このパロディ(パスティシュ)、抜群に面白い!ゴーストライターが明日に>でも務まる(笑)。

ありがとうございます。根(業)の深いファンなもので(爆)。

で、真似して書きながら思ったんですが、「こりゃあ、三日やったら止められん」(笑)。
「人類以上」の高みから、人類の愚行と悪を非難するというのは、はなはだ気持ちの良いもんでございます。すっごく偉くなったような気がするし。

で、実は創竜伝って、「ウルフガイ」と同じ構造を持っているな、と前から思っていたんです。「人類以外」の視点から「人類悪」を暴くという「構造」は同じなんですよね。でも、かたや名作、かたや駄作。
「ウルフガイ」のうち「狼の怨歌」などの青年・犬神明が活躍する「ヤングウルフガイ」シリーズに顕著なのですが、「ウルフガイ」の凄さは、「世界から拒否されている」「世界の中でただ一人の異分子」という「狼人間」の孤独と孤高を情念込めて描き得たところにあります。これらの要素は緊張期分裂病の特質であり、思春期の少年の情緒に強くシンクロするものでした。(ウルフガイに「人生曲げられた」青少年は-私を含めて-結構多いはず。)平井和正はマンガ「エイトマン」の原作者でもありますが、「エイトマンへの鎮魂歌」として書かれた「サイボーグ・ブルース」では、「人間以外のものに変えられてしまった」主人公の、「世界への違和感」「世界から拒否される」感覚が痛切に描かれています。これらは、ハッキリ言ってエンタテイメントではなかったですね。毒がありすぎる。
のちに、緩解期に入ったとおぼしき平井和正による饒舌なディスカッション小説「真幻魔大戦」は、疑似宗教的読み物としてウルフガイとは全く違う広範な読者を獲得するという面白い現象も出ました。でも、初期ウルフガイの緊張感と情念は、ついに戻りませんでした。
で、創竜伝ですが、悲しいほどに「まとも」なんですね。竜堂四兄弟は、世界から拒否なんかされていない。実存的には、実に安定した存在であり、安心して読める読める。まあ、平井さんがとんでもなく狷介で付き合いにくい人であったのと比べると、田中さんはとても=「まとも」な常識人ですしね。
文学者は、ちょっとアブナイ方が良い仕事する、という話でした。

board2 - No.904

舌禍事件

投稿者:平松重之
2000年05月20日(土) 02時33分

 森首相の『神の国』発言が話題になってますが、田中氏が初めて原稿料を貰ったという『白い顔』という短編にも舌禍事件を起こした日本の外務大臣が登場しています。

「日本では外務大臣が舌禍事件を巻き起こした。彼は議会で野党の論客から大統領の脳移植手術に対する見解を求められて、うっかりこう答えたのだ。
『ブラッドフォード大統領は残念ながら肉体こそ黒人になってしまいましたが、 さいわい頭脳は白人のままです。したがって、むちゃくちゃな政策を取るような恐れはありませんでしょう』
 大臣は人種差別的発言のゆえを以て野党から集中攻撃を浴びた。(中略)今回は『友好国』の思惑を気にした与党からも見放されて、閣僚の椅子を棒に振ってしまった。」

 この作品は『SFアドベンチャー』一九八〇年一〇月号に掲載されたものですが、(何か元ネタの事件があったのでしょうか?)これを見ると確かに森首相の『神の国』発言を田中氏は好んで創竜伝や涼子シリーズのネタに使いそうですね。それにしても、この頃の落ち着いた文調の作品と比べ、最近の創竜伝や涼子シリーズの軽い事(それも軽妙ではなく、むしろ軽薄と言える)。悪い意味でマンガの影響を受け過ぎている様に思えます。ファンとしては田中氏にはいま少し筆致を抑えて執筆して欲しいと節に願いたいものです。

board2 - No.905

石原発言

投稿者:平松重之
2000年05月21日(日) 00時17分

 今朝の朝日新聞を見たら、台湾訪問中の石原都知事が、「江沢民が台湾を併合したらヒトラーだ」とか、「そのうち必ず中国は分裂国家になる。アジア東洋の平和のために、共産主義独裁政権が崩壊する事を熱願する」などと発言したという記事が社会面に小さく載っていました。なんとも相変わらず歯に衣を着せないというか、懲りない人というか、と思うと同時に、いかにも創竜伝に出てくる極端なタカ派のキャラクターが言いそうなセリフとも思いました。田中氏が喜んで(怒って?)ネタに使いそうだ(でも批判する対象をヒトラーに例えるのって、田中氏も創竜伝の中とかでよくやっているんですよねえ…)。

board2 - No.906

銀英伝考察2 ~ヤンが殉じたシビリアン・コントロールの実態~

投稿者:冒険風ライダー
2000年05月21日(日) 04時05分

 今回ふと思うところがありまして、再び銀英伝を論じてみる事に致しました。
 実は私は、今回の題名の大元となっている「ヤンの民主主義思想」については、政治に関して「結果第一主義」を取っているということもあってそれほど興味を持って考えてはいなかったのですが、前回の「銀英伝考察・ヤン・ウェンリーの思想的矛盾」で論じた「シビリアン・コントロールの矛盾」に触発されて少しシビリアン・コントロールについて調べてみたところ、「実はアレは氷山の一角にすぎないもので、その背後に銀英伝のテーマをすら揺るがしかねないもっと大きな問題があるのではないか」という疑問が出てきました。
 そこで今回は、シビリアン・コントロールが本来どのようなものであるのか、そしてシビリアン・コントロールに基づくヤンの行動とはいかなるものなのかを、6項目に分けて論じてみたいと思います。
 では始めましょうか。

1.「ヤンが定義するシビリアン・コントロール」の弊害

 銀英伝のテーマのひとつとなっている民主主義とシビリアン・コントロール。その民主主義とシビリアン・コントロール下における政府と軍人との関係を、ヤンは次のように定義しています。

銀英伝7巻 P194下段~P195上段
<「ユリアン、吾々は軍人だ。そして民主共和政体とは、しばしば銃口から生まれる。軍事力は民主政治を産み落としながら、その功績を誇ることは許されない。なぜなら民主主義とは力を持った者の自制にこそ真髄があるからだ。強者の自制を法律と機構によって制度化したのが民主主義なのだ。そして軍隊が自制しなければ、誰にも自制の必要などない」
 ヤンの黒い瞳が次第に熱を発した。ユリアンにだけは理解してほしかったのだ。
「自分たち自身を基本的には否定する政治体制のために戦う。その矛盾した構造を、民主主義の軍隊は受容しなくてはならない。軍隊が政府に要求してよいのは、せいぜい年金と有給休暇をよこせ、というくらいさ。つまり労働者としての権利。それ以上はけっして許されない」>

 これがヤンの民主主義国家におけるシビリアン・コントロールの定義ですが、確かに「軍人が政治に口を出さない」というのはシビリアン・コントロールの重要な一要素ではあります。しかし本当に軍隊は政府に対して「労働者としての権利」以外は何も要求する事はできないのでしょうか? というのも、実はこの定義では国防上、非常にまずい事態が発生しかねないのです。
 たとえば銀英伝1巻では、当時の同盟の最高評議会の選挙目的のために、採算性も計画性も全くない帝国領侵攻作戦が政府によって決定され、当時の同盟軍の最高責任者である統合作戦本部長シトレ元帥が反対していたにもかかわらず帝国領侵攻作戦は強行され、その挙句、同盟軍はアムリッツァにおいてラインハルト率いる帝国軍に完膚なきまでに叩き潰され、帝国と同盟の軍事力の勢力均衡(バランス・オブ・パワー)が完全に崩れ去ってしまったのです。
 また銀英伝3巻冒頭、2巻で発生した救国軍事会議クーデターで多くの人的資源を消耗した同盟政府は、イゼルローン駐留艦隊の熟練兵を引き抜いて新設部隊に配備し、代わりに新兵を補充しましたが、当時の同盟と帝国との国力・軍事力比較で帝国が圧倒的に優勢であった事、そのためにイゼルローン要塞で帝国からの侵攻を食い止められるか否かが同盟の国家存亡にかかわるほど重大なものであった事を考慮すると、これは純軍事的に見て実に愚劣な配備であったと言わなければなりません。
 しかもこれと関連して同盟政府は、救国軍事会議クーデターによって軍部の信望と発言力が低下したのにつけこみ、軍部に対して非常に政治色の強い人事を行いましたが、そんな事をすれば同盟軍の軍隊組織を健全に運営する事ができなくなり、政府の無茶な要求がまかり通ってしまいます。
 さらに銀英伝4巻で、ヤンはラインハルトの「神々の黄昏(ラグナロック)」作戦におけるラインハルトの戦略思想を全て見抜いていましたが、当時の同盟政府はビュコックを介したヤンの意見を無視、あくまでもイゼルローン防衛のみに固執してしまい、その結果、帝国軍によるフェザーン占領とフェザーン回廊からの同盟領の侵攻をもたらしました。これが同盟敗北の決定的な一因となったことは言うまでもありません。
 ヤンのシビリアン・コントロールの定義に従えば、軍隊や軍人は、上記の例のように軍部が政府からどれほどまでに政治的に痛めつけられても、何も言わずにただじっと耐えることこそがシビリアン・コントロールであるという事になりますが、こんな状況でまともに国防が行えると考える方がおかしいでしょう。ヤンのシビリアン・コントロールの定義は軍人の権力を抑制する事のみに重点を置き過ぎていて「政府の暴走」という点が一切考慮されていないのです。
 銀英伝ではこの「政府の暴走」を「民主主義の死に至る病」と定義していましたが、果たして本当にそうなのでしょうか? そしてそれを直す方法は本当にないのでしょうか? それについて考えてみることにしましょう。

2.シビリアン・コントロール下における政府と軍部の立場関係

 そもそもシビリアン・コントロールとは一体何なのかということについて、日本ではヤンの定義に代表されるような相当に歪んだ解釈が広まっています。
 シビリアン・コントロールは日本では「文民統制」と訳されていて、あたかも昔の君主と臣下の主従関係のごとく、政府が軍部の上位に君臨し、軍隊の何から何まで指揮・統制するのが当然であると考えられていますが、これは全くの大間違いで、本当は選挙民が選んだ政治家が軍人よりも優位に立ち、国家の暴力機関たる軍隊をコントロールする、という以上の意味を持ってはいないのです。つまり、政府は軍部の上位に君臨して管理・支配するのではなく、いかにして軍部を暴走しないようにコントロールするかということが重要なのであって、立場上、軍部は政府の政治決定には従がわなければならないが、国防における軍部と政府との地位は本来は対等かそれに限りなく近い関係であるというのが、シビリアン・コントロール下における政府と軍部の本当の関係なのです。
 銀英伝でも、同盟軍の制服軍人の最高峰であるところの統合作戦本部長の地位が次のように定義されています。

銀英伝1巻 P109下段~P110上段
<統合作戦本部長は制服軍人の最高峰であり、戦時においては同盟軍最高司令官代理の称号を与えられる。最高司令官は同盟の元首たる最高評議会議長である。その下で国防委員長が軍政を、統合作戦本部長が軍令を担当するのだ。
 残念ながら自由惑星同盟では、この両者の仲は必ずしも良くなかった。軍政の担当者と軍令の責任者は協力し合わなければならない。でなければスムーズに軍隊組織を動かすことはできない。>

 このように、国防において軍部と政府はそれぞれが役割分担をしていて、軍部が軍隊の運用や戦力の整備などを行う軍令を、政府が予算などを決定する軍事行政をそれぞれ専門に担当しており、普通両者の関係は車の両輪で地位は等しく、互いの専門部門には干渉しないというのが普通の国防運営というものなのです。
 同盟の例のように、普通シビリアン・コントロールを旨とする民主主義国家では、軍の最高指揮官は確かに大統領や首相、同盟では最高評議会議長などといった政治家のトップですが、彼らは当然の事ながら本職の軍人ではありません。そこで軍人の最高責任者(同盟の場合は統合作戦本部長)が彼らを補佐するという形で、実際の軍事作戦を立案したり、国家が行う様々な軍事行動を取り仕切るのです。そして政府は軍部が政治的に暴走することを防ぐためのチェック機能として軍部をコントロールする。これが本来のシビリアン・コントロールです。
 しかしここで問題となるのは、政府が担当する「軍事行政」が、軍部が管轄している「軍令」にあたる軍隊運営や戦力増強に対してかなりの影響力を行使できるところで、その結果、地位は両者ともに等しいにもかかわらず、運用上では政府が軍部の上位に立っているわけです。これが構造上、政府の暴走の引き金を引きかねない最大の要因となっているのです。
 たとえば、政府が軍事予算を削減したり人員の整理を行ったりすれば当然軍隊の運用にも影響してきますし、戦力増強に必要不可欠な新型兵器を軍部が導入したくても、政府がそれに関する予算を認めなければ何もできません。つまり政府は、軍部に対して「予算」という名の絶対的な権力を握っていることになります。
 また国によっては、政府が高級軍人の人事権を完全に掌握し、政治色の強い人事を行うことによって軍部を政府に盲従させ、健全な軍事運営を著しく阻害しているという事例もあります。これはベトナム戦争時のアメリカやキリスト教民主同盟が政権党だった頃のドイツ、そして何よりも戦後日本の自衛隊にその例が見られます。
 逆にいえば、政府が軍部の予算や人事権を掌握することによって軍隊の暴走を抑えているという一面もあるのですが、軍部に対してこれほどまでに絶大な権力を握っている政府は、もともとが構造的に暴走しやすいものになっているのです。ではそのような構造的な原因によって政府が暴走してしまった場合、それを「民主主義の死に至る病」などといって諦めてしまうしかないのでしょうか?
 そこで出てくるのが、政府に対するチェック機能を持つ議会の存在です。

3.行政権力に対する立法府の存在意義

 アメリカではベトナム戦争時のマクナマラ国防長官時代、軍人は専門職に徹し文民行政官の指導に服せば良いとされ、それに基づいて政府による軍部への様々な政治的干渉、具体的には軍事予算への干渉と高級軍人の人事権の濫用、アメリカ軍の軍事作戦に対する軍部への政治干渉などがさかんに行われました。これがベトナム戦争が何の戦争目的もなしにだらだらと長期化した戦争となり、最終的にアメリカが敗北する最大の原因となってしまったのです。
 この歴史的敗北が、アメリカ軍の軍事活動に対する政府の過剰な政治干渉にあることを知ったアメリカ議会は、ベトナム戦争の敗北後の1974年、大統領が独断で武力行使を行う権限を制限する「戦争権限法」を上院・下院の合同決議によって制定しました。これは2ヶ月以内に海外派兵した軍隊を撤兵できないと思われる場合の海外派兵には、必ずアメリカ議会の上院・下院の承認を必要と定めたもので、これは議会が政府の暴走に対して異議を唱えることを可能にした法律であるといえます。
 またカーター大統領の時代には、ニミッツ級の大型空母の建造を中止した政府に対して、アメリカ議会が海軍の要望を聴取して大型空母建造計画を復活させたりしています。
 これらに代表されるように、現代における民主主義の代表格とされるアメリカでは、国の最高機関たる立法府である議会が、行政権力たる政府を暴走しないようにコントロールできるシステムが確立されているのです。そして軍部は、その議会に対して軍事専門家としての意見を報告することが許されています。
 同じようなことはEU諸国でも見られ、政府が決定した軍事予算削減に対して軍部の意向を受けた議会が政府に働きかけ、逆に軍事予算を増額させたという例もあります。
 つまり民主主義国家におけるシビリアン・コントロールとは、立法府たる議会・行政権力たる政府・軍事専門家たる軍部の3つの相互牽制、いわゆる「3すくみ」によって成り立っているわけです。その「3すくみ」の内容は、

・ 立法府は行政権力の軍事政策と軍部の軍事的要求を検証し、行政権力の政策を是正する
・ 行政権力は軍部に対する軍事行政上の命令権を行使し、立法府のコントロールを受ける
・ 軍部は行政権力の政治決定に従い、立法府に対して軍事専門家としての意見を述べる

と、このようになります。この「3すくみ」によって軍部だけでなく、それに対して絶大な権力を行使できる行政権力に対してもチェック機能が働き、暴走しないようにコントロールすることが可能となるのです。これこそが民主主義国家における本当のシビリアン・コントロールのシステムなのです。
 この「3すくみ」のシビリアン・コントロールは何かひとつが欠けても機能しないわけで、その意味で行政権力に対するチェック機能をもつ立法府もまた、民主主義国家におけるシビリアン・コントロールに必要不可欠なものであると言えるのです。

4.シビリアン・コントロール下におけるヤンの軍人としての責任

 この観点から改めてヤンのシビリアン・コントロールの定義を見てみると、ヤンはシビリアン・コントロールの本当の意味を半分も理解していない事が分かります。ヤンが定義するシビリアン・コントロールには、軍部と行政権力が本来対等の関係でなければならず、絶大な権力を行使できる行政権力にもまたチェック機能が必要であり、軍人もまた国防に関して軍事部門の専門的見地に立った意見を主張しなければならないという考えが完全に欠如しているのです。このシビリアン・コントロールに対する理解の不足こそがヤンの苦悩の最大の元凶であるといってもよいでしょう。
 実は本来のシビリアン・コントロールの主旨からすれば、ヤンはこと政府が決定する国防関係の政策に関しては軍事専門家として口出ししなければならなかったのです。銀英伝前半における同盟政府の暴走行為は、同盟の国益の観点から言っても、民主主義の存在意義から言っても害のある行為であったのですから、そのような愚行を決定した政府に対して明確に反対の意向を主張し、暴走行為を撤回させる事こそが本当のシビリアン・コントロールの主旨にかなう事であったはずです。
 さらにアムリッツァや救国軍事会議クーデター以降のヤンは、軍部の信望と発言力が著しく低下したことによる政府の軍部への異常な政治介入を防ぐ事ができる唯一の人物でもあったのですし、その地位と名声を利用する事で政府と軍部に対して非常に大きな影響力と発言力を持つ事もできたはずなのです。特に救国軍事会議クーデター以後、同盟軍の最高幹部であるはずのビュコックやクブルスリーですら、政府の軍部への政治介入に全く無為無力だったのですから、ヤンのシビリアン・コントロール擁護の思想から言っても、政府のシビリアン・コントロールの逸脱を修正する事は理にかなう事であったはずです。
 しかしそのような状況においてさえ、ヤンはシビリアン・コントロール下における軍人の義務を怠り、政府の民主主義を冒涜するような暴走行為をひたすら黙認していたのです。こんな自分の軍人としての責任を放棄するような無責任なヤンにシビリアン・コントロールを論じる資格などありません。
 シビリアン・コントロールとは軍人が政府の政策にただひたすら盲従する事ではない。このことをヤンはもっとよく知っておくべきだったのです。

5.ヤンの政治不信が引き起こした同盟の崩壊とその後の戦い

 さらにヤンには、軍人がシビリアン・コントロールに服するのに絶対必要な条件が致命的なまでに欠如しています。それは政治家との相互信頼関係です。
 前述したようにシビリアン・コントロール下における民主主義国家では、軍政の責任者たる政府と軍令を司る軍部の地位は対等であり、軍部は立法府を介して軍事専門家としての意見を主張する事ができますが、その際に重要になるのが政治家との信頼関係です。当たり前の事ですが、もし政治家が軍人に対して何らかの不信感を持っていたら、軍人がどれほどまでに正論を主張したとしても、その意見が受け入れられる事はないのです。したがってシビリアン・コントロール下における軍人は、政治家と何らかの信頼関係を築く必要があるのです。
 しかし今更言うまでもありませんが、ヤンはこの事を感情的な理由で拒否しつづけてきました。それどころか、政治家と相互理解を深める努力を行った形跡すらありません。まあいくら何でも、あのトリューニヒトと信頼関係を結ぶ事はさすがに困難であったとしても(これができたら面白いと思うのですけど(^_^;))、せめて政治的・思想的な共通項が多いであろうジョアン・レベロやホワン・ルイあたりと信頼関係を築き、彼らを介して何らかの軍事的アドバイスを政府に対して行う事ぐらいは充分に可能であったのではないかと思うのですが、それすら行っておりません。
 実はこのことが後に銀英伝6巻でヤンと同盟政府が決定的に決裂した遠因のひとつとなっていて、レベロをはじめとする同盟政府が、ヤンに対して不信感を抱いていたからこそ、彼らは事後法を使ったヤン逮捕などという愚行に走ったのです。もしヤンが政治家と相互信頼関係を結んでいたならば、あのような事はまず起こらなかったでしょう。
 しかもあの銀英伝6巻における同盟政府の事後法を使った暴走行為自体、バーミリオン会戦後におけるヤンのシビリアン・コントロールの逸脱行為(政府の命令と同盟の国内法に背いてまで、独断でメルカッツ提督と自軍の一部戦力を隠蔽した事)が直接原因となって起こったものであり、さらにこのことが同盟の滅亡とエル・ファシルの独立を招いたというのですから、もう笑うしかありませんね。
 こんな惨状で銀英伝は「ヤンは民主主義擁護のために戦った」などと主張しているのですから、正直言って理解に苦しみますね。それどころか、ヤンこそがラインハルトをすら超えた「民主主義の破壊者」ではありませんか。あれほどまでにシビリアン・コントロールの重要性を説いているはずの自分自身がシビリアン・コントロールを無自覚に逸脱し、しかもそれによって民主主義国家たる同盟を滅亡させた責任の一端を担っておきながら、その事に対する反省もなしに、ヤンは一体何に殉じて戦っていたというのでしょうか?

6.自称「民主共和政体」の非民主的な実態

 ところで同盟をはじめとする銀英伝世界の民主主義国家を見てみると、非常に不思議な事が分かってきます。それは国家の中に議会の存在が全くないか、もしくは存在感が非常に希薄であるということです。
 「3.行政権力に対する立法府の存在意義」で説明したように、強大な権限をもつ行政権力を抑え、シビリアン・コントロールと民主主義を健全に機能させるには議会の存在が必要不可欠です。ところが銀英伝をいくら読んでみても、この議会がまともに動いた形跡どころか、議会についての描写すら全くないのです。これではシビリアン・コントロールどころか、民主主義それ自体が全く機能しません。行政権力をコントロールする議会がないのですから、政治は行政権力の思いのままとなり、ルドルフのような独裁体制が生まれやすくなってしまうのです。
 それでも同盟の場合、その行政権力の長であるところの最高評議会議長が選挙で選ばれるという形式を取っているからまだ良い方なのですが(ホントは良くないんだけど)、ヤンが同盟に代わる民主勢力として選んだ(正確には「選ばざるをえなかった」)エル・ファシル独立政府とヤンの死後に樹立されたイゼルローン共和政府、アレは一体何なのでしょうか? あの2つは民意を全く反映していない自称「民主共和政体」です。
 エル・ファシル独立政府は主席たるロムスキーが半ば独走的にでっち上げた政体であり、イゼルローン共和政府はヤン・ファミリーの完全独裁体制です。もちろん議会なども存在していませんし、国家政体の樹立についての民意を問う国民投票すら実施しておらず、ましてや主席を選挙で公選したという事実も全くありません。このような国家を「民主共和政体」などと呼ぶ事ができるのでしょうか? これが「民主共和政体」であるというのであれば、ルドルフが樹立した銀河帝国だって立派な「民主共和政体」でしょう。すくなくともアレは国民の審判を受けているだけ、エル・ファシル独立政府やイゼルローン共和政府などよりよほどまともな「民主共和政体」にすら見えるのですけど。
 ヤンがシビリアン・コントロール下における軍人としての責務を放棄して民主主義国家たる同盟を滅亡に追いやった挙句、ヤンとヤン・ファミリーのお歴々が「同盟に代わる民主主義の後継者」として擁護するために戦った政体は、何とゴールデンバウム王朝銀河帝国以上に非民主主義的な自称「民主共和政体」であったわけです。彼らが掲げてきた「民主主義擁護」というのは一体何だったと言うのでしょうか。

 こうして見てみると、ヤンは自分が擁護すべき民主主義とシビリアン・コントロールの概念を完全に理解しないまま「民主主義擁護」なるスローガンを掲げていたとしか思えませんね。ヤンの民主主義とシビリアン・コントロールに対する無理解は、銀英伝のストーリーとテーマを完全に破壊してしまう大矛盾であるといえます。
 ここまで民主主義とシビリアン・コントロールの概念というものを無理解と無自覚のもとに破壊し、しかもまともな政治・戦略・謀略構想すらもないままにラインハルトと戦ったヤン・ウェンリーという人物は、後世の歴史家からどのように評価される事になるのでしょうか。

board2 - No.907

アメリカのこと

投稿者:魚肉
2000年05月21日(日) 07時19分

みなさんはじめまして。楽しく拝見しております。
参考になるかどうかわかりませんがホームページの紹介をしたいと思います。
ttp://www.j-world.com/usr/sakura/japan/america.html

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加